女子小学生に逆レイプされそうになった塾講師が男子トイレに逃げる!

色々な職業を経て
現在塾講師をしているんです

私は主に小学生の高学年と
中学生の生徒を教えています

それで、ここ数年
中学生よりも小学生を教える方が
体力がいるなーって感じるんです

最近は小学生は中学生よりも
マセているです

中学生の思春期になると
多感なのか塾でも大人しくしてくれるんですが
小学生だと変にマセガキで
本当に手を焼くんです

この前も算数の授業で
ホワイトボードに版書していて
私はつい細かい計算をミスしたんです

そしたら、O林さんという
小学6年生の女子生徒が
机をバンと叩いて、

「ふざけんな、M山!次やったら、犯すぞ!」

と言うんです

私は唖然としていると
教室にいる生徒は笑いの渦なんです

ちなみにM山とは私の事です

完全にjsに手球に転がされた状態なんです

それで、理科の授業

星の運行の図を書きましたが
教室内を見渡すと
先程のO林さんが

「見にくい 
やっぱ、襲うしかないな」

と言いながら
小学生とは思えない
妖艶な笑みを浮かべているんです

理科の授業が終わって
皆が帰宅しても
マセガキJSでお転婆な
O林さんだけは残ってます

「どうした、O林、帰らないのか?」

「お前、それがこれから
犯される人間の言うことかあ?」

女子小学生の恫喝にしても
怖すぎます

そして、いきなり抱きついてきて、
キスをされたんです

「おい、ちょっと」

彼女の右手は、スラックスの上から
チンコを優しく撫でてきます。

「先生、大きくなってる?」

チンコが反応して、
大きくなり始めたので、
腰を引きました

腰を引くと、頭が下がります

その下がった頭を抱き抱えられ、
彼女のおっぱいの中に
顔を埋める形になりました

Bはあるでしょうか

柔らかなロリおっぱいでした

花の香りさえします

少女の胸の香りを嗅ぐと
逆レイプでもするかように
その少女は、右手をスラックスの中に
つっこんでくるんです

「硬くなった、硬くなった」

と、無邪気に微笑み描けています

言葉が出てきません。

理性で彼女を押し退けると、
更に畳み掛けて聞いてきます!

「もう、入れたいんでしょ~?」

12才の少女の言葉とは思えません

「しょうがないなっ」

身体が離れて、
彼女の両手が自由になると
両手をスカートの中にいれ
パンツをずらしました

膝の上までです

小学生とは思いたくない黒なんです

また、彼女に抱きつかれ、
キスをされましたが、もう、
理性がぶっ飛び寸前

でも私は教育者であり
塾講師である!

「こら、駄目だ!」

と少女を突き放すと

「意気地なし!」

と言いつつまたズボン越しにチンコを握ってきて
シコシコ手コキしてくるんです

「だっ駄目だ!」

と言おうしましたが・・

すいません・・

私、射精してしまったんです

パンツはザーメンでビショビショで
少女は私が射精したのをわかったようで
勝ち誇った顔して

「我慢する事ないんだよ!
Hしたいならさせてあげるよ!」

と言いつつまたキスしてきたんです

私は彼女を突き放し
男子トイレに
逃げ込みました

本当に怖くてエロいんです
最近の女子小学生には手を焼いています

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。