風俗初心者が高級ソープランドでプロの接客を受け、最高の風俗体験ができた

風俗初心者の俺が
高級ソープランドで風俗初体験した

そのソープランドはかなりの老舗店で
外観はボロボロだが
入り口は綺羅びやかで豪華な風俗店だった

ソープランドの中に入ると
イカついヤクザみたいな
オッサン2人と若いアンちゃんと
スタイリッシュお姉さんが

「いらっしゃい」

と出迎えてくれる

「何時に○○さんで
予約取りました○○です」

と言うと、
奥の控え室に通された

内装は暗めで、
黒い暗幕がところどころに張られていて
妙にHな雰囲気

その暗幕の向こう側は
多分事務所だったり

トイレだったり
エレベーターだったり
待機室だったりだ

偏見で恐いイメージを持ってたが
オジさんもお兄さんも
お姉さんもそこらの客商売より
ずっと教育されていて丁寧

声色からして怖さがない、
ドスの低い声なんて出さないよ、みたいな

待機室に入るとお茶と
おしぼりを出してもらった

「会員証はありますか?」

と聞かれ

「初めてなんです」

と答えると会員証を発行された

ちなみにこの会員証
多くの店では無料で発行されるが

VIPクラスの高級店は有料制らしいので、
初めて行く方はHP等で
チェックしましょう

開始5分前になると

「トイレは大丈夫ですか?」

と聞かれた。

こういうところも印象が良いね

高い金払っただけあって
サービスが行き届いているわ

それでトイレに行かせてもらい、
そのままエレベーターに案内される

中に入ると店員さんが
ソープ嬢の名前を確認してきた

んで、口臭スプレー

「失礼しまーす」

とお口にシュッとエチケット!

1Fから3Fに上がり
エレベーターが開くとそこには
指名した泡姫がいた。

細くてスタイルの良い綺麗系な泡姫

実際、芸能人みたいに
綺麗な人だなあ、と思った

行ってみなきゃ分からんが
普通に綺麗な女性が働いてるね

外ですれ違っても
ソープ嬢って絶対わかんない感じ

それで

「よろしくお願いしますー」

ペコリと下げられた

泡姫は色っぽいドレスを着ていた

一歩足を外に出すと手を握られ
そのまま引っ張られ、首に手を回されてキス

1、2分のベロチュー接吻

突然だもんで頭がクラッとした

手を繋いで部屋に案内されて
部屋は入った左手にベット

通路とかカーテンとかなんもなしに、
奥にタイル敷かれた浴室

風俗店独特の造りなんだろうな

浴槽も凄く広い

俺は身長170cmなんだが、
足を伸ばしても全く窮屈じゃなくて
風呂も豪華なんだよねー

ベットに座った
俺を靴下から丁寧に脱がす泡姫

まじで王様になった気分

その間、他愛のない雑談も何でか楽しい

思い返してみると、
よく笑ってくれてた気がした

プロの泡姫は話のさせ上手だなあ
と思いました

靴下、上着を脱がし
次にシャツ、ズボンと脱がす

すると泡姫がクルッと周り、
背中をこちらに向けた

「お願いしていいですか?」

ドレスの紐は首の後ろで結ばれていた。

紐を解く時、
変な失敗を犯さないようにゆっくりと解く

「ありがとう」

向き直って微笑む美人な泡姫

内心プロだな、とか思いました

パンツ一丁の俺
ドレスを脱いで下着姿となった嬢

多分だけど、
脱ぐ順番も考慮されてる

何せその後に俺はパンツを脱がされ
萎んだちんぽこを露出し
また翻った嬢がブラのホックを
外すようお願いしてきたから

そういう小さな気配り
というか心遣い凄いな

とか思いつつ、そういう気配りしてもらって
嬉しいと感じた俺は
多分女に騙されるタイプ

それはさておき

「何か硬いね」

と言われたが、
実際ちんこはフニャチン

「そうですか?」

「緊張してるでしょ?」

「初めてなんすよ、ソープ」

「そうなんだ!
それじゃあ今日は楽しまないとね!」

「うっす!」

俺はテンパると後輩になる

どうでもいいなw

置いといて浴室
ってか床タイルに案内され、
尻の下部分に窪みがあるスケベイスに座らされた

「熱くない?」

「うん」

シャワーでジャージャー体を流され
泡立った洗剤で優しく腕、足、胸、腹を洗われ
泡踊り初体験

それは期待の股間にも向き、サワサワと

でもこれは快感を見出すってよりも、
もっと別の感覚があった

これから始まるエロへの期待を
膨らまさせるというか
単に洗う事を目的としているというか

長い時間はかけず亀頭やらを洗い
最後にすっと尻の穴を擦られて

「ひうっ」

と、つい声が漏れた。

弱いんですよね、ケツ穴

「可愛い声出すんだねー」

にこやかに言う美人でHな泡姫

「はは、弱いんすよ、はは」

「それは楽しみだ!」

楽しみなのは俺の方だ

体を流されてお湯の張った風呂へ

湯温はどちらかと言うとぬるめ。

家の浴槽は小さいから、
その癖であぐらをかいていると

「伸ばしていいですよー」

と促された。

伸ばすとその間に嬢がすっぽりと入る。

眼福やね!

「今日初めてだったら
やっぱりローションマットプレイに興味ある?」

「うす!興味深々っす!」

「じゃあマットしよっか」

ニコニコ笑顔を作れるチャンスがあるなら作る。

プロだ

突然、泡姫がぐっと迫ってきた。

ちんこが股間に
触れるのも気にせず突っ込んできた

その迫り方とは裏腹に、
優しく唇が触れる

言い忘れていたが、
この泡姫めちゃくちゃ唇がいい

もうぷるんぷるんな唇で

え?唇ってこんな柔らかかったっけ!?

って身悶えるほどリップか
グロスか知らんがテカってて
でも清潔感のある唇は
ほんのりといい香りがして、どこか甘い

そんな唇がちゅっちゅと
Hな音を立て唇を含んだり

舌先で舐めたり、
少し離れるとニコリと微笑んできたり

なんか俺、今すっげえ
可愛がられてるって感じ

草食系でM男な俺は
こんな愛でられ方すると嬉しくて堪らんのだよ

そういうところも
会話とかで見抜かれるのかな?

キスをしながら、
嬢の手は俺の息子を触っていた

指先でスッとなぞられると
湯の中だろうが快感が走る

そんな俺を見て嬢は無邪気に笑んだ。

グッと腰を持ち上げられて、
湯の中だから簡単に浮く

俺の頭の後ろにはそういう事を
考慮された枕みたいなのがあって

「首倒していいよ」

と促されたので倒して、
泡姫を眺める

筋を滑からな舌で舐めていく泡姫

頬張る事はせず、舐めていく。

弱くなだらかに舐めているかと思えば、
途端に刺激を強めた舐めがくる

舌先で押し潰すような匠の技に、
俺は凄いなぁとか思いながら
気持ちよさに朦朧とした

1つ1つが実に丁寧で
プロの接客

舐めるという事も邪見にする事なく
2、3分かけて舐めていく

そして、敏感な亀頭に入る

念願の亀頭舐めだったもんだから
嬉しさと快感が同時に押し寄せた

裏筋から一気に先まで舐めて、
亀頭を満遍なく舌の裏などを使って舐める

ちんこの先を飴に
見立てたかのような舐め方をしてくれる

飴を口の中で転がすように
泡姫は先っちょをチロチロと舐め
尿道に軽く舌を入れ、舌を高速で動かしながら
側面を上から下へ、下から上へ。

そして何気に凄いなと思った事がある。

この嬢の髪の長さは肩よりちょっと上くらいなんだが、こんだけ湯の近くで舐めてるというのに一切髪を濡らしていないんだ。

もちろんそれはなるべく濡らさない方が良いからなんだろうけど。

(客は俺だけじゃないわけだし。嬢って客と客のインターバル五分から十分しかないわけだし)

だけど髪を濡らさないからといって行為が疎かになる事なく、逆に行為が十全にできているにも関わらず髪を濡らしていない事にプロ凄い。

と思いました。

嬢が舐めるのをやめて、耳元に顔を寄せて

「気持ちよかった?」

と囁いてきた。

蝶の毒牙にかけられている気分に酔いながらうん、と答えた。

いやあ、嬢って素晴らしいね。

「じゃあ準備するね」

と嬢が湯を出て、さっき体を洗っていた床タイルの上に大きなマットを敷く。

このマットってのは凸凹してる、いかにもソープなソープマット。

解らない人はググりましょう。

俺はつい笑った。

「どしたの?」

「さっきまで凄い滑らかに動いてたのに、打って変わって動きが機敏だから面白い」

「あはは。だって、準備で時間が減ったらもったいないじゃん」

客の立場になって考えてくれてるプロですこの子…とか思ったりしたが、それでもおもろいもんはおもろかった。

ほんとに早いんだもん、動きww

もちろん、その間も嬢は全裸なのでジーと眺めてました。

眼福眼福。

美人の全裸っていいねとか実はそこまで思わなかったけど、悪くはないね。

強いて言えば、俺はあそこの毛が薄い方が…てかない方が好みなんだけど…とか思ってた。

ローションを目の前で作るのを見て

『職人だなあ』

とか思いつつ、その間もなんだかんだで雑談。

たまに話が途切れたりするけど、重い沈黙じゃなくて心地いい沈黙だった。

せっせとローション作ってる嬢がなんか可愛らしくてよかったよ、うん。

ローションを作り、マットにバシャーと塗りたくり、準備ができたので誘われる。

「想像以上に滑るから気をつけてね」

とフォローも怠る事なく踏ん張らないようにマットに乗って、うつ伏せを要求されたのでその形へ寝転ぶと、嬢が上に乗ってくる。

全身がローションまみれだから変につっぱる事はなく、とにかく滑るヌメる。

マットプレイってのは、要するにローションを活かして全身で性感マッサージをする事なのだと俺は思った。

背中に嬢の胸が当たっている、というよりは押し当てられている事が容易にイメージできた。

足には嬢のマンマンが当たっている。

濃い草がずりずりと当たり、たまにやけに柔らかいモノが当たっていた。

多分、花のビラ。

多分で申し訳ないが俺はうつ伏せだ。

上半身と股間を当てながら嬢が上下に体を動かす。

よくもまぁ、あの滑るマットの上であんなに動けるもんだわ。

動きながら、口を当て大きな音を立てて吸った。

系統として普通の快感ではない事は確かだった。

指先で肌をすっと触れられるようなくすぐったさってあるだろ?

あれが全身の至るところで起きている感じ。

俺は好きだな。

でもマットってのはされる方もする方も相性があるらしい。

だけど一度は経験してみるべきだ!

ちなみにシチュエーション萌えや妄想力が高い奴の方がマットプレイは相性が良いそうだ。

満遍なく全身を濡らしながら吸い上げる嬢。

乳首の先はとっくに硬くなっていて、その部分だけ感触が違ってまたこれがいい。

んで、例えが悪くて申し訳ないんだが舌が凄い。

ドリルみたいに動き回る。

動きはそれだけ早いし、押し当てられていると判断出来るほどに強い。

舌ってこんな動きすんの!?ってなる。

キスの時とは全く違う舌。

ローションが滑る音と嬢の淫らな息遣いが部屋を包む。

感じているかどうかは知らんが、しんどい事は間違いない。

そんぐらいの重労働だな、と思った。

でもその息遣いすらも甘美にしてしまう嬢。

プロ凄い。

舌で全身を舐める事を目標としているかのような動き。

てか、最終的には全部舐められたんだけど、背中から下がっていき、尻へ。

アナルではなく尻も性感帯ってのは本当なんだな、と俺は初めて知った。

丁寧に舐められていると、ほどよい快感がぞくぞくと昇る。

でも舐められる度にアナルの弱い俺は、早くそこに来て欲しいと望むようになった。

それを見越したかのようなアナルを避けた嬢の動き。

んん、焦らすねい。

周りを囲むように舐めていき、円を描くように舐めていき、手を股間の奥に伸ばして袋をつっとなぞられただけでいつも以上の衝撃がのた打ち回る。

お預け食らっていただけに快楽は増幅されていて、念願のアナルを強調するように舐め上げられた時、どうしようもなく女みてえな声が出た。

いやあ、ほんとプロ凄い。

アナルを舐められながら玉袋を爪でなぞられるというのは素晴らしいね。

そして開いていた(?)手を腹の下に通してマイサンを握られる。

穴、袋、棒の3点攻め。

男が喰らう中でこれ以上に気持ちのいい責められ方はないだろう。

油断するとこっちがまた喘ぎそうになるが、そう何度も女みたいに声出すのはアレなので、色々アレなので必死に声を殺す。

でもまあそれはそれで伝わるようで、ふと

「可愛いね」

と言われた。

ここで

「何キモいんですけど」

とか言わないのは客商売だから当たり前なんだが、だけどまあ受け入れられる事もあまりないのでそれだけで嬉しい。

そしてその喜びってのは快楽に直結しているのか、また感度が増す。

でも、だからってイクまでやるわけじゃない。

だからマットは性感マッサージなんだろう。

次に反対側へ向いた嬢は、俺の片足を掴み、胸に押し当ててグルグルと回す。

足の裏に乳首が当たる。

それは快感とは別の心地よさ。

体ではなく心の快楽を埋める行為なんだと思う。

ソープってのは体を満足させるだけじゃないんだぜ。

親指から順番に舐めて、最後の小指をフェラのようにズポズポと吸う。

これは意外に気持ちよかった。

小指に性感帯ってあるんですね、とか思ってた。

もう片方の足も同じように押し当てられて舐められる。

たまに、ふくらはぎに陰部の花を腰を動かして擦らせる。

その行為でこっちも気持ちよくなっちゃってるんですと言わんばかりに、わざとらしすぎない(ここ重要)喘ぎ声。

嬢ってのは触覚と聴覚を責めるプロだ。

マジでうつ伏せの状態で最後にされたのが、俺の足の下から腹に伸びるよう足を通してもう片方の足で挟むような体勢になり、上下に動く。

んー、難しいな。

レズ物のAVってあるだろ?

あれで見るような体位なんだ。

花と花を押し当てる、みたいなそれをされた。

これは純粋に気持ちいい。

くっついて離れる度にローションによるもの凄い音が響く。

セックス経験者なら分かるだろうが、マン屁のでかい版だな。

そこに大量の汁を流し込んだと思えばいい。

本気でぐっじょぐっじょって鳴る。

動くたびに俺も多少揺らされる。

それによって息子がマットに擦れて滅茶苦茶気持ちいい。

擦れる痛みなんて一切ない。

そんぐらいローションは滑る。

でも印象としては何されてるのか一切わからない感じ。

これが大きい。

だから妄想が必要らしいな。

マットって、俺は正直、終始今と変わらん思考だったからいまいちのめり込めんかった。

プロの仕事を味わいに行くって名目で行ったもんだからか、プロの仕事すげえええってずっとなってたんだわ。

それが終わり、仰向けに寝かされる。

「くすぐったくなかった?」

「ちょっとだけ」

「言ってくれていいんだよ?」

「でもそれより気持ちいいが上だから」

「そっか、よかった」

ニコニコな嬢は天使やでえ。

マットプレイは主にうつ伏せで行われるのかな?

まあこれは店の方針によるだろうし、もっと言えば嬢のやり方で変わるかもしれんけど、仰向けになってからは全身をローション塗られ、滑らせて上下に動くけどそんなに時間を空ける事なく、嬢は棒を咥えた。

手で擦ったり玉裏をなぞったり激しく音を立てて吸い上げたりされるとつい腰が浮く。

俺はずっと見てたからわかったんだけど、どこからか取り出したゴムをいつの間にか上に置いた嬢は一発でそいつを口でハメた。

3秒にも満たない出来事だった。

凄いよあれ、ちょっと感動する。

あまりの手際の良さに感動する。

ソープ初心者が

『いつゴムを付けられたのか解らなかった』

っていう話を聞いた事があるけど、俺も見てなかったら絶対に気づかんかった。

最近のゴムは滅茶苦茶に薄いしな。

しかも嬢はゴムをつけた後も平然とフェラをするもんだから余計にわからんくなる。

え、つけたよね?って。

普通のセックスだとゴムつけた後にフェラしないじゃん?

上手い事心の隙間をついてくるわ。

そこから流れるような動作で俺のを花園へ迎え入れた嬢は、その状態で乳首を舐める。

いやあ、昔開発されたもんで乳首弱いんすよね、俺。

軽く腰を動かしながら乳首をコロコロとドリル舌で弄び、嬢が本気になる。

騎乗位でぱんぱん跳ねる嬢。

締まりの良い悪いってあるじゃないですか。

あれってビッチだからーとか関係ないんだろうね。

少なくともその嬢は、締まりが良かった。

ちなみに俺の息子は平均サイズよりちょい上ぐらい。

ところで、嬢が確認出来るように時計を見える位置に置いてたんだ。

(でないと俺がイク前に時間が来たりしたら大変だろ、それはそれで。延長なんてできない人気者だし)

俺初めて見たわ。

15分も休みなしで動き続ける女性。

まじ、プロ凄い。

でも申し訳ない事に俺はイケなかった。

騎乗位でイケないってのもあるし、何よりも……ちょっと痛いんだ。

これは相性の問題なんだけどな俺ってかなり痩せてるんだわ。

んで、その嬢も痩せてるんだわ。

だから骨が結構当たるの。

15分も頑張ってもらったけど、流石に申し訳なくなってきたし、先の通り時間もなくなってきたので正常位へ。

今更だけど、嬢の胸はCぐらいだったな。

あの細さでCは中々見ごたえがあった。

正常位になってわかったが、ローションマットってのは本当に動きづらい。

膝で踏ん張りが効かない。

一応滑り止めでタオルが敷いてあるんだけど、それでも滑る。

よくあんなに動けとったなぁとしみじみ思ったさ。

次は俺が上になって動く。

なんだかんだでそれは5分程度なんだが、20分くらいしてたのに蜜はずっと溢れていた。

あれどうなってんだろう。

仕事意識で愛液って出てくるもんなの?

本当に感じてくれてたならそりゃ嬉しいけど、相手はプロだからな。

ともあれ、滞りなくフィニッシュ。

イった後

「ありがとう」

と言われた。

「俺の台詞だよ」

と言うと

「気持ちよくしてくれてありがとう」

と言われた。

いやあ、プロ(rya

フィニッシュ後も時間があるとそのままマットで体を洗うそうだけど、時間がなかったのでそのまま湯船に浸かり、体を洗ってもらう。

テキパキ嬢だ。

時間がないからなww

半ば賢者タイムの俺は子犬を眺める感じで心地よかった。

マットを片付け、再び洗剤で泡立てて体を洗う。

ソープに行くと二度も体を洗ってくれます。

でも一応言っておくけどソープ行く前は体を洗うように。

歯も磨くように。

あと、爪切っておくように。

切ったらやすりで鋭いの削るように。

今回俺は受けでやってもらったけど、ソープはこっちが責めるのもおkだ。

だけど爪切りしておかないと、嬢からしたらSM行為だからな?

内蔵を爪で引っ掻き回されるのが痛いってのは覚えとけよ?

洗ってもらい、タオルで拭いてもらい、至れり尽くせりで服を着て、キス。

何度キスしてもらったかわからん。

えがった。

する前とした後じゃ俺の心の開き方が違った。

それは要するに、嬢が上手く緊張をほぐしてくれたって事だ。

時間が来たので部屋を出る。

その時にキスをして、エレベーターを呼ぶ来るまでキスをして、扉が開いたので中へ扉が締まらないように手で止めて、キス。

この何とも言えないシチュエーションが頭から離れんわ。

「またね」

ニコニコ、と最後まで綺麗な笑みで送ってくれた嬢が手を小さく振っていた。

これにて初ソープ、終了。

行った事ないやつは行くべきだ!

人生損してる。

匠の技はまじで匠だわ。

感動もんだね。

俺が最高の泡姫に
会えたってのもあるかもしれんが

やはり高い金払えば
風俗でそれなに良い体験できますね

変にケチるとギャンブルになりますからねー

また金貯めて高級ソープに行こうと思います

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。