小学生の鬼畜ゲイ集団が、ホームレスの臭いおっさんをレイプし犯しまくる

小学生の頃から、自分がゲイって気づいていて、
運命なのかしらないが幼馴染二人もゲイだったんだよ

それでゲイ友達とと浮浪者なホームレスのオッサンを
ケツマンコを掘りまくってた。

当時俺達は小学6年生で、マセガキなゲイだった

例えば夜、公園のベンチやらで寝ている
ホームレスオッサンがいたりする

するとゲイな幼なじみの中で切り込み隊長的な位置の増田
(コードネーム:ますらをぶり)
が俺の背中を軽くつつきこう言う…

「祭の始まりだ」

その言葉を合図に、俺達はそのベンチの背後に回る

さらに俺を除く二人は両側か
ら囲むようにベンチに腰をかける

さあ、ここからが話術に長ける園田(

コードネーム:悲しみのマンダム)
と容貌に勝る増田の腕の見せ所

大体ここで、オッサンの放つ甘い蜜のにほひに誘われた
妖精達が目的の蜜を吸えるか否かが9割り方決まる

当然慎重にもなる。

こんな夜更けの公園に突如として現れた少年2人に
ホームレスのオッサンも戸惑いを見せる

あのときはこう言った

「こら、こんな時間に、早く家に帰りなさい」

心の中で思う

さあ、マンダム

いつものように魅せてくれ

その日マンダムはこう言った。

「おじちゃんは帰らなくて良いの?」

オッサンの顔が明らかに曇った

マンダムは続ける

「おじちゃん何だか疲れてるみたい
かわいそう」

ホームレスオッサンの白内障がかった
目が涙に滲む…マンダムがとどめの一言

「僕達、おじちゃんを笑顔にできるよ!!」

そういうと両側の二人はオッサンに飛び掛かった

背後から巨チンで玉袋は小さめの俺も登場!

(コードネーム:巨ぢんまり)

ホームレスは戸惑いながらも受け入れ体制に
入りそっと瞳を閉じる…

長い間、風呂にすら入ってないであろう体からは
筆舌に尽くしがたい程の悪臭が

しかし、ますらをぶりが言うにはこれが浮浪者レイプの醍醐味

蟹で言う味噌らしい。

こんなとき、玉舐めを先にしようものなら狂ったように怒り出すますらをぶり。分かってるよ…そこはお前のテリトリーだってな…

俺は俺で歯の抜け落ちた部分が目立つ酒臭い唇を頂く

するとオッサンが声を漏らした…

「あをふ〜ん」

ふと下に目をやると案の定マンダムがケツマンコを舐め回してる

こいつの舌使いにだけは町長も太鼓判をおした。

そうこうするうちにオッサンの顔が紅潮しだした

フィニッシュの瞬間

その瞬間を見計らい俺達はオッサンから手を離し、
3人一列に並んでケツを突き出す

選択肢はホームレスにある。

この日はますらをぶりが気に入ったようだ

ますらをぶりの

「一緒がいいの〜☆一緒が」

の声と同時にオッサンも

「ちゅるんぴ!!!!」

と言い放ち絶頂。俺はというとマンダムとお互いのをしごいて寂しく
フィニッシュ

気付けば俺達は神保町のかまいたちと呼ばれるようになっていた…

そんな俺も35歳

地元の会社に就職。

会社の上司の手配でお見合いをした人と結婚し、
子宝にも恵まれた。妻に二人の子どもと4人で
贅沢はできないけど平々凡々と暮らしてる。

マンダムはというと高校を卒業してから上京して、
今は小さなバーをやってると風の便りで聞いた…

ますらをぶりは高校2年のとき、
盗難車を走らせているところを警察に見つかり、
カーチェイスの末、踏み切りに突入

悲惨な事故だったらしい

葬式は親族だけでひっそりと執り行われたそうだ。

時間こそ過ぎたがあの時の俺達の友情が薄れたなんて思いもしない。

唯一、地元に残ってる俺は
よくあの公園に子どもを連れ散歩をしにいく。

朝っぱらから酔っ払ったオッサンがいびきをかいて寝てる

すると

「祭の始まりだ」

そう聞こえた気がして慌てて振り返った

そこには誰の姿もなくただ、
綺麗な色をした木々が風に揺れてる。

ますらをぶりよ

今年もお前が好きだった紅葉が綺麗に色づいたよ。

心の中でそう呟き、子どもを連れ公園を出る。

すると太陽が雲から顔を出した

ますらをぶりが
返事をしてくれたような気がした

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。