隣にスケベで淫乱痴女な女だらけの家族が引っ越してきた

俺が中学生の時
嬉しいHなハプニングが起きた

俺の住む家の隣に
マンションが建設され
いろんな人が引っ越してきた

それで俺はある痴女だらけの
淫乱家族と仲良くなった

その隣近所は、
エリさんというきれいなおばさんで
おばさんの娘は、大学生のユカ姉ちゃんと
高校生のタマキちゃん

お父さんは単身赴任の
女性だらけの痴女家族だったんです

最初は、おばさんたちは
僕を弟のように仲良くしてくれた

マンションにお泊りすることも
しょっちゅうあった

しばらくは僕も
家族団らんみたいで
純粋に嬉しかったんだけど
当時の俺は中学生だし
やっぱ女の人を意識しちゃう

僕は真剣に悩み、やっぱりまずいと決断

お泊りをやめることにした

で、であってから二ヶ月くらいの日

最後のつもりで食事に誘われ
ゲームして遊び
おばさんたちは酒を飲み始めた。

JDのユカ姉ちゃんと
JKのタマキちゃんが先に寝た

僕とおばさん二人になったところで、
もう来ないことを話した

おばさんたちは悲しそうな顔をして
僕に抱きついてきた

たぶん酔ってたせいだと思う。

「おばさんのこと嫌い? 
ゆっくん(僕)のこと好きなのに」

おばさんはそう言って
大きな胸を押し付けながら
僕の背中を撫で回した

僕はびっくりしながらも興奮して
されるがまま

もちろん完全に勃起した

それに気付いたおばさんは
僕のチンチンを揉むようにしながら
キスしてくる

僕はそれで理性をなくして、
おばさんの口を吸いながら腰を振り
ズボンの中にあっさり
射精してしまった。

「あらあら。いけないぼうやね」

ちょっと演技っぽい声でいいながら
僕のズボンを脱がし
精液だらけのチンチンをぱくっとくわえ
フェラチオしてくる

淫乱痴女なおばさんも興奮してて
すごい勢いになり
僕がすぐ勃起して
イキそうになると、
おばさんは離れてパジャマを脱いだ

あとは言葉もなく、僕は興奮のままに
おばさんの胸を揉みながら吸い
おばさんは普段と違った
可愛いエロい声で喘いだ

僕の興奮を悟って、
おばさんはおまんこを開いて

「ここよ」

といってくれた

童貞だった僕は
指示されるままに挿入し初体験した

淫乱おばさんの柔らかい身体に
抱きつきながら
腰をひたすら動かして中出し射精

おばさんも気持ちよさそうな
アヘ顔になっていた

その後、一緒にお風呂に入りながら後ろから挿入

ボディソープで泡だらけになって

抱き付いて こすりあったり
いろんなHなことをした

僕のお尻まで舐められたときは
さすがにびっくりしたけど、
気持ちいいからすぐ受け入れた

僕のチンチンが
さすがに勃起しなくなると

あとはキスしたりくすぐりあったり
イチャイチャっていうのか
そういうふうに朝まで過ごした

そうなると僕は猿みたいに
毎日Hを求めるようになり
おばさんも嬉しそうに応じてくれた

一週間後、ユカ姉ちゃんに
見つかった

そりゃそうだ

ユカ姉ちゃんは
おばさんたちが帰ってこない日の夜

「母さんとのH,知ってるよ」

と言ってきた

僕は怒られると思った

でもユカ姉ちゃんは

「ゆっくんのチンチン
大きくて狙ってたの」

というと、僕にキスしてきた

僕はどうしようかと思ったけど
欲望に勝てずにHしてしまった

おばさんとのHでテクニックは
身についていたから

ユカ姉ちゃんを何度も
ガチイキせることができて、
嬉しかった

それで、おばさんのときみたいに
朝までベタベタイチャイチャH

すごく可愛かった

おばさんとユカ姉ちゃんは
僕を共有するという話になった

もちろん嫌なわけない

日付を決めて僕とH

たまに3人乱交の親子丼SEXもあり
スケベで淫乱な家族と官能小説のような
生活を送っていました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。