Jカップの超爆乳おばさん店員におっぱいビンタしてもらう

大学生の頃は多少自炊をしていたが

社会人のサラリーマンになると
疲れて自炊する気もなくなってしまった

僕はいつも仕事帰りに
近所のスーパーでお惣菜屋や弁当を買って
夕飯を済ませるようになってしまった

毎日スーパーに行くもんだから
レジの五十路ぐらいのおばさん店員と
軽く会話する間柄になってしまった

その五十路熟女の店員さんは
ぽっちゃり太っているが
Iカップぐらいありそうな超爆乳で
つい、そのIカップの超爆乳おばさんがいる
レジに行くと、おっぱいをガン見してしまう

それで、ある日のこと

「お兄さん、自炊してるん大変やねえ
奥さんも彼女も、いないん?
私が、今度ご飯でも作りに行ってあげよか?」

って言ってきた

よく考えると少し失礼な事言うなあと
思いましたが

僕も、明るく爽やかに
なんと言っても超爆乳が
気になってたんで

「ほんとですかっ嬉しいです
お願いします」

と言って、その場で携帯番号交換

すると、その夜早速電話があり
今から来てくれるとのこと

家の近くのコンビニまできてもらって
そこへ、僕が迎えに行きました

超爆乳おばちゃんの私服は
普通のTシャツに膝までのスカート

Tシャツは、でかすぎる
巨大オッパイで盛り上がっている

早速部屋に案内して
家庭料理を作ってもらいました

お酒も少し飲んで
会話も弾みました

どうも、旦那さんは薬品会社に
勤めていて営業なので
月の半分以上は出張しているとか

子供がいないので
毎日1人で暇なんdなと

それから僕はお酒も少し入っていたので
少し調子にのって
おばちゃんに

「おばちゃん、オッパイ
めちゃくちゃ大きいですね!」

ってセクハラ発言してしまう

すると、あっさり

「触りたい?」

って

やっぱり日頃から、
超爆乳ですから
男性の視線は相当感じるそう

その超爆乳オッパイを
突き出してきたので

「いいんですか」

って言いながら触りました

「触るんなら、もっと思い切り触り」

って、自分でTシャツを脱いでました

それでカップを聞くと
Jカップルだと言うんです

初め味わうJカップのおっぱい

ベージュの薄手の乳首丸見えの
ブラジャーも外して遠慮なくもみまくりました

かなり垂れ気味のおっぱいでしたが
柔らかくて最高の超爆乳熟パイでした

調子にのって、おばちゃんと
一緒にお風呂に入りたいって言ったら
即OK

パンティは、
ベージュのなんとTバックで
エロエロおばさんでした

たまに帰ってくる
旦那さんのためにだそうで

お尻を付きだして脱いでる姿をみて
僕のチンコは、
ビンビンになってしまいました

「まあっお兄さんのすごいなあ」

ってエロエロJカップおばさんは
笑いながら真っ裸になって
お風呂の中で触りまくり

でかめの乳輪も吸いまくり。
その後、おっぱい熟女と
お風呂場で洗いっこ

おばちゃんもかなり濡れてきて、
いつもの爽やかおばちゃんではなく
お色気むんむんHな年増熟女になっている

「お兄さん、私もうおかしくなりそう」

って目をトロンとさせて言ってきたので
ベッド行こうかって言いましたが、
そこまでも我慢出来ない様子です

僕のそそりたったのをくわえて、

「お願い~一回だけでいいからぁ」

っておねだりしてくる
Jカップの痴女おばさん

僕も我慢出来ずに、お風呂のなかで
おばちゃんを壁に手をつかせて
Jカップの超爆乳をもみながら
バックからヌルっと入れます

ガンガン突いていたら
余りに気持ちが良すぎて
勢いで勝手に中出しSEXしてしまいました

その日は、ベッドで
またバックでもう一発

計二発の中出しの不倫SEXで
最高でした

その後も旦那さんの出張中には
Jカップの超爆乳おばちゃんに
パイズリしてもらったり
おっぱいビンタしてもらったりと
Hな大人の遊びをしています

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。