母子交尾を初めて体験した夜

小学生の頃から
母子家庭で母と自分の二人暮らしでした

近親相姦、母子相姦を
実際にしてみたいと思ったのは
最近なんです

それまで
母に対してエロスを感じる事は
なかったんですが

よくある母に対して徐々に
も、まったくありませんでした。

ただ、母とは二人三脚的な
普通の母子家庭でした

あっさり大胆な母とは友達感覚で
外では名前で呼び合ってました。

 オナニーのこと
彼女との初体験のこと
母の経験などよく報告していました。

「避妊だけ気を付けてね
相手傷つけないようにね」 

母からの性に対するアドバイスは
それだけでした

ところが、その友好関係に
俺から崩した感じになってきました

近親相姦への興味から

でも母の下着など悪戯とか
そんなことはしませんでした。

 陰険にとられる事は
母はあまり好きじゃないし
あっさりした母には有効ではありません

それから俺は露骨にオナニー

エロ本、DVDなどこれまでは
きちんと隠していましたが
デッキに入れたまま
ベットの枕元においたまま

ドアを開けてそれらを視たり
オナニーしたり

 

母がそれを目撃したり、
盗み聞きしたりするのを
正々堂々とやり始めた

ある時決定的なことがありました

 
その時は気を抜いていましたが
母がいないと思って、新入手した
DVDを見ながらオナニーしてました

 
ふと気配は感じて後ろをみると
母が立っていました

 
俺は少々びっくりした感じで、
でも「ありゃーーー」と

平然とオナニー

こういう異常で過激な
シチュエーションのとき
平然としようと決めてたんです

 
母は少々躊躇しながらも笑いながら

「ドア閉めるか、こそっとできないの?」
 

と笑ってました。

 
俺は

「ごめん。あーあ
視られたものはしょうがない」

と笑って返す

 
それからしょっちゅうそういうことがあって、
母と話しをする時に性教育的な
展開と雰囲気で語りをいれました

 母もいつものように
まったく照れずにいろいろと

 

俺はH経験が一人で
2-3回しかないことや

毎回気持ちよくなかったこと
相手があまりH好きじゃなく
保守的であること

俺も今だHとかいいものとは
思えないことなどを話しながら
目的は母に女を教授してもらう方向でした

 性欲の話をし
DVDとかで処理するのもね

かといって風俗は嫌だし、
かといって彼女作るとか
すぐには出来ないし

もともとモテないし

などと

 
母は

「あせらんでもいいじゃない
そういう彼女が出来るって」

となかなか俺の目的からすると
ガードが硬いというか

 

その晩から、ちょっと俺は
露骨過ぎにオナニーや雑誌など
散乱するようになり母の心配を期待した

 

そして母がさすがに真剣に

「ちょっと興味あるのわかるけど」

というように

 

そして俺は母に素直に話し
妄想を断ち切るために
などといろいろ言って

最終的に母に教えてもらい
相手してもらうことを切り出した

 母は

「はぁー」

と笑いながら

「なんデそんな事いうの
私びっくりするじゃない」

 
確かに息子が近親相姦したい!って
告白されたら
びっくりするだろうね~~
と落ち込んでいた

 

それからも俺はしつこく
あっけらかんにオナニーなど
目撃される方向で

 そしてちょっと長かったけど、
母が俺の望みを聞き入れてくれることに

母の性格や雰囲気の
読み違いがなかっただけだった

 

まずは俺、一緒にお風呂に入ること
提案したんです

母は「かわいいね」と

 

恥ずかしがらず全裸を母に見せ

「どう?大人になりましたか?」

 

母は笑いながら見て

「ごりっぱごりっぱ!」

など

 

その時母の裸をじっくり
見たのは数年ぶり

「かーちゃんも年の割には
女性を保ってるね」

という と

「あら、そう?
そうゴマすらなくてもいいわよ」

などと言ってた

 

数年ぶりに親孝行的に
背中を流したんです

 母も流してくれて、
俺は勃起したのに
少々恥ずかしかったが、そのままでした

 母が勃起してるのに気づき

「あら・・・ごりっぱ
若いだけあってこれでも大きくなるのね」

 

とか言い雰囲気よく風呂を上がった

それからどうするか展開に少々戸惑った

 母が部屋に戻ったので
しばらくして俺は母の部屋に
パンツ一枚で

 母は鏡台で髪を乾かしていて無視

俺は母のベットに座った

 すると母がドライヤーの電源を切り
俺の方に歩いてきて俺の頭をなで
少々無言ののち、母は布団に入り俺に

「こっち入りなさい」

「一緒に寝よう久しぶりに」

俺は速攻で布団にはいりながらも

「一緒に寝よう?」

目論見とは違うのかな

と思いながらも、最悪、
一緒に寝るだけでもいいや!

と追求はしなかった

 しばらく天井を見ながら
母と並んで寝てるカッコウ

 俺はちんちんを
なにげなくいじりならが
そして出して触っていた

 母とは

「ひさしぶりだね」

との普通の話をしてたが、
布団の中とはいえ、密着して寝てるので
俺が下半身ゴソゴソしてるのが分かったらしく

「もうちょっとHな本とか、ビデオとか
控えなさい。見るなと
いうつもりないけど
ちょっと心配するぐらいだから。ね」

 とだけ母が。俺は、

「うん、ちょっと見すぎかも」

と素直にいうと大笑い。

 母にさらに密着

横向いた時出したままの
ちんちんが母のふとももに

 母は

「ちょっと、変なものがあたってる」

と、俺のでこを叩いた

 母にあやまり母の胸に顔を埋めると
母は頭をなでる格好で、ギャグ的に

「ねーんねん♪」

と鼻歌を歌い始めた

 俺が母にさらに抱きつくと母が、

「来なさい。母子で変だけど
.もういいから来なさい」

と俺を許してくれた

 俺は母に

「来ます。ありがとう」

といって母の上に乗りました

 母はそれ以上なにも言わず
ただ目を閉じたり、
ときおりパッと目を見開いたりしてました

 母のおっぱいに女性として
愛撫するのは緊張しました

 乳首を普通に舐めていいものか
意外に緊張というか動作が鈍り

 でもそのまま動かないわけにもいかず
最初は母のおっぱいを
ずっと揉んでいました

 そして緊張をとるように

「赤ちゃん以来、頂きます」

とギャグ飛ばしながら

母の乳首をコロコロ舐めて

 赤ちゃんは舌で転がしたり
乳輪を舐めたりはしないと思うが

 もうその時は、母と意識するのをやめ
女性として口を次第にへそまで這わせ

布団をまくって母の下半身を
薄水色の結構綺麗なパンティー

 黒いアンダーヘアーが透けていて

女性として感じました。
 

なぜか母に

「パンティーとっていい?」

と聞いた

 母が笑いながら

「とって」

といいながら
苦労して脱がした

母の熟女オマンコ

割れ目が長細い綺麗なオマンコ

 思いっきり口をつけると
最初は石鹸の匂いだったが
すぐに少々むせる女性のあの匂いを感じ

 

躊躇しながらも
舌をつかって母のオマンコを
舐めはじめる

母は少しだけ声をあげて
両手を俺の頭に添えていた

 前戯そこそこになぜか
早く終わりたかったので、
母の腰をひいた

 母に覆いかぶさるようにゆっくり

手で手伝ってもらいつつ母とひとつに

 母の、当たり前だが
初めて入るときの

「あっ」

という卑猥な声とエロい表情

 腰を動かすときの母の表情は
こんななのか

少々興奮と驚きと意外性の中、
すぐに出そうになり抜いた

「出そうだから」

というと母が、重々体を起して
俺のあそこを手にとり、
体勢変えて手でシコシコと
手コキしてくれて
そして射精した。

 母とそれから気持ちよく寝た

 それが母との初体験。

 それからしばらくして

「いっしょに寝よう」

って枕をもってはいると母は笑って無言

 2度目がすんなり母子交尾

 それからです

余計なこといわずにたまに
枕をもって

「いっしょに寝よう」

だけで、最近はバックからもやったり
普通の異性との
セックスになっています

 日常は一切そういうこといいませんし、
態度に出しませんが

枕をもって母の部屋に入り

「いっしょに寝よう」

それが合言葉で母と
近親相姦Hをするようになり
母に対してエロスを感じるようになりました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。