オジサン達とサンドイッチSEXして、生活費を稼ぐ巨乳な貧乏女子大生【援助交際】

女子大生の時
1人暮らしをしていたんですが
生活費に困り援助交際をしてしまいました

とある場所で知り合い
仲良くなったオジサンに誘われて
居酒屋で飲んでいた時
今月は生活費に困っていると
おじさんに愚痴ると

「おじさんの友達も呼ぶから
相手してくれたら
もっとお小遣いを弾む」

と援交話に

それまでも、おじさんとは
援助半分友人半分て感じで、
お互いに私生活のことをよく話していましたし

おじさんもしがないサラリーマンなので
お小遣いも毎回1,2万ほど

「今月厳しいんだ」

とホテル代のみ払ってもらって
エッチだけの時もありました

おじさんの友達は2人
おじさん含め3人で
10万のお小遣いで交渉成立

当日ホテルで会うと
2人は援交自体が初めてのようで

「本当にこんな若い子と?」

と尻込みしてるみたい

本当に普通のオジサン三人組

私は決して美人ではないし、
むしろ援交なんて
するようには見えない
真面目ルックスなので尚更だったよう

でもぽっちゃりしていて巨乳な私

ちらちら私の胸を見ていた
お友達の1人に触らせてあげると
すぐに服を脱がされました

私はスタイルに自身がありませんし、
薄暗い方が好きなので

部屋の照明を暗くしていたんですが
逆におじさん達は暗がりの中で
私の体をよく見て来ようとしていて
互いに興奮しました

すぐにオマンコを舐められて、
乳首も激しく吸われて

ディープキスもされますが、
誰が誰かわからなくてもうグチャグチャ

挿入されるといつもの
おじさんではないことだけは分かり

いつもとは違う攻めに
思いきり喘いでしまいました

一方のお友達2人は
私のおまんこの締まりが
キツいのと、やけに声を上げるのを見て

「まさか処女か」

と焦ったみたいですが

おじさんが否定して
すぐに遠慮がなくなりました

まずは1人目に正常位で突かれ
正直降り注いでくる息が
臭かったですが快感が勝っていました

ゴム越しに1人目がイくと

「つ、次は俺だな」

とやけに焦った様子の2人目のオジサン

今度はバックから攻められました。

あとはもうめちゃくちゃな
乱交SEXになりました

バックのまま残り2人に
フェラをさせられ
代わる代わるヤられまくりました

どのおじさんかよくわからないまま

とにかくゴムは着けていることは
確認して乱れまくりました

パイずりや騎乗位は
初めててぎこちなかったと思いますが
おじさん達は喜んでくれました

ようやく終わり

おじさん達に先にシャワーを
譲りましたが

全裸でへばっている私に
興奮したお友達2人に襲われ
今度は3p乱交に

おじさんがシャワーから出ると、
私はお友達2人にサンドイッチ状態で
挿入&フェラの真っ最中

「ああん!おじさん助けてぇっ!!」

と揺さぶられながらも、
おじさんに助けを求めたことは
覚えています

思わぬ再戦に、当初10万だったはずの
お小遣いはちょっぴりオマケされ
私もホクホク

それからはお友達2人も
援助の相手として良い
お付き合いをさせてもらっています

時には1人と
たまには2人一緒にサンドイッチSEXしたり

またおじさん3人+女子私1人の
4p乱交したりと
援交生活を楽しんでいます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。