同性の友達に学校で告白され、何故か男同士でフェラチオしていた僕

高校生時代、友達に

「Aがお前の事呼んでるから、階段の一番上の所行って」

と言われ、何の用事だとAが待つところまで行くと

「好きだ!」

と突然告白されたんです

自分も男で、そしてAも友達で男です

自分はノンケで、ゲイには全然興味なかったんですが、

「好きだ」

と告白された事で、
恥ずかしくて顔が赤くなってしまいました。

それをOKと勘違いしたのかAは調子に
のって身体を触ってきました。

「意外といやらしい体してんだな」

とAから言われ、
ますます恥ずかしくなってきました。

恥ずかしさのあまり無言でいると、
いきなりズボンの上から股間を触りだし、
そしてシャツの中に手を入れ、乳首をコリコリしてくるんです

私は、嫌だと思っていても何も言えず、

「んっあぁんっ!」

と、まるで女みたいな
甘い声を出してしまいました。

そのままパンツまで脱がされて、
私はとうとう全裸にされてしまったのでした。

そんな私を見て、
Aはあろう事かおちんちんを取出し、
フェラチオを要求してきたのです。

私もどうかしてました。

嫌がりながらもAのおちんちんを咥えてしまったのです。

フェラされた事もないのに、
まさか自分の方からフェラチオするなんて・・

初めてのチンチン、フェラチオは生臭く、
とても不快でした。

更に手を伸ばして乳首をギューっと
つねってくるのです。まさに悪夢でした。

男同士で一体何をしているんだと思いながらも
断れなくて・・

唯一の救いはAが
スグ逝ってくれた事でしょうか。

Aの精液はおちんちん以上に生臭く、
さらに前触れもなく突然口内に出されたせいもあり、
むせて吐き出してしまいました。

「大丈夫?」

とAは声をかけましたが、
その目はいやらしく笑いを帯びていました。

あの顔は生涯忘れないでしょう。

その後Aはお返しとばかりにフェラチオをして
飲んでくれましたのですが、
そんな事では許されません

私は一生、AとAにアナルバージンを
捧げ、ゲイの道に引きずり込んだ事を
私を許さないでしょう

今ではすっかり肛門を開発され
男同士でのトコロテンプレイが大好きなゲイになっています

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。