超能力を持つ巫女のような不思議な風俗嬢がいた【ループ体験】

金津園の風俗体験談です

金津園の風俗の中でも
高級風俗店として有名なお店がある

庶民な俺なんかだと
高級風俗店には本当にたまにしか行けないが

そこに新人泡姫が入って
ネットでけっこう評判良かったから
入ってみた

評判どおり、可愛い泡姫で
とても礼儀正しい

即即した後

煙草を吸おうと自分の
セカンドバックに手を伸ばすと

「煙草持ってないんでしょ?
ハイライトなら買い置きがあるよ」

と、新人泡姫が

そんなはずは無い

朝新品を開けて

まだ5~6本しか吸ってないはず

でもいくら探しても見つからない

それより、何で俺がハイライトを
吸ってることを知ってるんだ?

「さっき喫茶店でコーヒー飲んだとき
忘れて来たんでしょ、はい、どうぞ」

そう言って、新品のハイライトを空け
火を付けて俺に渡した

「ねえ、何でそんなことが
わかるの?ひょっとしてさっき
あそこの喫茶店にいたの?」

「ううん(笑)、貴方がコーヒー飲んでた頃は
出勤途中で、タクシーの中だったよ」

「え?え?え?」

「うふふ(笑)」

超能力か?

気味が悪いなと思ったけど
泡姫があまりにもあどけなく
可愛いので

とりあえず俺も笑って

「へえ、凄いなあ」

などと言って
その場ではそれ以上追求しなかった

それからしばらくして、

「もうすぐ○○さんにいいことがあるよ」

と巫女のようなお告げをする泡姫

程なくして俺の携帯にメールが

「やりましたね
3000円付きましたよ
俺も○○さんに乗ったんで、
一気に取り返しました」

中京競馬場に行ってた
同僚からだった

メインレースだけ頼んで買ってもらった
馬券が当たったのだ

「ねっ(笑)」

背筋が一気に寒くなった

「ね、ねえ、な、なんで?」

「内緒っ」

「ちょっと、
マジ怖いんだけど」

「どーしよっかな
わたしの話聞いても引かないでね
お客さんいい人だから教えてあげるわ
実はわたし2回目の今日なの」

「はぁ?」

「わたし死んだの」

「そして生き返ったの」

「あたし、今日夜、帰り道で
車に跳ねられて死ぬの」

おいおい、この泡姫は
何を言ってるんだ?

ヤク中のキチガイか?

「そうしたらね、凄く広いお花畑にいるの
でもお花は白黒なの
わたしはどうしたらいいのかわからず
うろうろしていると
一箇所凄く明るくなってる場所があって
そっちに近づこうとしたの
でも、何だかそこに
行っちゃいけないような気がして
やっぱり引き返したの
でもその明るい場所は、どんどん大きくなって
私を飲み込もうとしてね、
わたし走って逃げて、頑張って走って
そうしたらなんか落とし穴みたいのに落ちたの

「お客さん、よく眠ってましたね
付きましたよ」

わたし、マンションから
いつもタクシーでお店に来るのね
朝弱いから寝ちゃうこと多いんだけど
運転手さんに起こされて

「あれ?夢だったのかな?
でも凄いリアルだったな」

と思ったんだけど
お店始まっちゃうから急いで
控え室に行って、準備したの
それで、最初のお客さんで
貴方が入ってきたのよ
私にとっての昨日と同じ貴方が」

全身鳥肌が立ち
震えている俺の手を姫は握ってくれた

「でもわたし今回が初めてじゃないの
子供の頃、まだ保育園に入る前なんだけど
同じようなループ体験があるの」

そこまで泡姫が話した所で
タイマーが鳴った

「あ、時間だね
シャワーは石鹸無しの方がいいんだよね
奥さん臭いに敏感だから」

もう何が何だかわからなくなって
俺も笑うしか無い

顔は思いっきり引き攣ってたが

最後に

「また来てね」

と言い、DKした姫の舌は
何だか冷たい感じがした

「え、でも今日の帰りに
車に」

「今日はココの近くのホテルに
泊まることにするからきっと大丈夫だよ」

それからしばらくの間
毎日ネットで彼女のシフトをチェックした

時々、予約する振りをして、電話で在籍の確認もした

「お客さん、あの娘人気あるんで
すぐ予約埋まってしまうんですよ」

元気に働いてるようで安心した

俺が入ってから3週間程で
理由はわからないが彼女は退店した

もう何年も前の話

何だか誰にも
話しちゃいけない気がしたから
ずっと俺の心の中にしまっておいた
風俗で体験した不思議な話です

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。