【ロリ盗撮】脱衣所に隠しカメラを設置して、JCな義妹の裸を撮影する

嫁には10歳以上も離れた妹がいて
たまに義理の妹が
家に遊びにきてくる

義妹が小学生の頃だったら
俺は役得だと
着替えや裸を見てたりしたんだが

ここ数年は見ていなくて、
何気なく義妹が風呂場に入っている時に
脱衣所に入ったら

たまたま義妹が服を脱いでいて
パンティーとブラの格好

そしたら妹が少し怒った口調で

「入ってこないで」

って怒ってくる

以前なら全然気にしなかったのに
俺は慌てて脱衣所から出ていった

俺はそこで気づいた

もう妹が14歳の中学生だと

前まではブラジャーなんて
付けていなかったのに

なんて思っていたら
少し気になったってきて
JCの義妹の下着姿を思い出して
軽くチンコが勃起してしまった

俺はその晩、義妹の下着姿を
オナネタに自慰をしてしまった

後から思うと
Cカップぐらいだったかな

そうなってくると
性欲が止まらなくなってくるもんで

次の夜、妹が寝たのを見計らって
義妹の寝ている部屋に入った

部屋は豆球で薄暗かった

義妹はまだ1日しか寝ていないはずの部屋には
女子特有の甘い匂いが充満している

俺は、義妹が完全に熟睡しているの
確認してベットに忍び寄る

義妹はパジャマ1枚で寝ていて、
その上から薄い毛布を被っているだけの
無防備なシチュエーションだ

俺は床にカメラを静かに置き、
義妹の毛布をそっと剥ぐ

そうすると薄いパジャマを着た
義妹の可愛い体が見えてきた

そのパジャマの第1ボタンを、
ゆっくり起きないように外し
様子を見たが起きる気配がない

そして俺は実行した

2番目のボタンを外すと
少し胸元が見えてきた

俺は休む事なく3番目のボタンも
外したら胸の谷間が見えてきた

谷間といっても
所詮はJCだ

そんなにあるわけじゃない

次に4番目のボタンを外し
胸の原型が見えてくる

その後は続けて
残りのボタンを外した

今パジャマを捲れば
おっぱいが露になる

そこで俺はさっき床に
置いたカメラを持ち上げ、
電源を入れて準備良し

パジャマの両端を摘んで
ゆっくり開いた

そこには綺麗な形をした
jcのロリおっぱいが
元気よく盛り上がっていた

俺はナイトモードで
そのおっぱいを盗撮した

数十枚撮った後に

今度は触ってみたくなったきたので、
俺はそっと指でおっぱいを押して
夜這いをしてしまう

張りがあって押し返される
10代少女の溌剌したおっぱい

未だ義妹は起きる様子ないので
今度は乳首をそっと撫でると

さっきまでよりも
少し立ったような気がしたので
今度は乳首を優しく摘んでみた。

そしたら見る見るうちに
乳首はビン立ちまで立った

その様子を俺はカメラで撮影

色んな角度から、
気付くと50枚近く義妹の発育途中の
おっぱいを盗撮しまくっている

まんこの方も見たいが
さすがに起きてしまうので
この辺で撤退

俺はその後、
その撮った写真でオナニーした

いつもより興奮して
布団にもザーメンが飛び散ってしまうw

そして俺はその朝

脱衣所に盗撮カメラを
仕掛ける事に決めた

夕方になり

俺が率先して風呂場を洗いに行き、
俺は盗撮するための
隠しカメラを仕掛けた

角度は、風呂場と脱衣所の
入り口の所が映るように仕掛け

俺は義妹に

「最初に入れ」

と言って盗撮の準備良し

それから義妹が上がり、
俺が風呂に入る時に盗撮カメラを回収
バレていないようだ

深夜にその撮った映像を観た

最初は妹が服を脱ぎ始めて
、数秒で全裸になっている自作のロリ動画

やはり女は生えるのが早いのか、
もうちゃんとマン毛が生えている

義妹が風呂場に入っている時は早送りして、
風呂場から脱衣所に
上がってきたところで再生

まず濡れた体をバスタオルで拭き、
服を着るのかと思うと

急に自分のおっぱいを揉み始めた

声を殺しながら喘いでいた…

「ぁぁぅぅ~」

しばらくおっぱいを揉むと、
今度は乳首を摘まみ始め
爪先で刺激を与えているのか
乳首をグリグリしている。

乳首はもうビンビンで
昨日の夜より勃起しまくり

今度は右手をおっぱいから
離してまんこの方にもっていくと、
指を入れてクリスを刺激している。

痛気持ちいいのか
たまに表情が動く

最後は自分のバスタオル床に敷き、
床を汚さないようにして潮抜きをした

その後はマンコを洗い流しに行ったのか、
また風呂場に戻っていった

おそらく脱衣所で

もしかしたら誰かが
入ってくるかもしれないという
スリルを味わいながらオナニーしたのだろう

俺はそれを見て
最初のマンコに手を入れたところで
我慢できず、射精し
ザーメンをぶっ放してしまった

次のチャンスがあれば

義妹が脱衣所でオナニーしている
最中に飛び込んでやろうと思う

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。