肉欲性玩具になった妻のおまんこがザーメンで凌辱される【温泉旅行】

夫婦で温泉旅行に行った時、
妻の痴態を目撃してしまいました

旅館に着くと
まずお風呂に入り
浴衣に着替えさせました

もちろん、下着は一切着けずに
浴衣一枚で、バーへ妻と飲みにいきました

他のお客さんがあまり居なかったせいか、
中年4人組しか居ません

 隣の席で飲んでると、
案の定4人組の視線は

妻の緩んだ浴衣の胸元へ

チラチラ見てるうちに、
一人が話しかけてきたんです

「どちらから?」

「お幾つですか?」

等と、とりとめのない会話で
和んできた所で

「こころ露天って、
混浴なんですってね。
これから入ってきます」

と言ってバーを後にしました

一度部屋に戻ってから、
露天風呂へ

誰も居ませんでしたが、
程なくしてさっきの4人組が入ってきました

妻には、タオルなどで
隠さない様に言っておいたので
お湯の中とはいえ4人からは
裸体が丸見えのはず

「綺麗な肌ですねぇ」

「スタイル良いですねぇ」

などとベタ褒めしてくれてます

実際は、中年熟女の妻の裸体は
それ程でもないのでしょうが

あんまり褒めてくれるので

「良く見せてあげなよ」

と、妻を立たせました

 一人が

「柔らかそうですねぇ」

なんて言うので

「触ってみます?」

というと

「良いんですか?」

と言いながら遠慮がちに
妻のおっぱいを触ってきました

「よかったら皆さんも」

と言うと、全員参加で
男達に恥辱される妻の姿

逆ハーレムの乱交プレイで
妻も堪らず、気持ち良さそうな
声を出すもんだから
4人もヒートアップ

 そしてスケベな妻の手は固くなった
股間に延びて行きました

順番に手でシゴいたり
口に含んだりの性サービス

破裂寸前の4人組は収まりがつくわけもなく

「差し支え無ければ、
お部屋に伺っても構いませんか?」

の言葉に快諾

彼等の部屋に移動しました

そこでまた口と手でサービス

 その間も4人に触られっぱなしで
トロトロ状態

「ちょっと席を外しますんで、
楽しんでてください」

と言い残し、
妻を一人置いて部屋をでました

私はする事も無いので、
ラーメンコーナーに行ったり、
もう一風呂入ったり

自室に戻り一眠り

気付くと深夜の1時を回ってました

 彼等の部屋に戻ると、
驚いた事に8人に増え
妻は凌辱されたような格好でいました

社員旅行で来てたらしく、
同僚も呼んだとの事

8人がかりで輪姦され、
体中ドロドロ

おまんこからも大量の精液を
垂れ流して凌辱された妻が
グッタリしてました

「いやぁ堪能させてもらいました」

と始めの4人組

 皆は各自自室に戻りましたが

「体を洗ってやりたいんで、
手伝ってもらえます?」

と言って、風呂に連れて
行く事にしました

しかし、精液だらけでは
浴衣も着せられないので裸のまま両腕を支えられ

股から精液を流しながら
風呂まで行きました

皆で体を洗い、浴衣を着せて、
この晩はお開きに

 翌朝、朝食バイキングで彼等と再会

彼等は旧知のように話してましたが、
妻は照れ臭そうでした

来月から、彼等の会社の事務パートに
行く事にもなりました

仕事は事務という名の性奉仕をさせられ
肉奴隷のように愛玩されるのでしょう

妻がまた寝取られ、恥辱されるのが
今から楽しみなんです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。