お父さんのオナニーを見てしまった小学生の娘【近親相姦告白】

お母さんが病気で亡くなったのは
私が小3の時で
それから父子家庭になりました

近所の同級生で
親友の麻衣も私と同じように
母を亡くした父子家庭だったんです

私達の父は高校の同級生だから
家族ぐるみの付き合いで
夏休みの旅行は一緒に行った

それで私が小5の夏

私は父がオナニーする姿を見て

何も知らない私は

「パパ、何してるの」

と平気な顔で尋ねてしまった

小学生の娘にオナニーを見られたと

当時の父はかなり焦っていたが

誤魔化してもしょうがないと思ったのか

「母を亡くしてSEXする相手が
いないから・・」

と正直に話してくれた

私は父が大好きだったので

「私がママの代わりをする」

と言って父の
オチンチンを弄るようになった

射精を初めて見たときは
びっくりしたが、
父はちゃんと性について説明してくれた

 私も自分のおまんこを弄って
オナニーするようになっていたので

父とSEXすれば
お互いにいいと思って相談した

父は申し訳なさそうな顔をして

「親子はダメだ
近親相姦は悪い事だから」

と言ったが、私が父の前で
オナニーして見せたらその気になってくれた

「絶対誰にも言ってはダメ」

と約束をして、
父は11歳の私を優しく抱いてくれて
私は初体験しました

痛さと嬉しさで私は泣いたが
小6になったら気持ち良くて
父に逝かされることの幸せに泣いた

まだ初潮も来てなかった小学生の私は
愛する父の精子を子宮に
湛える事の喜びに浸っていた

 小6の秋、麻衣が私に

「お父さんとSEXした」

と打ち明けたので

「私も実はお父さんとHしている」

と告白してしまった

毎年恒例の麻衣父娘と
一緒のクリスマスパーティーで
私達は父娘の中出しSEXを見せ合った

春休みには、私は麻衣の父、
麻衣は私の父とSEXしたが

これを機会に避妊に取り組んだ

中学、高校と平日は父娘、
週末は相手を変えてデートしてSEXした。

 高校を卒業して就職するとき
4人で相談して、私は麻衣の父
麻衣は私の父と結婚することになった

3年前、私達は20歳で
44歳の夫の妻となった

 お互いに1年ずらして子作りし

麻衣が妊娠中は私が父(麻衣の夫)と
麻衣の父(私の夫)を相手し

私が妊娠中は麻衣がした

今でも毎週土曜は父娘交換して
SEXしている

また、月に一度、子供の面倒係と
父達の相手係を交換しながら3P乱交もしている

周りからみたらオカシイ父娘、
夫婦と思われるかもしれないけど
私達二組の夫婦はとっても幸せなんです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。