アナニーし過ぎた結果、ゲイの担任教師に贔屓されるようになってしまった・・・

アナニーは中毒性がありますが
やはり注意点もあるんです

俺は、アナニーにハマりすぎて
肛門の付近に膿の溜まった
腫れ物が出来てしまった

でも最初は特に気にせず
さらにアナニーライフを続けていたのですが
その腫れ物がどんどん大きくなっていき

ついには痛くて椅子に
座る事が出来なくなった

朝、母親に

「痔になったみたいで尻が痛いから休むわ」

と言うと、休んで良い代わりに
強制的に病院に連れて行かれた

病院の可愛い受付のお姉さんに

「今日はどうしました?」

「あ、痔で」

と言ったり、医者とナースにケツ丸出しで
診察されたのもかなり恥ずかしい

何故か後ろに立って
一緒に聞く母親の前での診察結果

「これは~、痔でなくて、
肛門周囲膿瘍ですね、原因としては
肛門の酷使が考えられます」

との事

日常生活で免疫力が落ちている時なら
出来てもおかしくないという事でしたが
普段自分がやっているアナニーが
後ろめたく、恥ずかしい事があるだけに
血の気が引いてちょっと青ざめてしまいました

しかも親が聞いてる!

帰り道、車の中で無言の俺に母親が一言

「あんた…男の人と付き合ってんの?」

んなわけあるかって感じで
必死で否定しましたが
事実もかなり恥ずかしい

しかも、その後何日かも学校に行けなくて
その報告を親が律儀に
担任に事細かに説明してしまって

久しぶりに登校した日、男の担任に

「大事なところだからな」

と腰から太股を
撫で撫でまわしてくる

違う!俺はゲイじゃない

ただアナニーにはまってるだけなんだよ!

って叫びたかったが
言えるはずもなく

密かに生徒達にゲイと
噂されていた担任に
あの日以来、俺は贔屓されるようになってしまった

もちろんゲイの担任と
肉体関係はなかったですよ

でも、やたらと俺に対して
ボディタッチが多くなって
困ってしまいました・・

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。