高校受験前に美少女な彼女が出来て、Hしまくりで受験失敗www

高校受験を控えた中学三年の10月

下校し、家まであと数分って時に
忘れ物に気づいた俺はしょうがなく
そのまま来た道を戻り学校についた

そして、放課後の静まる教室に入ったら
同じ班にいるクラス一の美少女同級生がいた

前から自分は
その彩花という美少女jcの
事が好きだった

彩花も忘れ物を取りに来たらしいんですが、
いつも学校ではジャージ姿しか
見られなかったのに
その日はなんと私服

正直とても可愛かったです

それで、教室には俺と
彩花の2人きりなのですが
緊張して何を話していいかが
全く浮かばない

すると、彩花

「◯(俺)ってエッチなの?」

って突然聞いてきた

そう質問してきたのは、
多分自分が学校でしょっちゅう
下ネタを言っているからだと思うw

何も答えられずにいると、
その後しばらく沈黙があり

しばらくすると、彩花が、

「前から思っていたんですけど
◯◯が好きです」

と告白してきたんです

そう言われた瞬間に
彩花に欲情してしまって
告白された嬉しさと、興奮で
馬鹿なエロガキ中学生にな俺は
彩花を押し倒してしまった

彩花は、当然ながら
驚いた顔をしていた

彩花が俺に

「どういう事?」

と言ってきたが
その質問を無視して彩花にキスをしてしまった

彩花の唇は柔らかく
しばらくしておっぱいまで
触りだす暴走した自分

初めて触るおっぱいの
柔らかさに感動してしまう

そして、生のおっぱいを見たいと
セーター捲り、綺麗な美乳に
惚れ惚れしながら乳首を舐めると
彩花は多少感じているようで

「気持ちいい」

と喘いでくれる

それから彩花のスカートを捲ると

「恥ずかしい 見ないで」

「可愛いパンツだね」

と言って彩花のマンコを
純白のロリパンツ越しに触りました

「◯◯って上手だね
気持ちいい」

「じゃあもっと気持ちよくしてあげよっか」

と言ってパンツを脱がしました。

そしてクリトリスを刺激すると、

「いや そこダメ」

調子に乗って彩花の
おまんこを舐めてみました。

「いっく~いっちゃうよぉ」

「いっていいよ」

そのまま彩花は俺の
おまんこ舐めで絶頂してしいました

「じゃあ俺のも舐めて」

と言いました

すると慣れた手つきで
フェラをしてくれたんです

「Hした事あんの?」

と聞くと

「ううん ネットで見た事あるだけ」

本当にそうなのかと
疑いたくなるほど彩花は
フェラチオが上手くて
そんなに持たずに射精してしまった

「入れてもいい?」

と聞くと

「いいよ」

と言うんで、
入れてみようとしたけど、
童貞な俺にとって、
挿入するのは、思っていたより
難しくなかなか挿入できない

しばらく格闘してたらなんとか
入りましたが、
彩花は痛そうな顔をしている

でも自分はそんな彩花を
気にせず腰を動かしピストンしてしまう

「痛いけど◯◯の事好きだから
我慢する いいよ動いて」

と滅茶苦茶愛されている俺は

嬉しさのあまり、
早く動かしてたら射精しそうになり

「彩花 好きだよ」

と言って中出ししてしまった

その後は付き合う事になり
受験勉強しなければいけない時期に
Hばっかりして、志望校を落ちてしまいましたw

でも、後悔はしていません

彩花と過ごした青春時代は
俺のとって今でも宝物です

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。