【ブス専】Aカップの貧乳ブサイクおばさんのドス黒いアナルを舐めて、性処理ペットにする

出会い系アプリで
知り合った貧乳ブサイク熟女と即パコしてきた

「今から遊べる人募集!」

ってあって、
即ハポ出来るならとプロフィール見ると
ブサイクだけどスレンダーな四十路熟女

俺はどっちかというと
ブス専で、可愛い子よりも
ブスな女にムラムラするから
俺にとっては都合のよいブス熟女だった

メールでは

「どこで何して遊ぶ?」

みたいなのから入って、
聞けば待ち合わせ場所は
俺んちの近所でスグ

ソッコー行けるよっつったら
トントン拍子に話がまとまった

タイミングが良かったんだろな

この時点ではまさか即パコ
出来るって思っていなかったので

ふつーにカフェでも
行こうよ的なノリだったし

で、待ち合わせしたら、
下記のようなおばさんが現れたわけ

服装は、緑のタンクトップに
細身のパンツ

サンダルで、適度に体のラインが
強調されてたが

スレンダー貧乳のラフな格好した
ブサイクおばさん登場

俺はといえば、
普通のサラリーマン

どこにでもいるような普通のおっさん

ま、出会い系で遊ぶのも慣れてたし
ゴハンだけの付き合いでも
全然ありだと思ってたから

この時も平常心だったんだが
ブサイクおばさんの話を
聞いてぶっ飛んだ

会えば必ず聞く話題で、

「どうして出会い系したの?」

とか、

「何人くらいの男と会ったの?」

とかあるじゃん?

この時もきっかけ作りのために
その質問をしたんだけど
したらそのブスおばさんが

「う~ん50人ぐらいかなー
キモチイ事すきだし、
後でラブホいこうねー」

とエロエロアゲアゲな
ブサイクおばさん

SEXする気満々の
貧乳ブサイクおばさんに
ムラムラしてしまい

店を出て、さっそくラブホIN!

ラブホに入り、すぐ襲うと
おばさんも激しく舌を絡ませ
唾液交換してくる

そしてタンクトップの中に手を挿れ、
ブラを外し、おっぱいを触ると
本当にぺったんこで
干しぶどうのようなデカイ乳首が
ポツンとついてるだけ

「私の乳首可愛いでしょ?」

とおばさんは自分の乳首を
抓ってコリコリして
アピってくる

メンヘラな馬鹿おばさんと
再確認し、無茶苦茶乱暴したくなって
乳首を強めに引っ張ると

「あっやだぁ~あっ~」

と悶絶しはじめる

そのアヘ顔もまたブサイクで
ブス専の俺には堪らない

ベッドに押し倒し
ズボンとパンティを脱がし、
マンスジに指を添えると
婬汁でドバドバ濡れまくり

強烈なチーズ臭するクサマンで
俺は割れ目を開くと
勃起した大きなクリトリスを飛び出てくる

チロチロと舌先で舐めてやると

「あっやっ~シャワ-も浴びてないのにぃ」

とヨガりながら俺の頭を掴んで
おまんこプレスしてくる

言ってる事とやってる事が全く違うが

どうやらM女で虐められるプレイがお好きなよう

俺はブサイク熟女の細い足を持って
マンぐり返ししてやる

おまんこはクパァ~と開かれ
ドス黒アナルもひくひくしている

「あれ?アナルファックも経験あるの?
なんか凄い使い込んだ色してるね~」

「いやっ~そんな見ないで~
恥ずかしぃい~」

「まだ何もしてないのに
肛門がクパクパ開いたり、閉じたりしてるよ
スケベなアナルだねー」

「あっ~いじわるぅ」

「ほら、アナルをどうしてほしいの?
言ってごらん」

「いやん」

俺はマンぐり返ししたまま
お尻をギュっとつねる

「あっ痛いぃい~」

「ほら、言ってごらんよ
どうされたいんだ?」

「あっ~ん、触って、舐めてもらいたいのぉ」

「俺にウンコ臭いアナルを
舐めろっていうのか?」

「あ~ごめんなさぃいいい」

メンヘラ馬鹿おばさんは
トロトロのエロ目になっている

そして、俺はドス黒いしたアナルを
舌先で軽く舐めると

「あっ~恥ずかしいけど、
キモチイいぃい~」

って肛門もひくひくさせまくり

ブサイクメンヘラおばさんの
痴態に俺は興奮し
ウンコ臭いアナルを舐めまくり

このままアナルファックしようと思ったが
浣腸道具もないので、
おまんこに挿入してやった

騎乗位で下から鬼突きピストンしても
まったく揺れないAカップの貧乳おっぱい

大きい乳首が振動するように
プルプル震えるだけ

ブサイクおばさんは獣のように
喘ぎまくりで、自らもグラインドして
俺に抱きついてくる

そして座位でメンヘラおばさんと
キスをして、見つめ合いながら
腰をグラインド

「あっ~凄いぃい~
キモチイところにあたるのぉ~」

「スケベな奥さんだなー
どうしょうもない馬鹿ババアじゃねーか」

「あっ~酷い事いわないで~」

「しょうがねえから、
俺が飼ってやるよ
おい、ババア、俺のペットになりたいんだろ」

「あっ~なりたい
ペットになりたいんです
だからいっぱいいっぱい突いてくださぃ~」

「じゃあ今日から俺の性処理ペットな
嬉しいだろ?」

「嬉しいですぅう~
ペットで嬉しいですう」

従順なメンヘラおばさんを
犯すように正常位で鬼突きファック

そしてイク瞬間に、チンポを抜き出し
顔射してやった

おばさんはザーメンを拭き
嬉しそうに俺に絡みついてくる

不思議なもんで

賢者モードになると
ブサイクよりもやっぱり可愛い方がいいなぁって
思うようになるんだよ

ムラムラしているとブスの方が興奮するだけど
射精して、賢者モードになると
ブサイクババアとラブホに二人っきりで
いるのが我慢出来なくなり

俺は用事が出来たと
丸わかりの嘘をついて、
ババアを一人残し退散した

ブサイクババアからたまにメールが来るが
ムラムラした時だけ相手して
抱いてやっている

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。