綾波レイに似た喪女と、M男な上司の笑えて切ない異常過ぎる変態恋愛

私は喪女でして
前職辞めて、再就職をするまでの間

お金が無くなってしまったので
短期バイトで食いつなぐ事にしました

かなりの金欠だったため
選んでる余裕なかったから
大量募集で面接不要の仕事に応募しました

配送業、期間は2か月弱、即採用

出勤初日、社員と
一緒に担当箇所を車でまわる

翌日から一人立ち

初日の夜
責任者から電話が来た

集合場所の変更かと思いながら

「もしもし」

と電話に出ると

「1さん(私)ですか?」

「はい。お疲れ様です」

「あの」

「?」

「あの」

「はい?」

「明日、来てくれるよね」

いいともかよwwww

次の日曜までがっちり
シフト入ってたから謎だった

翌日、ひとりで指定された
場所をまわるものだと思っていたが

責任者に

「1さんは別の仕事してもらうね」

と突然言われ

「は?」

と驚くと

「僕の仕事手伝ってもらおうと思って」

責任者の仕事は、
指示と確認、報告待ちが主

人手が足りない場所
トラブルが起きた場所にたまに行くという具合

「具体的に何をすればいいんですか?」

と聞くと

「となりにいてくれればいいよ」

「は?」

「昨日、初めて見た時に電流が走った
生きてればいいことってあるもんだなって」

「え?ちょwww」

「綾波レイみたいだなって思った
本当に。君みたいな人に初めて会った」

頬染めてたwwww

この人はまずい!
やばい!と思った

責任者のスペックを紹介すると
30代後半、松井稼頭央に似てて
容姿は悪くない、体育会系、周りには頼られてた

私は23歳、顔面は平均より下
ガリガリ

長髪だし美女じゃないし、
綾波レイには全く似ていないw

狭い事務所で責任者のとなりに座り、
やってもやらなくても
良さそうな軽作業をする私

責任者がちら見してくるのが
テラ怖いwwww

辞めようかと思ったけど、
今から別の仕事探すの厳しいし短期だからまあいいか

近所のファミレスにて

「失礼ですが、ご結婚は」

と聞くと

「バツ1で、今はひとり」

「ほう」

「ひとつ、お願いがあるんだけど」

「なんでしょう」

「1さんを想像して、自慰行為してもいい?」

爪いじりまくってるww

目が泳いでるwww

私の中でひとつの答えが出た

こいつドM男だ

「自慰行為で何を想像するかは、自由でしょう」

とクールな感じで言ってあげると

「じゃあ、今夜さっそくするから」

テラ上目使いwww

私も蝶にのって

「するから?」

って強めに聞き直すと

「しても、いいですか?」

こいつ、できるwwww

こんなこと女に言ったら
かなりの確立で訴えられると思うwww

少なくとも辞めるだろ
こんな変態責任者の上司がいたらww

でも喪女だしww

仕事は2カ月限定だし

いざとなったらこっちのが立場強いし

おもしろいかもしれないし

やったろうと思った

この日を境に、私の仕事は
こいつを調教することに変わった

時給1000円、仕事は超ラク

2chに「くそワロタ」と書きこむ毎日

2人きりの事務所

私は2ch見ながら、
たまに来る電話で終了報告受けるだけ

責任者は松井稼頭央似だから
以下稼頭央で

ある時

「綾波レイに、似てないけど」

と私が言うと
稼頭央が

「雰囲気が」

「そう」

書類書きながらモジモジしてる稼頭央

「我慢できないの?」

と聞くと

「はあはあ」

「だらしないね」

「はあはあ」

「苦しい?」

「はい」

「トイレでしてきなよ
そのかわりちゃんと報告するんだよ、
どんなふうにしたのか」

「はあはあ」

稼頭央は前かがみで
ダッシュして行った

5分後

「っあ」

「早いね」

「おとといからずっと我慢していたので」

「どれぐらい出たの?」

「濃いのが、ずっと、止まらなくて」

「それで?」

「それで・・・」

「どんなふうに手を使ったの?」

「こうやって、強く握って、
ここにいる1さんとの距離考えながら、
全部知られてるんだって思いながら」

「いやらしい」

「ああっ」

「変態」

「・・・」

「手は洗ってきたの?」

「・・・」

「正直に言わないと怒るよ」

「洗ってません」

「じゃあ、自分で舐めて綺麗にしたら?」

「ふぁい」

本当にやりやがったこいつww

「仕事に戻る前にきちんと洗ってこないと駄目だよ
みんな真剣に働いてるんだから」

「わかりました」

仕事終えた人たちが
続々と帰ってきて
私もみんなが帰る時間に合わせて帰った

みんなの前では普通に、
ひとりのバイトとして振舞って

稼頭央も

「はい、お疲れー」

とか普通に言ってくる

変態のくせにまともなふりしてやがるw

テラ可愛いwww

それからも稼頭央は
物欲しそうな目で私を見てくる

翌日は仕事の話以外無視して、
早めに帰ってきた20代後半の
フツメンと少し親しそうに話してた

夜メールで

「お許しをください」

ってきたけどシカトした

さらに翌日、みんなの前では
普通に振舞ってる稼頭央を見るのが面白かった

稼頭央はどうしたら
いいのかわからないって感じできょどってた

このシカトを計3日続け、休日に入った

休日中は稼頭央からの連絡はなかった

月曜日

昼飯前、いきなり稼頭央に

「我慢できたの?」

って言った

稼頭央は顔を
ぐしゃぐしゃにしながら首を振った

なんだこのおっさん超萌えるww

しかし私は冷たい目で

「そう」

とだけ言って目を逸らした

「許して下さい
1さんのことだけ考えてました」

「ならどうしてきちんと報告しないの?」

「・・」

「駄目でしょ」

「・・」

「今誰もいないから机の下で触って
出したら駄目だよ」

稼頭央の目が輝いてたwww

「服の上からだよ。私を見ながら触って」

私は稼頭央の視線を感じながら、
2ch見たり電話対応してた

「うう」

「なに?」

「もう出ます、すっごく熱いのがたくさん
1さん見てたらすぐ出ちゃいます」

「我慢しなさいよ」

「許して下さい」

「出したら終わりね
明日から普通に外回りさせて」

「いやです」

「顔」

「え?」

「今どんな顔してるのか見せて」

稼頭央、頭をふるふる

「見せてよ」

「いやです」

「そんなんじゃ
私はちっとも感じないよ」

顔を上げた稼頭央は

口半開きで目がとろんとしてて
眉ひそめててなんか
かわいそうになるぐらいだった

そのとき私に衝撃が走った

「もっとよく見せて
絶対に視線逸らさないで
そのままさわっていて」

稼頭央かわいいよ稼頭央

「出ちゃう出ちゃう」

「この前出したあと、何回したの?」

「えと・・・えっと」

「正直に言ってみて」

「5回」

多すぎワロタwww

「1さんがフツメンくんと
話してるところを想像しながら」

「フツメンくんと私が
話してるところ、見てたの?」

「はい」

「どう思った?」

「フツメンくんが1さんと
セクロスしてるところを想像したり」

「へえ」

「フツメンくんのあれは
太くて気持ちいいのよ
って1さんが言ってるところ想像したり」

「あとは」

「フツメンくんと1さんが
セクロスしてるうしろで
自分が縛られてるところとか」

「それは願望?」

「いいえ。フツメンくんと
話しているところを見るだけで
胸が張り裂けそうになります」

おいおまえww

フツメンに

「頑張ってるね!経験者?」

とか気軽に聞いてたじゃねえかww

「じゃあどうしてそんなこと想像してたの?」

「そういうことを
考えていたらすごく勃起して」

「変態」

「ごめんなさい」

「自分で言ってみなよ」

「僕は変態です」

「違う、どういうふうに変態なのか
ちゃんと言ってごらん」

「僕は、1さんのことばかり
考えながら自慰ばかりしていて
フツメンくんと1さんが
セクロスしてるところを想像して
興奮してそれで(ry」

「今日、駅まで送ってくれる?
無理だったらいいの」

「送ります」

「逝くときの顔、近くで見せて」

「ふぁい」

みんなが帰ったあと事務所の
駐車場に停めてある車の中で
稼頭央にオナニーさせた

稼頭央は羞恥心なんか
どっか行ったみたいに
はあはあ言いながらだらしない顔でしこってる

私はずっと無表情で
稼頭央のティン子見てた

「ほんと、だらしない」

「はあはあ」

「涎まで垂らして、どうしようもないね」

「はあはあ」

「見られるのがそんなに嬉しいの?」

稼頭央、何度も頷く

「ちょっと、腰を突き出して」

稼頭央、ずるっと椅子の上ですべる

私は稼頭央のティン子に
ふっと息を吹きかけた

「はうっ」

「感じる?」

「うぅっ」

「感じるかどうか、聞いているの」

「あへあへ」

会話にならない

「手をとめて。きちんと答えて」

「もう一回」

「は?」

「もう一回お願いします」

「質問に答えてはくれないんだ」

「はぁはぁ」

おったったままのティン子に、
再度息を吹きかける

「はうぁ」

「敏感なの?
それとも答えたくないの?どっち?」

「もっとしてくらさい」

「わがままだね
ちゃんと言えないのかな?」

「僕のティン子に1さんの温い息がかかって、
1さんの体から出た蒸気と僕のティン子が絡みあって、
敏感な先っぽがびくんびくんして僕は気を(ry」

「じゃあ、手を使わなくても逝けるかな」

「あああ」

ふーっ、ふーっ、っと10回ぐらいやったとこで

どろっとしたのがたらーって出てきた

本当に変態なんだと思った

で、翌日

今度は稼頭央のほうから帰り駅まで送りたいって言いだした

もちろん断ってフツメンくんと歩いて帰った

ちなみにフツメンくんとはなにもない、ほんとに駅まで歩いて帰ったぐらいだ

そしてまた数日放置

休みの日の前日、絶対誰もこない時間帯に

「今、仕事大丈夫?」

と聞くと

「うん」

と子犬みたいに従順に頷く上司ww

「じゃあ、舌出してみて」

「え」

「はやく」

ちなみに稼頭央の机とは向かいだから、
すぐ触れられる距離じゃない

言われるがまま舌を出す稼頭央

「もっと出して」

「ふぁい」

「私のあそこ、舐めてるとこ
想像して舌を動かしてみて」

馬鹿みたいに舌をくねくねさせる稼頭央

「それじゃ感じないよ」

ひたすら小刻みに舌を動かす稼頭央

「そうすればいいって
もんじゃないでしょ
もっとゆっくり、丁寧に」

しばらく稼頭央を見つめる

稼頭央はアヘ顔で、宙を舐め続けてる

「まさか、勃起したりしてないよね?」

突然、びくんとなる稼頭央

「立ってみて」

明らかにもっこりしてる稼頭央

「すぐ勃起するんだね変態は」

私は自分のパンツに指を入れて、
ちょこっと濡れた指先を稼頭央に向けて差しだした

稼頭央はなんのためらいもなく指にしゃぶりついた

「おいしいですおいしいですおいしいですおい(ry」

「変態」

「変態です」

電話が鳴ったから
稼頭央の指しゃぶりは終了

その後も稼頭央は悶々としていたが無視

帰りも稼頭央の誘いを待つことなくフツメンと普通に帰宅

その夜、ものすごい量のメールが送られてきた

内容は全て「自慰を許可して欲しい」それを少しずつ変えたもの

この時点で働き始めて3週間ちょい

残り約1か月

連絡先はもちろんだが住所バレもしてる

稼頭央が家まで押し掛けてこないかどうかが心配だった

4週間目の最初のころ

私が飲んだお茶のペットボトルを
稼頭央が回収してることに気付いた

ふぅーで感じてる時点で
ペトニーとかするんじゃないかって
思ってたから

机の下にあるゴミ箱に捨てて

帰りに見てみると他のゴミは
あるのにペットボトルだけがない

犯人はあいつとしか思えない

「今日はしてもいいよ」

「本当に?」

「うん、でも私のペットボトルは使わないでね」

「えっ」

「ペットボトルの口に、
ティン子こすったりしてるでしょ
まさか入れてないよね?入るの?」

稼頭央は完全に沈黙してた

「どうして勝手にそういうことするの?」

「・・・」

「もう、私の指示や視線は必要ないってことでしょ」

「違う」

「だってそうじゃない
なんでも正直に言ってって言ったのに」

「ごめんなさい」

「謝ったら許してもらえるの?」

「・・・」

「どうすればいいと思う?」

「・・・」

「わからないなら、終わりだね」

「ごめんなさい」

「怒ってないからね」

「えっ」

「怒ってないよ、ただ
あなたから終わりにしたってだけでしょ」

「許して下さい」

「私が許可しなかった間、どうしていたの?」

「1さんのペットボトルの
1さんが握ってるあたりを手でなぞって、
その手でティン子をしごいてました」

そっちかよwwww

「口とか使ってないの?」

「舐めたくてしかたなかったけど
1さんに怒られると思って」

「せめて聞いてみたら?」

「だって返事くれないから」

「自慰がしたいとか
ティン子がおさまらないとか
そんな内容ばっかりだったじゃないの」

「だって」

「そのとき、本当にしたいことを
ちゃんと言わないとわからないでしょ」

「ごめんなさい」

「だから私は怒ってないし、謝らなくてもいいの」

「嫌です」

「嫌だとかごめんなさい以外に、
何も言えないの?」

ちなみにこの会話の間、私は軽く微笑みながら喋ってる

「今日、駅まで一緒に帰って下さい」

「フツメンくんと帰るよ」

「お願いします」

「フツメンくんのティン子、どんなかな」

「お願いします」

「あなたが舐めた味
フツメンくんも舐めてくれるかな」

「嫌、嫌、イヤァ~」

ちなみにフツメンくんに
は女として見られてないよwww

あくまでも稼頭央との駆け引きね

「ちょっと立って」

「やめてください」

「どうして?」

笑いながら言ったら、
稼頭央はしぶしぶ立った

「なんで勃起してるの」

「舐めたときのこと思い出して」

「本当は、フツメンくんと
Hしてるところ見たいんじゃないの」

「1さんが離れて行ったら嫌です」

「でもまだ勃起してるよ?」

「・・」

このへんで
稼頭央がかわいそうになった

「あなたと帰ったら、なにをしてくれる?」

「なにをしたらいいですか?」

「それを聞く?」

稼頭央はしばらく黙ってた

「まあいいよ、じゃあ帰ろう」

帰り、駐車場で

稼頭央は少し泣きそうで、本当に困った顔してた

「そこに座ったまま、じっとしてて」

私は稼頭央の後部座席に座って、しばらく黙ってた

「ねえ、ペットボトルでしごいてたとき、逝った?」

「いいえ、それは許されていないと思って」

「じゃあ逝きそうになったら止めてたの?」

「はい」

「そう」

私は後ろの席から、稼頭央の背もたれに寄りかかるようにして話した

「触っちゃだめだよ」

「はい」

「目を閉じて」

「はい」

「私は今どこにいる?」

「僕のすぐうしろです」

「そう。首に息がかかっちゃうね」

「はい」

「私の声、ちゃんと聞こえてる?」

「はい聞こえてます」

「私を感じる?」

「はい、僕のすぐ近くで、僕に話しかけてくれています」

「それだけ?」

「呼吸とか、息のあたたかさとか」

「うん」

「あとにおいとか、ぜんぶ」

私は稼頭央の口に、自分の指をすべらせた

「欲しかったんでしょ」

稼頭央は必死に指吸ってる

「欲しいときは、欲しいものを、ちゃんと欲しいって言いなさい」

「はい」

「この指で、触って欲しかったんでしょ」

稼頭央は指舐めに夢中

「1さん」

「ん?」

「欲しいです」

「目を閉じたまま
指を舐めながらティン子さわってごらん」

稼頭央は指舐めたり吸ったりしながら、
ティン子しごいてた

「この指で、しごいてると思って」

稼頭央、一気にスピードアップ

「喋らなくていいから、
私の言葉だけ聞いていてね」

稼頭央、うなずく

「ほら、こんなにいやらしく
さわってるんだよ。気持ちいいね」

私はもう片方の手で、稼頭央の首すじに触れた

「気持ちいいね、もうべとべとだね」

「いってもいいれすか?」

「もうおしまいでい」

言い終える前に、稼頭央は出した

パンツとかズボンとかに、べったりくっつくぐらい

稼頭央は数秒余韻にひたったあと、
超謝ってきた

「許可もらう前にごめんなさい」

「いいよ、次から気をつけて」

謝ってばかりの稼頭央が
かわいそうだったから
助手席にまわって精子を拭いてあげた

稼頭央はずっと私の顔を見てた

契約期限は残り2週間を切っていた

継続できる人を募集してたけど

私はもともと
仕事決まってたからもちろん断った

このとき少しだけ、
稼頭央が好きになってたかもしれない

でも稼頭央は、
私の本当の部分を見てないなって思ってた

それから、オナニーの許可を私は緩めた

稼頭央は満足そうで、
こんなに出たとか、
こんなに1さんのこと考えてたとか言ってくれた

でもそれは、
Sの私だけを見てるんだなって思った

私も最初からそれを
楽しんでいたんだから仕方ない

残り1週間

私は「オナニーの許可」をやめた

何を想像してもいい、
好きなときに好きなようにしていい、と言った

「でも」

「いいじゃん、好きな時にできるんだから、ね」

「僕が嫌いになりましたか?
面倒だからですか?」

「違うよ」

「じゃあどうして」

「我慢ばかりじゃかわいそうだから
好きにしていいよ」

「でも僕は1さんが好きなんです」

「うん」

「だからこれからも僕のことを叱ったり
命令出したりしてください」

「もういいの」

最後の日

私から一緒に帰ろうと誘った

私は助手席、稼頭央は運転席

「目を閉じて」

と私が言うと

稼頭央は口を開けて目を閉じた

「口も閉じて」

「はい」

「好きなようにしていいからね」

「はい」

私は稼頭央の頬を両手で掴んで、
お互いの息がかかるところまで顔を近づけた

しばらくそうしているうちに、稼頭央は勃起した

「1さん好きです」

「ありがとう」

私は稼頭央にキスした。

すごく優しくね

軽いやつ、何回も

稼頭央はティン子しごきだした

私は悲しくなって、涙を堪えながら唇離した

「逝っていいですか?いいですか?」

稼頭央は目を閉じたまま、
繰り返してた

私はほんとつらくて、
目頭おさえながら「いいよ」って言った

稼頭央は逝った

家に帰ってから、
メアドと番号拒否った

その後給料は問題なく振り込まれた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。