【芸能人】Hカップの超爆乳な中学生に告白され、放課後にパイズリしてもらった【グラドル】

おれがまだ少年だった頃の昔話です

中学生になると
同級生にミユという
超巨乳の女子生徒がいた

本当におっぱいがデカくて
とにかく何を着ても超巨乳が
目立つまくり

学校の制服でも私服でも
体操着でもコート着てても
オッパイがデカいのが分かり
エロガキだった俺たちには刺激的過ぎる
超巨乳だった

そんな超爆乳jcのミユは
それほど性格が悪いわけでもないのに
友達が少なかった

近くに来ると
何となく引いてしまうというか
やっぱり胸の迫力だったのかなと思う

いじめを受けていたほどではないが

何となくクラスの中でも
虐げられている感じだ

ただ、クラスの一部の男子には
「超爆乳女」と言われてた。

僕も友達が多い方ではなく
スポーツ苦手で同じような友人と
アニメの話をするのが好きな草食系

まあ弱々しいといってもそこはやっぱり男

同級生の超巨乳に好奇の
目が行かないわけがない

スケベなアニメ雑誌が大好きで、
それに登場する巨乳の女の子を
ミユに投影させていた

ある雑誌で衝撃的なシーンが
頭からこびりついて離れなくなったんだけど

それは性器を巨乳で挟んでもらって
思いっきり射精してるパイズリシーン

パイスリって超気持ちよさそうだと
ミユの巨乳を思い描いて溜め息をついていた

ミユの事は、好きと言えば好き

割りと気になる存在

でも、ミユが好きなのか
超爆乳が気になるのか
自分でもよく分からない

もちろん自分からは
絶対告白出来ないし
するつもりもなかったある日の事

僕が生徒会の作業を終え、
帰ろうと思って支度をしていた

クラスには僕1人

帰ろうとしたところ戸が開いて、
いきなりミユが突き飛ばされて
教室に入ってきた

外からピシャッと戸を閉められ

「爆乳がおまえのこと好きなんだってよ」

という声が聞こえてきた

戸を開けようと思っても
外から押さえているらしく、
開ける事が出来ない

前の戸も後ろの戸もダメ

窓から出ようと思ってもここは3階

僕は諦めて席に座った

ミユも自分の席にチョコンと座っている

教室の対角線上に端と端

遠くて会話も出来ない

ミユがボソボソっと何か喋った

全く聞こえないので席を立って
ミユの方へ歩いて行った

あまり近寄ると警戒すると思ったので、
適度な距離が取れる席に座った

「何言ってたのか聞こえなかったんだけど」

「ゴメンね ゴメンね」

ミユは何度も謝っている。

「何で謝ってんの?」

「迷惑かけたから」

「別に迷惑なんて」

「だって直也君
悪くないのにこんな事されて」

「○○(ミユの苗字)だって悪くないだろ」

「ううん、私が悪いの
好きな人聞かれて
どうしてもしつこくて」

その時どこかの先生が通りかかったらしく、
戸を抑えていたヤツらは
どこかへ走っていった

「そろそろ帰ろうか」

「はい」

僕はミユと初めて一緒に歩いた。

気になってた超爆乳同級生が
自分の事を好きと知ってとても嬉しかった

しかし、その話題にはあえて
触れないようにした

校舎を出てグランドの分かれ
道まで色々な話をしたけど、
ミユは1回だけ笑ってくれた

それから数ヶ月して、
バレンタインデーの日

家に何か小さい荷物が届いた

ミユからのチョコだった

小さな手紙がついていて

学校で渡すと迷惑になると思って
甘いもの嫌いだったら捨てて下さい

と書いてあった。

ミユの携帯の番号も
メールアドレスも知らなかったので
返事を書いた

ヘタに正義ぶるのは性に合わない

僕は自分の気持ちを正直に書いた

「チョコありがとう
甘いもの大好きなのでいただきます
この前は少しの間だけだったけど
話ができて楽しかったです
○○の気持ちはとても嬉しいです
だから僕の気持ちを正直に書きます。
人は自分にないものに憧れます
僕は幸か不幸か男に生まれてしまいました
だから○○の大きな胸にとっても憧れてます
嫌な気持ちになったら
この手紙を破いて捨てて下さい。直也」

ちょっと直球すぎるかなと思ったけど、
元々話もしない関係だったし
周りに言いふらす子でもないし
思い切って投函した

そして一週間後、返事が来た。

携帯電話はまだ持っていないらしく、
パソコンのメールアドレスが
書かれていた

「私は自分の胸が
あまり好きではありません
けど、胸のことをよく書いてくれてありがとう
ちょっとだけ元気が出ました
よかったらメール下さい。○○」

と書かれてあった。

その日の夜からミユとメールをした。

進んでいる家でもISDNの時代

僕の家ではまだモデムで、
ピーピーガーガー繋いでやり取りしていた

メールを受信する
時間がもどかしかった

届いたメールには自分の胸が
嫌いな理由が赤裸々に書かれていた

みんなが好奇の目で見る事が一番の理由

特に薄着になる夏が嫌いで、
街を歩いているとほとんどの
男性の目は胸に集中するらしい

色んな勧誘を受けるが怖くて
相手にしていなかったんだとか

おっぱい大きいのも大変で
女性にとったら
超爆乳もコンプレックスになるんだー

と思って読んでいた。

学校では一切話をしていないが、
僕とミユはメル友の関係に

2~3日メールが続いた

一番の話題は胸の事。

僕がどれほど元気づけても
話がポジティブな方向に進まない

結局こんな胸は嫌だで終わってしまう

そろそろこっちも嫌になってきた頃

実は胸に関して一番の悩みがあるという
ちょっと聞いて欲しいと書いてあった

実は一番の悩みは、
乳輪が大きい事らしい

今思うと巨乳にありがちな話

これがあるので何に対しても
臆病になってしまうとの事

人の目が恐くて健康ランドにも行けず、
修学旅行はひたすら
タオルで隠していたようだ

「直也くんは大きい乳輪はキライ?」

と質問してきた。

学校で男子に、

「お前乳輪でかいんだろ」

と言われたらしい。

最初は意味が分からなかった

僕はまだ中学生

乳輪が大きいから小さいからといって
何があるのか分からなかった

正直よく分からないと書いて返信した。

次にミユから来たメールには
JPGファイルが添付されていた

何だろう?

と思って開いてみると、
物凄い大きい真っ白なおっぱいの写真

ミユが自分でデジカメで
撮って送ってきたらしい

その写真を見てやっと意味が分かった

確かに大きめの乳輪が写っていた

乳輪と皮膚の境い目が分からないほど
色素の薄いピンクの乳輪

そして乳首

彼女は

「これで嫌いになったでしょ」

と書いている。

今思うと外人(白人)の巨乳タイプ。

正直、綺麗だなぁという
感想しか出なかった

その通りの事を書いたらミユは喜んでくれて、
少しメールの内容も明るくなった

それから数日メールが続いたある日

また生徒会の仕事があり
クラスで最後の帰宅になってしまった

廊下に出ようとするとミユの姿があった。

「あ、あの・・・」

「ど、どうしたの?」

「変なメール送ってごめんね」

「いや僕、女の子がどんな事で
悩んでんのか全然知らないから」

「直也くんって優しいね」

「そんなことないって」

「毎日胸の話ばっかりで
ごめんね」

「いや、僕は○○の胸好きだし」

「ホント?」

「うん」

「ねえ、前に手紙で私のおっぱいに
憧れてるって言ってたよね」

「うん」

「あの」

「うん?」

「大きなおっぱいに触りたいって書いてたよね」

「ああ、改めて言われると
恥ずかしいな」

「私のこんな胸でも
触ってみたいと思うの?」

「うん、思うよ」

「ホント?」

「うん」

「ホントに触ってみたい?」

「うんうん」

「あの」

「ん?なに?」

「あの・・・あの」

「なに?どうしたの?」

「よかったら
ちょっとだけ 触ってみる?」

「え?ここで?」

「ううん、ここじゃ恥ずかしいから人の来ないところで」

「どこにしよう?」

「どこかの倉庫なら
人来ないと思うんだけど」

「じゃあ生徒会室来る?
僕で最後だったし」

「入ってもいいの?」

「入っていいよ。まだカギ持ってるから」

僕とミユは生徒会室に向かった。

「さあ、入って」

「お邪魔します。わっ、結構広いのねこの部屋」

「で・・・さっきの話だけど」

「うん」

「いいの?ホントに触っても」

「うん」

「どうしようか」

「とりあえずカーテン閉めてくれる?
恥ずかしいから。それとドアに鍵を」

「うん。これでいい?」

「うん。あの
服の上からでもいい?」

「そうかぁ・・・○○がそれしかダメって
言うならそれでもいいけど」

「けど?」

「できれば」

「できれば?」

「直に触ってみたい」

「じゃあ、私 ここで脱ぐの?」

「あの、嫌ならいいんだよ
ホントに」

「い、嫌じゃないんだけど
恥ずかしくて」

「そうだよね。恥ずかしいよね」

「でも 私、前に
写真送っちゃったしね
それで見られてるし」

「うんまあ
確かにその時に見ちゃったけど」

「うん、じゃあ脱ぐね
あの 恥ずかしいから後ろ向いててくれる?」

ミユは上に着ているものを
脱ぎ始めたようだ

静かな生徒会室で
衣擦れの音が聞こえてくる

自分のすぐ後ろで超爆乳少女が
制服を脱いでいると思うと
心臓はドキドキ、喉はカラカラ

「ね、ねぇ」

「え?なに?」

「あの ね・・・お願いがある」

「なに?」

「ブラを外すところだけは見たい!」

「えっ?そんなとこ見たいの?何で?」

「特に理由はないんだけど
何となく見たくって」

「うん・・・恥ずかしいけど
見たいならいいよ。こっち向いて」

振り向くと、ミユは胸の前で腕を交差していた。

かなりでっかいブラが見える。そして凄い谷間。

「な、何カップ?」

「・・・エッチ」

最初は僕の事をスケベと思って
エッチと言ったのだと思った
しかし違った。

Hカップだった。

「じゃあ ブラ 
外してくれる?」

「うん・・・そこで見てるの?」

「ダメ?」

「ダメじゃないけど。恥ずかしい」

「お願い。外すとこだけは見せて」

「うん じゃあ いいよ」

ミユは後ろに手を回しブラを外した

僕は唖然とした

写真とは違い、
初めて生で見る巨乳いや、超爆乳

目の前に揺れるHカップのおっぱい。
その迫力に言葉が出なかった

恥ずかしくなったらしく、
ミユは手を交差して胸を隠した。

ミユは照れ隠しからか何度か笑った。

「何か恥ずかしくて
鼻水出そう」

「え?鼻水?」

ミユは指先で何度か鼻の下を触った。

「すごく恥ずかしい」

「ねぇ、ちょっとだけ触っていい?」

そう言うとミユはゆっくりと両手をどけ、
僕は手のひらでミユのおっぱいを包んでみた。

ミユの体に力が入ったのが分かった。

「触られるのって初めて?」

「うん。妹は面白がってたまに
触ってくるけど、男の子の手は初めて」

手のひらから溢れるボリューム

物凄く柔らかい弾力。ズッシリした重さ

もう、溜め息しか出なかった。

「凄い肩がこるの」

そう言われ、ミユが猫背になる理由が分かった

こんな重いの持ってたら無理もないと思う

ピンクの可愛い乳首も触ってみたら、
ミユは肩をすぼめて下を向いた

ここで僕のスケベ心に火が点いた。

頭を回想するアニメ雑誌の
例の衝撃的なひとコマ

僕は迷った

どうしてもミユにお願いしたい事がある

でもこれをお願いすると絶対に嫌われる

ここまで仲良くなれたのに、
こんな事でミユを失うのは嫌だ。

目の前に超爆乳があるチャンスなんて
滅多にない

次に巨大おっぱいに出会えるのが
いつになるのかわからない!

どうしても願いを叶えたくなった。

僕は思い切って打ち明ける事にした。

「お、お願いが1つだけある」

「なぁに?」

「もし嫌だったら、
嫌だったらハッキリ嫌だって言ってもらっていいから」

「なに?改まって。何のお願い?」

「もし嫌でも僕のこと嫌いにならないで」

「分かったわよ。なあに?」

「は、挟んでください!!」

「え?」

「言ってる意味分かる?」

「分かんない。挟むって?」

「やっぱり分からない?」

「うん」

「あのね」

「なに?真っ赤になって」

「チ・・・チンポを」

「え?チ・・・?」

「おっぱいで挟んで欲しい」

「え?何それ?」

「見た事ない?分からない?」

「え?見た事ないけど
そんな事してどうするの?」

「いや、何やらね」

「うん」

「すごい気持ちいいらしい」

「え?私が?」

「いや、僕のチ・・・チンポが」

「そうなの?」

「うん。1回だけでいいから」

「よく分かんないけど、
そんな事で気持ちいいなら いいよ」

「ホント?」

「直也くんはどうするの?
脱ぐの?それともパンツごと挟むの?」

「僕はパンツ脱ぐ」

「え?恥ずかしくないの?」

「うん。挟んでくれるなら
恥ずかしくない
ちょっと恥ずかしいけど」

「じゃあ、そのチっ
いや、それ 出してくれる?」

「う、うん」

僕は下に穿いているものを脱いだ。

ブリーフには勃起した
チンポが浮き彫りになっている。

ミユは目を背けた

「ぬ、脱ぐよ」

「は、はい、どうぞ・・・」

僕がブリーフを下ろすと、
勃起したチンポがブルンと勢いよく飛び出た

「こっち向いていいよ」

「いいの?」

ミユが僕の方を向いた。

「キャッ!」

ミユの目が丸くなった。

「すごぉい 
こんなに大きくなるの?」

「うん、凄く興奮してるから」

「ところで挟むって?」

「両手を胸を持ってちょっと開いてくれる?」

ミユは僕の言った通り、
超爆乳を両手で持って左右に広げた

「そのままでちょっと
立ち膝になってくれる?」

「こう?」

「ここのところにね」

僕は立上ってミユに近寄った。

「僕のをこう挟むの
両手でおっぱいを中央に寄せてくれる?」

「こうでいいの?」

挟まれたその時の感触

温かい そして柔らかい
何とも言えず気持ちいい

チンポが柔らかいものに
包まれている事に幸せのようなものを感じる

そうか
こんな感じなんだ

ああ~気持ちいい

僕が天を見上げて恍惚の表情になっていると、
下からミユの声がした

「こんなのが気持ちいいの?」

「あ、そのままおっぱい寄せててね」

「うん」

僕は試しに上下運動を開始してみた。

はぁ・・・すんごい気持ちいい

オナニーなんか比べ物になんない

僕はどんどん息が荒くなっていった

ミユは僕に言われるがままに
おっぱいを必死に中央に寄せている

「直也くん大丈夫?」

「うん、凄く気持ちいいよ」

「○○、あの・・・」

「ん?」

「出してもいい?」

「え?何を?」

「あの 精子?」

「え?精子?」

「う・・・うん、もうちょっとで出そう」

「え?出すの?出すとどうなっちゃうの?」

「どうもしないよ
おっぱいの谷間がちょっと汚れるだけ」

「それって拭けばいいの?」

「うん」

「じゃあ、いいよ」

Hカップのパイズリはあっと言う間に終焉を迎える。

「ああっ、で、出るっ」

僕はミユの胸の谷間に思いっきり射精した。

うわぁ気持ちいい
最高の射精体験!

あのひとコマの男の表情の意味が分かった。

「キャッ!いっぱい出た」

「はあっはあっはあっ」

「気持ちよくなっちゃったんだ」

「うん、ゴメン こんな事して」

「いいよ。直也くんが喜んでくれるなら」

「あ・・・ありがとう」

「ど、どういたしまして」

僕は近くにあったティッシュで
ミユの胸の谷間を丁寧に拭いた

「ちょっと変な匂いするけど
ごめんな」

「ううん、いいよ。実は
私も ちょっとドキドキしちゃった」

「○○の胸・・・凄く気持ちよかったよ」

「そうなの?私よく分かんないけど」

「あ、ありがとう
ぼちぼち帰ろうか」

「うん」

「今日の事
2人だけの秘密にしてくれる?」

「うん」

この時、クラスのヤツらに分からない
秘密を持つ楽しさを知ってしまった

中学生生活がこの日を境に
10倍楽しくなった

ミユは奥手で、
その後エッチに発展する事はなかった

早く次に進みたくて
何度かメールで誘うような事を
書いてみたもののまだ中学生だし

の繰り返し

結局あのパイズリだけでキスも出来なかった

ミユは中学を卒業後、
色んなメディアに登場する

勧誘は嫌っていたが、
あるプロダクションにスカウトされ
グラビアアイドルになり芸能人になった

見栄えをよくするために
顔もちょっと弄って整形したみたい

凄く綺麗になった

もう僕の事忘れてしまったかな

でも彼女の超爆乳でパイズリして
射精できた最初の男として
覚えていてくれたら嬉しいな

彼女のおっぱいは本当に最高でした

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。