幼稚園からの幼馴染と高校時に仲良くなり、童貞と処女カップルの青春初体験

すぐ向かいに住んでいて
保育園の頃からの幼馴染でリエちゃんって女の子がいた

俺の初恋はこの幼馴染でした

そして、恋愛漫画みたいですが、
リエちゃんも僕の事が好きで、
保育園の時とか無邪気に

「(俺)くんのお嫁さんになるー」

なんて告白されて、幼い子供ながらに
とっても嬉しかった記憶があります

しかし、お互い成長し、
小学校に上がると変に意識してまい
照れ臭さ、同級生のからかいで一緒にいづらくなった。

それでも帰宅後は
どちからの家にいって、一緒に宿題やったり遊んだりして
幼馴染とは仲良しでした

それも、高学年に上がると学校では
一層接することがなくなった。

小学生に高学年って難しい年頃ですよね

異性を変に意識してまって、
大好きなリエちゃんとも学校じゃ友達の目を気にして
仲良くできなった

そんな、ある日の放課後、
クラスの女子達が恋話で好きな男子の教え合いしてたのか、
帰ろうとしていた俺はクラスメートに呼び止められた。

「リエちゃん、(俺)君のこと好きだって」

照れたリえちゃんが必死に取り繕う

周りの男子もニヤニヤ見ている

それがイヤで俺は冷たいセリフを吐いた

なんて言ったか忘れたが、

「俺は別になんとも思ってない」

的な冷たい言葉。

この日からリエちゃんは一切俺に接しなくなった。

何度正直に話そうと思ったか。言えなかった

想いを伝える勇気がなかった

家の窓から外を見ればすぐ前にリエちゃんの部屋があるのに。
中学に上がり、丸三年会話も何も無かった

なんであのとき冷たい言葉が出たのだろう

嬉しかったくせに。
高校は別々だったので会うのは朝と夕方だけ。

それでも部活に打ち込むリエちゃんは朝練で早く出ていたので、
ほとんど顔も合わせることもなかった

ある朝、家を出たら女子校生になったリエちゃんも丁度出るところだった

お互いが気付いたのに言葉が出ない

なんで「おはよう」の一言が出ないんだろう。
固まる俺を見て、リエちゃんが口を開いた

「おはよう」

この一言で俺の金縛りが解けた。

長年の呪いも解けた気がした。

まだ挨拶止まりだが、
この日から普通に接することができるようになった。

ただ問題なのは、

「恋」

でリエちゃんを想っていたのが、
思春期でエロガキな俺は、性的な妄想に変わってしまったこと

発育しJKになったリエちゃんと
エッチな行為をしたくてたまらなくなった。

悪友の家で見た裏ビデオで更に強くなってしまった。

朝起きて一発、夜寝る前に一発。猿のように。

挨拶だけから普通に会話もできるように関係は回復したが、
あの日のセリフを謝れないままだった。

友達 兼 幼馴染 から抜け出せないまま
お互い無事高校を卒業した。

そんなある日、事態は急な展開を迎える

卒業式から一週間後くらいに、
なんとリエちゃんが俺を誘ってくれた。

新車を買ったので一緒に出かけよう、と。

俺も免許は取れたが経済的な理由で車はおあずけだったので羨ましかったが、
それよりもリエちゃんとドライブというシチュが嬉しかった。

無駄にした中・高の計6年。ここで取り返せるのだろうか。

良からぬ妄想と冷静を保とうとする理性で
大っきくなったり小っちゃくなったり。

たあいのない話をしながら街をプラプラ。

デートと言うより、ホントにただのドライブだった。

だんだん日も暮れ、暗くなってきた。
何もないまま帰宅なのだろうか。

「そろそろ帰らない?」

なんて言われてガックリした。

「疲れたから(俺)ちゃん運転代わって」

ちゃん付けで呼ばれてドキっとする。

運転席に座り、ちょっとふざけて言ってみた。

「俺運転したらどこ行くかわかんねーよ?」

結構勇気が要るもんだ。

ちょっと間を置いて

「おまかせします」

と返事された。

童貞の俺の頭には”ラブホ”しか浮かばなかった。

幸い財布には十分金はある。

一つ問題があった。入り方がわからない。

ラブホは諦め、素直に海にでも行こうか。

それでもやはり大っきくなったり小っちゃくなったりだった。

幼い頃に親に連れられて行った海浜公園についた。

ここ数年で整備されたのか、
昔の面影もなくキレイになっていた。

車を降り、二人で少し歩いた。手を握る勇気は勿論無かった。

周りには何組かのカップルがいる。俺も仲間入りできるかな?
リエちゃんは周りを見渡すと、そそくさと車に戻った。

「なんで戻ったのさ?もう帰るの?」俺の問いに、

「なんだか・・・急に恥ずかしくなった」

「俺は一緒にいると恥ずかしい男なのか」

ガックリした。

「ちっ、違うよっ」

「無理しなくていいよ」

ショボーン

「他の人達見たらなんだか・・・その」

「俺らも堂々とすればいいじゃん」

「だってぇ・・・あたしら別に付き合ってるわけじゃないし」

俺がリエちゃんを女として意識してるように、
リエちゃんも俺を意識してるってことだと勝手に解釈した。
勿論リエちゃんから振った言葉からのチャンスは逃せない。

「じゃ・・・俺が恋人だったら平気なの?」

この言葉に一番勇気を振り搾った。勇気一番搾りだ。
無言で照れながら俺を見つめるリエちゃん。

何気ない表情でクールを装っているが本当は心臓バクバクだ。

「(俺)ちゃんはあたしのこと別に」

リエちゃんはあの時の俺の言葉を
ずっと重く捉えていたようだった。

先に俺から言うべきだなと思い、

「あの時はみんなの前だから言えなかった。
ホントは嬉しかったのに」

なぜかスラスラ喋れた。
それが逆に必死に言い訳してるみたいだった。

「ずっと謝りたかったんだ。
冷たく言った事。遅くなったけど・・・ごめん」

言葉に困ってるのか、リエちゃんは俺をじっと見つめていた。

「ずっと・・・小さい頃からずっと好きだったんだから
素直に言えば良かった」

なぜだろう。勇気が必要な筈の言葉が次々と出てくる。

「リエちゃんは、あの時のまま、
俺のこと想っててくれてるのかな?」

と俺が告白するとうつむきながら、
照れながら、リエちゃんは小さく

「うん」
とうなずいた。

さっきは躊躇したのに、いとも簡単に手を握る俺。

手と手で伝わるぬくもり、リエちゃんの想い、照れてパニクる寸前ぽい笑顔。

なんかすべてが満足した。小さい頃はいつも一緒だったんだ。

俺の言葉一つで時間を無駄にしたんだ。

でも今、またすぐ横に居てくれてる。
毎晩毎日、俺は妄想でリエちゃんを汚してきたことを思い出すと、
“手を握る”で止めようと思った。

“ラブホ行きたい”とか考えてた俺はバカみたいだ。

「そろそろ帰ろうか?」もう真っ暗だ。
『もうちょっと・・・一緒にいたい』

車から降り、外灯と月明かり下を歩く。

今度はちゃんと手は繋いで。

ベンチに座り、月をみつめる二人。会話は浮かばなかった。

『寒くなってきたね』沈黙を破るようにリエちゃんが言った。
「うん、ちょっと寒いね」さりげなく肩に手をまわす俺。

リエちゃんはそのまま凭れ掛かってきたので、
そっと抱き寄せた。

うじうじしてた過去の俺よ。

どうだ、今リエちゃんとこんなんなってますぜ?

リエちゃんのぬくもり

香水かな?甘い匂い

無我夢中で嗅いだ。

「ちょっと!(俺)ちゃん!匂い嗅ぎすぎ」

怒られてしまった。

どうも激しい鼻息音だったらしい。フガーフガー。

誤魔化すように両手で俺の胸に抱きしめた。

「あったかい」

「リエちゃんもあったかいよ」

一言だけ発したあとお互い目が合った。

たぶんリエちゃんも同じ事を考えてると踏んで、

スッと顔を近づけそのまま流れるようにキスした。

やはり覚悟はあったらしく、抵抗せずに5秒くらい唇を合わせてくれた。

温かさ、柔らかさでとても長い時間に感じた。

ファーストキスにさっきまで落ち着いていたアレが目覚めやがった。

気付かれぬようチンポジ修正後、車に戻った。

座席に座った途端、リエちゃんからキスしてくれた。

おかげでまたチンポジがずれたが当然直せない。

俺の唇にリエちゃんの唇が半開きな感触が伝わったので、
そっと舌を伸ばすとすぐリエちゃんの舌と遭遇できた。

まさか2回目のキスがディープキスになろうとは思いも寄らなかったが、

滑らかな舌・・・絡まる唾液

ガマン汁で股間に冷たさが伝わる。

何分キスし続けただろうか。それほど長かった。

嬉しそうに照れるリエちゃんの笑顔に俺はもうガマンができなかった。
俺はリエちゃんの座る助手席に移動した。

さすがに軽だし、1つの席に二人は狭い

でもこの密着具合が堪らなかった

抱きしめてもう一度ディープキス

さりげなく座席を倒した。

ガクンと倒れる背もたれにリエちゃんは驚いたが、
そのままキスを続けた。

手持ち無沙汰な右手でそっと胸を触った。

「んっ」

小さな声が漏れる。

嫌がる素振りは無かったので、
力を込めずにやさしく包む動きの右手。
俺の全神経が右手に集中している。動きに合わせて、

「んっ・・・あっ」

と反応してくれる。

俺は感動した。

これが世に言う”おっぱいもみもみ”なのかー!

おっぱい童貞を卒業する為にはやはり直揉みせねば。

リエちゃんのシャツをめくると水色のかわいいブラ。

はずしかたがわからないのでそのままずり上げた。

「やだ、あんっ」

か細い声が俺をますます後押ししてくれる

かわいい乳首に小振りな胸。じっくり眺めてる暇なんてない

「あっはぁん」

右手が胸に触れただけでリエちゃんから声が出る。
おっぱい童貞卒業

次はもちろん

目を閉じ、息を荒げるリエちゃん。

胸から離れた俺の右手は下方へ進む。
ジーパン越しでもアソコはホカホカと熱く、
ここでも俺の指には神経が集中した。ジッパーを下げ、ゆっくり進入する指。

パンツはほんのり湿っていた。

下着越しに中指をくにくに動かすと、
リエちゃんは小刻みに震えながら小さく声を漏らす。
濡れた下着は冷たくもあり温かくもある。

「もうやめよう、怖いし・・・ここじゃやだ」

リエちゃんが言った。

「ごめん・・・帰ろうか?」

「うん、帰ろ」

海浜公園を後にし、俺らはまっすぐ帰宅した。ラブホ行きたかった。

しかし、先刻の続きはすぐに訪れた。

『車庫入れお願い』リエちゃんの車を車庫入れしてエンジンを切る。

車から降りればもう今日という日は終わってしまう。

「リエちゃん・・・俺なんかでいいの?」

『(俺)ちゃんこそ、あたしでいいの?』

「もちろん!俺はずっとリエちゃんが好きだったんだから」

リエちゃんはホントに嬉しそうな顔してた。

おやすみのキスして帰ろうと思ったが、
またディープキスになってしまった。
目覚めた欲棒ははちきれそうだ。リエちゃんのシャツの中に手を入れる。
ホックが外れたのか、簡単にブラの下に手が滑り込む。

「あっ・・・んんっ」

かわいい声。吐息が荒くなってきた。

さっき以上に進みたいと願い、リエちゃんのジーパンを膝まで脱がした。
水色のパンツはブラとお揃いかな?

じっとり湿った部分を右手が這う。

リエちゃんの口からは小さな喘ぎ。

いくら長年お互いが想っていたとしても、
告った即日Hはいかがなものか。

ここでやめれるわけありません。

右手はリエちゃんのパンツの中へ。

飛び込んだ手に絡み付く茂み。

童貞には濃いのか薄いのかわからん。

掻き分けると中指が溝をみつけ、その奥の湿地帯に辿り着く。
ぬるぬると指に吸い付き、リエちゃんの震えは治まらない。

上下に動かしてみると、仮性気味の俺の皮に似た襞がまとわりつく。
愛液に塗れた指はいとも容易く溝をパクリと切り開く。
中指の腹に突起を触る感触が俺の脳に届いた。また一つの感動を覚えた。

これがクリトリスなのかー!

心の中で絶叫した

執拗に攻めると時折ぴくんと震え、甘い溜め息を溢すリエちゃん。

「リエちゃんゴメン・・・もうガマンできないよ」

「うん・・・あたしも」

言い終える前にリエちゃんのパンツも下げた。

薄暗くてよく見えないが、目の前には秘密の花園がある。
俺のベルトを外すカチャカチャという音が生々しい。
俺が脱ぎきる前にリエちゃんが言った。

「(俺)ちゃん・・・あたし・・・初めてだから」

まだ誰にも汚されてない処女なリエちゃんを
今まさに俺が貫通しようとしている。

「(俺)ちゃんは経験あるの?

「俺も初めてだよ、
初めて同士だったら心配しないで」

俺は上手くできるか心配ではあったが。

「そうなの?経験あるかと思った
なんか・・・手つきが」

男性経験の無い処女なリエちゃんも上手いか下手か判断できないだけだろう。
俺は単に必死にまさぐっただけだ。

ついに大人になる瞬間がきた。

この局面で危惧される童貞の弱み、

入れる場所がわからない!

とりあえず威きり勃つ欲棒をリエちゃんの湿地にあてがってみる。
ぬるぬるした愛液でよく滑る。これだけでイキそうだった。
実際は誤魔化してるだけだが、入れるのを焦らすかのように上下左右に欲棒を這わせる。
小さな声でリエちゃんが鳴く。
リエちゃんの湿り気が俺棒にも移ったとき、
俺の淫ディ・ジョーンズは神秘の入り口らしき洞をみつけた。
たぶんここであってる。さっき指で確認した位置のはずだ。
右手で支えながらゆっくり押しつけると、ぬぬっと先端が沈んでいく。

『あぁっ』リエちゃんが必死に堪える。

今俺らは一つになってる。まだ半分も入ってないが。

「痛い?」

『んっ痛っ』

「やめようか?」

『・・・大丈夫』

何か俺の侵入を拒むような抵抗もあるが、振り切るように奥へ奥へ。
初めては痛いとよく聞くが、男も痛いんですね。
なんだかチンコ折れそうな感覚。痛たたた。
苦痛の表情のリエちゃんに悪いので俺もガマンせねば。
まだ根元まで入ってないが、先端に行き止まりの感触が当たる。
今、完全に一つになった瞬間だ。

次はどうしたらいいのだろう?動けばいいのかな?
リエちゃんはマジで痛そうなのでちょっとだけゆっくり動く。
ちょっと引いてちょっと押して。以前見た裏ビデオのような激しさは無理。
一旦奥まで辿りつけば、万遍なく纏った愛液でスムーズに動ける。
俺にはもう痛みはない。むしろいつ出てもおかしくないくらいだ。

『んっんっあっ』

俺の動きとリエちゃんの声がシンクロする。

何年かかったんだろうか。俺の夢は叶った。
いつも妄想でリエちゃんを抱いていたんだ。
なのに今、まぎれもないリアル。
この声も、この熱も、唇も、胸も、アソコも。すべてがリアル。
もうすぐそこまで来てる最終エネルギー波。。。

生で初体験という童貞&処女にはどうすることもできずここで果てる。
正直、たとえゴムがあったとしても付け方がわからなかっただろう。
リエちゃんの中で脈打つ感覚。怒られてもいいようなものだが、
やっと終わった的な安堵の表情を見せてくれた。
マラソンしたあとくらいお互い息が上がっていた。
果てた俺棒はすぐには抜かずにしばらくそのまま待機していた。
愛しいリエちゃんをやさしく抱き包み、長いキスでこの成人式を締めた。

「初めてで中に出しちゃったけど怒らないの?」恐る恐る聞いた。
『(俺)ちゃんだから・・・いいの』「ごめんね」
『・・・ありがと・・・大好き』

たった一日で何年分もの愛を取り戻した俺ら。
いつまでも車庫にいたらバレるかもしれないのでそろそろ帰らねば。
ズルリと抜くと俺汁がトロリと垂れる。
さっきは怒らなかったのに、新車のシートが汚れて怒られた。
半泣きでシートを必死に拭く俺。シミと臭いは取れなかった。
諦めたのか、落胆するリエちゃん。親を乗せるときはヤバいだろうな。
何度も謝る俺にリエちゃんがキスしてきた。

『明日からよろしくね?』「あ、あぁ」

車から降り、もう一度キス。

「リエちゃん大丈夫?もう痛くない?」
『まだ何か挟まってる感じ・・・ジンジンする・・・』
「・・・ごめんね・・・勢いでしちゃって・・・」
『ううん、(俺)ちゃんが初めての相手でよかった』
「また明日も遊べる?」
『うん・・・一緒にいたい・・・』照れながら言う。
「じゃ、おやすみ」『おやすみ』

軽くチュっとキスして小さく手を振ると、
リエちゃんは変な歩き方で家に入って行ったのだった。
俺は帰宅し部屋に入るなり、 リエちゃんの愛液の付着した俺棒を露出させると、
その匂いと脳裏に焼き付けたさっきのリアルな感覚のコンボにて
毎晩猿のように妄想し、繰り返してたことを
リアルに現実に起こり、幼稚園から大好きだった幼馴染との初夜でした

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。