レギンス・パンストフェチで風俗嬢に黒パンスト着衣で素股エッチ

俺はレギンスやパンストフェチの変態で
繁華街で遊んでいたら
ショートパンツにニーハイのjcやJKのロリっ娘や

そして黒の透け透けレギンス着衣した
人妻熟女がいまくりな訳です

もう俺はパンストやレギンスに
興奮しまくりでHしたくて
仕方なくなってしまった

こうなりゃ素人の
パンスト女をナンパしたいが
チキンな為、風俗に行くことにした

新開地駅に行き
ふらふらと風俗選びしていると、
店の奥に黒パンスト穿いた風俗嬢が

黒パンストに魅かれて、入店。

店に入りすぐに先ほどの
風俗嬢を指名

暗がりで体型が見えなかったが
ポッチャリ体型の風俗嬢で
またしても、俺好みの体型の姫だった

パンストセックスに
もってこいの風俗嬢だ

部屋に入り、風俗嬢に
穿いていた黒パンスト直穿きさせ、
着ていたブラジャーをつけさせた

そして、立ってもらい
ブラジャーに食い込んではみ出た肉をしゃぶった

ブラジャーのベルトも
ビショビショになるまで舐めた

カップの上から乳首を吸った

立ったまま前から抱き合い、
ペニスを股の間に入れ素股した

ナイロンに擦れるペニス

俺は挿入したくなり、ベットへ

M字開脚だとナイロン生地が張り、
そのまま挿入がむりなので、
脚を抱え、ナイロン生地を緩め、
パンストごと膣内に挿入

生地を緩めたといえ、
亀頭までしか挿入できなかった

それでも俺は、
梅田にいた薄い黒パンストのjcやjk
黒の透けたレギンス人妻の脚を思い出し、
とにかく膣奥へ突き上げたとき、射精!

しばらく余韻に浸った後、体を離すと、
膣内から精子が付着した
黒パンストが押し出されてきた

俺は再び、ブラジャーの
カップの上から乳首を吸い

脇肉に食い込んだベルトを舐めて吸った

欲望が満たされた俺は、
優雅な足取りで店から出ていったのだ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。