【昭和時代】小学低学年の時、銭湯に行って女湯に入った懐かしいエロバナ

小学低学年の時の
銭湯での思い出です

俺はお婆ちゃん子で
たまにお婆ちゃんと一緒に
銭湯にいっていた

小学校になるまえからの習慣で
いつものように女湯に入ったら
担任の先生が風呂場にいた

先生は30代半ばぐらいの
独身の女教師で
生徒からも人気のある先生だった

今じゃ問題だろうけど
先生もノリが良くて
自宅に近所の生徒を呼んで
おやつパーティとかしちゃうし

先生と生徒の距離感が
かなり緩かった昭和時代

それで、先生は
田中美奈子にちょっぴり似ていて
今だと美熟女と呼ばれていたかも

そんな綺麗な先生の裸体を
びっくりしながら見つめていると

「あ!○○○君!」

と寄って来た。

そして、おばあちゃんと
挨拶し軽く雑談。

そのあと

「○○○君、洗ってあげるしおいで!」

って 引っ張られて
体の洗い場へ。

いつもの先生が裸だ!

という緊張と興奮
タオルにたっぷりの泡で
優しく洗ってくれる気持ち良さ

先生が腕を動かす度に
ぷるんぷるんとおっぱいが小刻みに揺れる。

考える間もなく
一瞬で勃起してしまった

先生は

「あ、やっぱり?ww」

「でも裸同士なんだから
これはもうしょうがないねー
先生の裸見たって
誰にも内緒ね?わかった?」

俺の腕を伸ばして洗ってくれる時に
わざとか知らないが
俺の手が先生のおっぱいに何度か触れ
ツルっとして、やわらかい感触が伝わって来た。

もう片方の腕を洗う時も同様

何度かおっぱいに当たった。

もう痛いくらいギンギンに勃起

つっても当時低学年だから
勃起してもポークビッツレベルw

で、泡タオルを渡され
陰部は自分でやるように言われ
勃起してるちんぽを洗ってた。

「大人になったら皮剥いて
ちゃんと洗うねんで」

体を洗い終わるとタオルを渡され

「元に戻るまで隠しとき
他の人に見られんようにな」

後から考えると普通
先生がそこまでするか?

って思ってたが俺が母親がいないので
ちょっと優しくしてくれたのかな?

と納得している。

その後、同級生の親子と女湯で鉢合わせし
その同級生の胸も無く華奢な体の
スク水の日焼け跡とミスマッチな
黒々とした陰毛を見てショックを受け

なんか女湯に入るのが恥ずかしくなり
お婆ちゃんと銭湯いっても
入り口で別れて
女湯に入るのは卒業しました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。