小学生の頃に、塾のロリコン先生におっぱい触られながらペッティングされた

早熟で、小学校低学年から
Hな事に虜になったんです

私は幼い頃は、
小柄で色白ロングヘアーで
大人しかったので

「お人形さんみたいね」

と美少女扱いされていました

私がエッチなことに
目覚めてしまったのは
小2~3の頃

ある夏の学校帰り、夕立にあい
慌てて家に帰ったんですが

家の鍵をどこかへやってしまって
雨に濡れながら困っていたら
近所の個人経営の学習教室の先生
(当時20歳代後半~30歳くらい?)が

「美菜ちゃん
しばらく雨宿りしていけば?」

と教室に入れてくれました

その日は、その塾は休み

子供が一人もいなくて
いつも賑やかな教室が
しんと静まり返っていて
私は妙に緊張していました

しばらくして塾の先生が

「こっちに来て、濡れた髪
どうにかしないと、風邪ひいちゃうよ」

と教室の奥の
部屋に通されました

先生は、大きめのタオルで
私の頭をゆっくりと拭き始めました

「服も、ビッショリだなあ
このままだと、風邪ひいちゃうよなあ」

先生は、私の服に手を掛けて

「乾かしといてあげるから
脱いじゃいなよ」

と言ってきました

「えっでも」

脱いだら、裸になっちゃう

先生は私の返事を待たずに
一気に服を脱がせてしまいました

まだ、小2なので
本当に幼児体型だったけど

おっぱいとかオマンコを見られるのが
すごく恥ずかしくて

だけど抵抗もできずに
そのまま裸で立ち尽くしてました

先生はタオルで私の身体を拭きながら
さり気なく、まだ膨らんでもいない
おっぱいを触ったりしてました。

そのまま、されるがままになっていたら
そのロリコンの先生が耳元で

「美菜ちゃん 可愛いなあ」

そう囁くと
乳首をチロチロと舐めてきました。

ビックリしながらも
恥ずかしくて、くすぐったくて

しばらく我慢してたら
先生は私を抱き上げると
ソファーの上に寝かせました

「気持ちイイこと
教えてあげようか?」

私はわけもわからなかったけど
先生のいう事聞かなきゃいけないと思って
黙って頷きました

先生は私の頭を撫でながら、

「恥ずかしくないからね
大丈夫だからね」

と、そっとパンツを脱がせて
おまんこを触り始めました

初めて触られるところで
やっぱりくすぐったいのと
恥ずかしさでいっぱい

ロリコン先生は、触ったり
広げて眺めたりした後に

おまんこをペロペロと舐め
ペッティングを始めました。

「ゃっ」

小さい声で抵抗したけど
先生は構わず舐め続けて

嫌なはずなのにだんだん
気持ちよくなってきてしまい

ドキドキして
自分の身体がどうにか
なっちゃいそうな感覚

ずっと、

「ぃや やだ」

って首を振っていました

しばらくして
急に身体が浮き上がる感じがして

「ッあッんッゃあ~ッ」

そんな声にならない
声を出してしまった気がします

その直後、雷に打たれたように
体中がビクビクし

おまんこの中が
痙攣してしまった感じ

動けなくなってる私に
ロリコン先生が

「気持ちよかった?
こんなに幼くても、イクんだね」

って

その頃は「イク」なんて
言葉も知りませんでした

その日をキッカケに

ロリコンの先生と小学生だった私は
教室が休みの日は
Hなことをし続けていました

ロリコンの変態先生には
Hなコトすべて、教わりました

学習教室の先生と
そんなコトがありながらも
小5のときの担任の先生(20代半ば)とも
Hなことをするようになってしまいました

そして、2人のロリコン先生と
最後まで・・

Hして処女喪失したんですが

その私のロストバージンした話は
今度投稿します

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。