ムッチリした外国人熟女と中出しSEX出来たホームステイの思い出

海外留学した時に
俺は熟女外国人とHした事がある

留学先で俺はホームスティする事になり
三十路夫婦の家にお世話になった

夫婦には幼い二人の娘がいる
4人家族

初めて奥さんを見たときの印象は
綺麗な白人熟女だなって思っていた

それからホームスティ先の家族とは、
まぁまぁ仲良く過ごして
楽しい海外生活を楽しんでいた

ただ俺の住んでいた町超田舎

本当に毎日することがなくて
暇だった

まぁそんな日はダラダラ
自分の部屋で映画見たりしたり
友達と遊んでるだけ

一応、家事で洗濯と
トイレ掃除が週に1回きまってたんだけど

日曜日に地下でみんなの服を
洗濯機に入れてるときに
あることに気づいた

それは奥さんの下着があるって事

考えてみなかったけど
多分はじめて他人の使用後の
シミ付きパンティを見た瞬間だった

ちなみに奥さんは165くらいで
身長が少し高めの白人

三十路半ば完熟人妻って感じで
体はムッチリした豊満外人熟女

髪はセミロングで
それまで意識してなかったけど

結構いい女だなってそのとき思った

しかも下着は水色で
なんかクロッチが
結構汚れててすげー興奮

それから即効匂い嗅いで
チンコに巻きつけ

その場でパンコキオナニーしてしまった

今考えると誰がきても
おかしくない状況だった気がするが

それからすぐに白人奥さんが
性の対象になるのは
そう時間がかからなかった

好きとかそんなんじゃなくて

性欲処理の相手って感じ

3日に一回くらいシミ付きパンツを盗んでは
それでパンコキオナニーしていた

自分の部屋で奥さんの名前呼びながら

そのとき白人のマンコは
臭いなってことはわかったし

だから余計に興奮したのかも

いつも決まってシミ付きパンツに射精して
それをそのまま洗濯機に入れて
洗うって方法でばれないようにしてた

今思うとぜんぜん
ブラジャーには興味なかったw

そんな風に毎日
変態的なパンコキオナニー生活をしてると

事件がおこった

その日は金曜日で旦那さんは
夜勤の仕事に行っていた

ともかく毎週金曜が
夜勤だと家族にとっては
一緒に過せなくて
最悪のスケジュールだったみたい

俺にしてみれば旦那さんは
関係ないからいつも気にしないで
いたわけだけどその日は違った

朝学校に行く前に
ノート見たいのがキッチンに置いてあって、
予定などが書き込んであった

今日は旦那さんが
夜家にいないってことと

奥さんが友達とパーティにいくから
夕飯は作れないって書いてあった

あと子供たちはベビーシッターに
頼むって書いてあった

夕飯の用意が無いというので

その日は学校終わり
友達と食事をして遊んでから、
ゆっくり帰ることになった

まぁ家に着いたのは23時ちょっと前、
俺は結構酔ってたと思う

家に帰ってくると
ベビーシッターは子供を寝かせて
テレビを見てた

ベビシッターっていっても
近所の女子高生のバイト

俺はその子のこと前から
可愛いなんて思っていた

遅い時間になるから
奥さんは帰ってきてないけど

ベビーシッターの子を帰すことにした

40ドル渡して家に
帰っていったわけだけど

その白人JKと何かあるかなぁと
スケベな考えを持っていたけど、
特に何もなかった

それからどのくらい
たったかわからないけど

ビールを飲みながら
テレビを見ていた

確かあんま覚えてないけど
X-Fileをダラダラと見てたと思う

そうしたらピンポーンって
玄関のドアベルが鳴った

何でこんな時間にとか思って
玄関まで歩いていった

正確な時間とかは
まったく覚えてないけど0時くらいかも

そこには知らない
外人のおばさんがいて

なんだろ?

と思ってドアを開けてみたら
グッタリした奥さんを連れていた

一瞬で奥さんが飲みすぎで
酔い潰れたことが分かった

多分そのときはほとんど
意識なかったと思う

友達の話ではカクテルだか
なんかを飲みすぎて酔い潰れたと

それでつれてきたけど 
乗っていた車とかは
まだそこにおいてあるらしい

それから俺が奥さんを
運ぶことになったんだけど、
すげー大変だった

奥さんの手を肩にかけて
運ぼうとしたら 
なんかすげー酒臭い

多分吐たんだとおもうが
そんな感じの匂いも少ししてたと思う

2階の寝室まで運んだんだけど 
結構大変で汗だくになった

やっとのことで寝室まで着いて
外人奥さんをベットに寝かせた

おもーみたいな感じで寝かせて、
布団かけたらそのまま下で
X-Fileの続き見ることしか考えてなかった

でも布団を掛けようとしてたら
すぐにあることに気がついた

なんかすげーブラが見えてる

普段着ないのにワンピースなんて
着てるから見たい放題だった

黄色のブラに黄色のパンツ

それだけで俺のオナニーの
おかずには十分

そんなことを考えてたら
ドアを閉めて即効ズボン脱ごうとしてた

さすがにまずいっておもってたけど、
それより先に体が動いてたんだと思う

酔ってたせいもあって
速攻チンポだして擦り始めた

最初は覗き見してるくらいだったけど

上はたくし上げて
下はパンツが丸見え状態で
オナニーに夢中になっていた

外人奥さんの脚やお腹が真っ白で
すげーやらしくて超興奮

コレは即効イケるななんて
おもってたら事件がおきた

奥さんが起きたんだよ

まじでガバってなにしてるの?

って感じだった

この時にびっくりした事は
一生忘れないと思う

アワアワして俺は
かなり焦って人生お終いと思っていた

そうしたら、奥さんは
酔っているせいかかなり反応が違った

エロエロモードっていうか
そんな感じだったんだろうか
自分のパンツ擦り始めていた

びっくりしてボーとたってたら
電気消してって言われた

何だそれー

と思ったけど、
心の中はすげー怯えて
怒られると思ったから速攻電気消した

すると部屋は真っ暗で、
ほとんど何も見えない状態に

でも奥さんがパンツの上から
自分の触ってるズリズリって音だけは聞こえた

多分20秒とか、30秒くらい
突っ立ったままだったと思う

何が起きてるか
判断できなくて唖然としていた

そうしたら奥さんに

「何してるのこっちに着なさいよ」

って言われて、
もう頭はパニックで下半身裸のまま
ベットのほうに行った

なんでか覚えてないけど、
自然とベットに横になった

怯えているとガシッて感じで
チンポを掴まれて

びびっていたけど反応して
芯が入って硬くなっていた

そしたらゴシゴシって
手コキをしだした

ぶっちゃけ何て展開?

と思っていたけど何か期待をしていた

そのうちそのやらかい手に
握られてしごかれていると
声が漏れてたんだと思う

何か訳のわからないこと言われたと
思ったら奥さんが脱ぎだした

俺の英語はまだまだで
何言ってるかわからなかったんだと思う

そんなこんなしてるうちに
ムッチリ白人奥さんが
裸になったのはわかった

多分このあたりから俺も
セックスするかもなんて予感していた

気がついたら、
窓からもれてくる明かりで
ピンク色の乳首がモロ見え

気がついたときには舐めていた

そのうち夢中で舐め始めたら

「あっあっ」

みたいな感じのHな声が
奥さんから聞こえた

そんな声を聞いたら
一心不乱に舐めていたし

喘ぎ声はどこも一緒だなって思った

少しずつ緊張もほどけて
むしろ興奮だけが俺を支配してたと思う

そんなことしてたら
また奥さんにぎゅって
チンコ握られて手コキされて

下にもぐったと思ったら

ねっとりしたものが俺のチンポを
包んでフェラチオされて、
俺は凄く興奮していた

様子を見たら奥さんが
布団の中にもぐってすげー激しく

チンポをしゃぶられて、
勢い良く吸われるので、
まじでびびった

これが白人のフェラかみたいな感じで、
すげー豪快にじゅばじゅば吸って
バキュームフェラしてくる

そんなこと考えてたら、
気づいたらイクイクって感じ

やめてもらおうと思ったけど、
とまらないでそのまま
ズバズバ吸い続けてて、
俺にはどうにもできなかった

それですげー興奮したまま
そのまま奥さんの口の中で言った瞬間

「んっ」

って感じのエロ声出してた

すげー量でたなって思っていたら、
そのまま口を離さないで
しゃぶり続けてきた

多分ザーメンをごっくんして
飲んだんだと思う

それでも俺のチンポは
興奮しすぎてガチガチ

奥さんもいっこうに
口を離さない

しばらくして顔を
抑えたらやめてくれたけど
もうこの後はセックスするしかなかった

俺は入れるのかなんて
淡い期待でまってたけど、
次はクンニだった

でも初めてみる外人の
マンコにすごく興奮してたし、
速攻でマンコにむしゃぶりついていた

多分白人の特有の
ものなんだろうけどにおいが強かった

でもそんなの気にしないで
ガンガン舐めてたら、奥さんが

「あうっ、あう」

って感じに喘ぎ声を
あげる様子に興奮した

大きなエロ声だったので
隣の部屋に寝ている子供にばれないか
すげー怖かった

そのうち、奥さんが
十分濡れてるのもわかった

クンニも落ち着いていよいよって
感じになった

でもコンドームがないってことに
気がついたけど

奥さんは構わず俺の上に乗ってきて
そのままにゅるって感じで
騎乗位でマンコにチンポを挿入してきた

入った瞬間に

うわ-暖ったけーぬるぬる

なんて、思っていたら
そのままガンガン腰を振って
洋物のAVみたいに動いてきた

奥さんも声をあげて
サムライソードを楽しんでいるよう

俺は生ハメという事も忘れて、
ただ喘いでいるしかなかった

それから正常位に体位を変えた時には、
何度も逝きそうになったけど我慢して、
勢い良く腰を動かし続けていた

まぁ奥さんは凄く喘ぎまくり

訳のわからない英語しゃべっていたが、
ひとつだけ分かったことがあった

「ダン ダン」

って叫んでるので、
どうやら旦那さんと
勘違いしてるみたい

なんかショックを受けたけど、
奥さんを寝取ってセックスしてる感じがして、
超興奮していた

次第に逝きそうだなって思ったけど、
興奮しすぎてガンガン動きまくった

そして、耳元でIm coming って
精一杯の英語で囁いだら

たぶんいいよみたいな事を言われ、
脚をがしってされて抜けなかったので

やばーっ

て思ったけど、そのままの体勢で
中出しでフィニッシュ

俺は興奮と緊張のせいで、
そのあとグッタリしてた

中出してすげー
気持ちよかったのもあったし

外人美熟女の奥さんと
セックス出来て満足感に満たされていた

そしたら、奥さんは
まだ足らなかったのか
また布団にもぐって
俺のチンポをしゃぶってくる

すげーエロいなぁなんて思ったけど、
そのまま動く気にも慣れなくて
勃起したらまた騎乗位してきて
逆レイプされるように激しい腰使いで
二度目の膣内射精

それようやく奥さんは満足したように
ぐっすりと爆睡してしまった

次の日の朝の事を考えると不安だから
一応、まんこについたザーメンを綺麗に拭きとって
パンティを穿かせて退散しました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。