【ラブコメ体験】キモオタ大学生が鬼ギャル女子校生三人組にカツアゲされたwwww

祝!俺w

キモメン大学生の俺が
無事童貞卒業できたんです

今日はキモメンな俺の
初体験を投稿します!

俺は大学の帰りは
自転車で帰ってるんだが
家まで凄い狭い田舎道がある

だいたい横幅二人ぐらいしか
入れない狭さ

まぁ俺が帰宅する時間は
遅いから人はほぼいない

いつも通り颯爽と
ドヤついて自転車漕いでたら
なんとその道に三人の
鬼ギャル風のJKが
並んで歩いてたんだよ

その鬼ギャルJKを紹介すると

ギャルAは金髪、ルーズソックス
ミニスカで派手な化粧だが超可愛い

ギャルBは黒髪ロングで
やはり派手な化粧だが美人

そして最後に
ギャルCは豚

ちなみに豚JKは
ギャルビッチ二人の後ろにいた

で、俺は自転車置き場で
俺の自転車が引っ掛かって
とりあえずイライラしてたわけ

だから、いつもなら
そんな鬼ギャルJKに
ビビってたんだがね

そん時はイライラが勝ってたんだわ

で、邪魔だからベル鳴らしたわけ

そしたら三人共振り返ったわけだが。

その内の豚が
舌打ちしてどかなかったんだよ

多分キモオタの俺が
弱そうに見えたんだろうな

んで結局どかないから
俺は自転車から降りて

「どいてください」

と言ったわけ

そしたら糞豚が

「は?なんて?」

とかほざくわけよ

だから俺が

「あの、通りたいんでどいてください」

といったんだが
そしたら三人の鬼ギャルJKが
爆笑し始めた

「ウケるんですけどーw声ちっちゃw」

「女にビビってんのかよww
キモーイ」

みたいな声が聞こえた

そんな状況で俺はイライラよりも
チキンハートが勝っちまったわけだ

キョドる俺、なんかいつの間にか
こっちを見てる三人鬼ギャルJK

とりあえず早く帰りたかった

「あの、本当にどいてください」

といったんだが

もうすでに半泣きな俺ww

これだからギャルは嫌なんだよ
怖いんだよと思った

そしたら気付かれたらしく
三人の内の一人が

「こいつ半泣きじゃね?」

とビッチな女子校生にバレてしまたt

もうその時点で晩飯のことを考えてた

そしてマジで手が震えだした

自分の情けなさに
本当に嫌になった

その後も鬼ギャルたちの嘲笑は続く

俺の反論は
まるで取り扱ってくれない

そしてキモオタの俺は泣いてしまったwww

「う…本当すいません
通してください」

すすり泣いていた

自分の弱さと、キモさに

しかしやつらは悪魔だった。

「こいつ泣いてるよw」

「きもっww」

相も変わらず罵詈雑言の嵐

もう俺は泣くしかできなかった

そしたら豚が

「泣いたってしかたねーんだよ
てか不審者で通報すんぞ」

とか言い出した

ただ自転車で通りたいだけなのに
不審者で通報されるってなんだ・・

俺はパニック状態になり
もう謝りまくった

こんな状況じゃ頭も回らず
ただただ謝った

そしたら三人のうちの一人が

「なんか飯奢ったら許してあげる」

たか言い出した。

おれは貧乏学生だから、
そんなことはできない

流石の俺もこれは無理と思った。

断ろう、そして謝ろうと

「わかりました、奢ります」

断れなかった

そしたら三人は
それで許してくれることになった

まぁ地獄から抜け出したと考えよう

プラス思考に考えることにした

しかし、そんなに金がない。

「あの、あんま金ないんで
そんなにいいもの奢れないんですけど」

と、一応確認した。

「使えねー男だなww
だからキモいんだよ」

と罵られた

そしたら超可愛いギャルAが

「とりあえずマックでよくね?」

と提案してきたので。

他の二人も承諾した

そしてマックに行くことに

そして約10分でマック到着

やつらは平然と
セットメニューを頼みだした

俺はチーズバーガーと水を頼んだ

豚はダイエット中とかほざいて
ダブルチーズバーガーのセット頼みやがった

普段はどれだけ食べるのですか
と聞きたかった

んで、4人で食うのかと思って
少しだけwktkしてたが、それはなかった

一つ席をズラされて、俺一人
ギャル三人という別れ方

これってカツアゲじゃねーか!
と思ったがチキンな俺は無言

さっさと食って
トイレという名目で帰ろうかと思った

しかし、やつらはそんな甘い手は通じなかった

豚がポテト食いながら

「帰ったら許さないから」

とか脅迫してくる

お前何様なんだよ

俺は一人でチーズバーガーを
食いながら切なくなった

そして俺がチーズバーガーを食べ終わり
どうやって脱出しようか考えてたら
ギャルAが

「こっち、来なよ」

と言ってきた。

そこで俺は

「はい!」

とか言いながらのこのこ座らせて頂いた

それで座った矢先
質問攻めを受けた。

ギャルB「てか、あんた何歳?」

俺「20です」

豚「嘘、年上?きんもーww」

ギャルA「なにやってんの?ニート?」

俺「大学生です…」

豚「こんなキモいのが大学生とかwキモいww」

ギャルA「何でさっき、泣いたの?」

俺「なんか…自分が情けなくて」

豚「うわっ、きもっww」

などと、そんな感じの質問攻めをされた

その時はすでにネガティブではなくなり
むしろ鬼ギャルJKに
囲まれている状況を楽しんでた

化粧はすごかったけどな

そんなこんなで俺に
対するいじりをしていたら、22時を回っていた

そんなこんなでいじられるのも楽しかった

というより10代女子校生と
話せたのが楽しかった

流石に時間がまずいかなと思いつつ
それを言わなかったんだが

豚が気付きやがった

「もう22時だけど、みんな帰る?」

まぁ実際帰るなら帰るで良かったんだが、人生のモテ期を使い果たしたような気がした。

ギャルA、Bも

「そうだねー」

ということになり、帰宅することになった。

そして帰り道。

あの狭き田舎道がギャルたちも同じく帰り道だった。

そこへきて豚が

「さっきあんたここで泣いてたよねww
キモかったわw」

と、一同爆笑

豚に言われたのが腹立ったが
俺は我慢して笑った

帰り道、俺と豚は後ろ、ギャルA、Bは前という
フォーメーションで歩いていた

やつらの会話は凄かったな

これがビッチたる所以か、と納得したな。

とかなんとかしてたら、俺の家に着いた

ちなみに俺は一人暮らしなので
ボロいアパートに住んでる

「あ、ここ家だから、じゃあね」

と、すでにさらっと
タメ語が話せるようになっていた

鬼ギャル三人は

「うわっ、ぼろ屋敷じゃんw
こわっww」

などと言っていた

そして俺はアパートに自転車を止め
別れを告げようとしたら
なにやら三人でひそひそと話していた

ひそひそ話が終わり
ギャルAがこっちに来た

すると、

「アド教えてよ」

って言われた。

とりあえず俺は
突然のことにキョドった

「え?う?」

反応しきれなかった

そしたらギャルAが、

「あんたの番号教えてよ
金ない時呼ぶから」

そういう事だった

また年下のギャル女子校生に
俺はカツアゲされるのか・・

そして俺はアドレスと番号を教えた

「あ、そっちの番号は?」

と、さり気なく貰おうとしたが

「いや、教えるわけないじゃん
うちらがかけた時出ろし」

と、相手の番号は分からずじまいで
1日が終わった

そして二日後ぐらいだったかな?。

夜7時ぐらいに知らない番号からかかってきた。

「はい もしもし?」

「やっぱ出たwあんた今から飯奢ってよ」

ギャルAだった。

「今から…?大丈夫だけど」

実際かかってくるとは思ってなかったから
正直テンション上がった。

「じゃあサ○ゼ奢って」

俺は安いところで安心した。

やっぱギャルだ、発想が庶民的だ。

「ああ、いいよ。どこにいけばいい?」

「駅まで来て」

俺は駅まで全力で自転車をこいだ

全力坂すること5分くらい。

駅前にたどり着いたが
ギャルたちはいなかった

俺はキャップを被っていたので
キモさは少し減った。(はず)

待つこと数分。

駅からギャルたちが来た

しかし前日のメンツと違う

一人少ないのだ

そう、いなかったのは

ギャルBだった

豚は相変わらずいた

今回はギャルAと豚ともう一人いたのだ

それはギャルAの彼氏

俺が大嫌いな、ヤンキーさんですよ。

金髪チャラ男の
イケメンでなんかデカイしムカついた

しかも後で聞いた話
読者モデルとかなんとか

まぁそんな糞の話は置いといて、だ。

ギャルA「ごめ遅くなったwなに、キャップとか被るの?」

豚「キモいなぁーwww」

ヤンキー「あ、こいつが昨日の?」

豚「そうそう、これこれwww」

ヤンキー「ちーーっすw
俺、ギャルAの彼氏のDQNでーーすw
w飯あざっす!」

おれ「ああ、はい…」

すでにテンションは最下層だった。

俺はイケメンDQNの登場により
本当つまんなくなった

豚は置いといて、ギャルAは可愛かったからなぁ。

脚エロいし

それが彼氏持ちか
分かってはいた、分かってはいたが

という幸村の気持ちになった。

ヤンキーが、ギャルAのエロふともも
見ながらヤッてると考えると、萎えた

前日は後半楽しかったが
今回は何かいじられてても
つまんないしイライラ

しかもヤンキーが
またただのヤンキーじゃない

そんなに性格がヤンキーじゃないのだ

口は悪いが
なんか良い奴なんだよ

その時点でもう負けた気がした

それに男に奢るなんてのが一番糞だった

だがそんなことは言えず、
へらへらしてた。

豚がちょいちょい俺に
絡んで来て気があるのかと思った

しかしギャルAは
見た目のわりに意外と優しい

直接いじったりはしない。

もちろん笑ってるが

そんなこんなで、21時ぐらいになっていた。

ヤンキー「そろそろ帰るかー」

豚「そだねー」

ギャルA「うん…」

何故かギャルAだけちょっと暗かった

駅からすぐ近くにサイ○があるので、
駅まではすぐだった

と、駅まで言って思ったのが
ギャルAと豚は駅から徒歩ということを思い出した

俺「あ、あれ…?みんな電車っすか?」

何故か準タメ語になっていた

そしたらヤンキーが、

「ああ今日ギャルAウチ泊まるからw
今日おかんいないしw」

どうやらギャルAは
ヤンキー家に泊まるらしい

そしてヤンキーは片親というしょうもない情報を得た。

同情したが。

DQN「つーわけでそういうことなんで
wゴチになりやしたwww」

ギャルA「うん、じゃあね
俺、豚っち(名前+っち、って事な)」

豚「うん、バイバイ」

俺「さよならー」

別れ際もギャルAは何故か少し暗かった。

そして俺は何故か豚と一緒に帰った。

そして帰り道

豚と二人という、奇妙な光景

しかしこの時の俺は豚ですら少しかわいく見えた。

化粧効果かな。

サシになるとキモいなどの少し罵倒が減って会話になった。

「あんた、よくバックレなかったね」

「はぁ、まぁ、仕方ないというか」

何故か下手に出る俺

「あんたお人好しというか、馬鹿でしょw
普通はいかないしww」

「はぁ、まぁ、なんだかんだ楽しいというか」

「あんだけいじられて楽しいの?w
きもっwM男なの?ww」

「はぁ、まぁ、
そういうわけじゃないというか」

「つまんねぇ反応…てかあんた
あの彼氏どう思った?」

「はぁ、まぁ、かっこよかったし
いい人そうだと」

「そう見えるんだ…あんた弱気だし
内気じゃん?だから、これから言うことは内緒だから」

「え?なに?」

「だから、今から言うことを
誰にも言うなよってこと。わかった?」

「はぁ。で、なんすか?」

「実はね、あの彼氏、DV彼氏なのよ」

「DV…?」

俺は想像できなかった。

まず、あのイケメン系DQNが
DVするということ

あと、男が女に殴るということ

どっちも想像できなかった

「しかも、暴力的なsexを要求したり、
無理矢理ヤッたり
ああ見えて、結構酷いんだよ」

「え、なぜこの話を俺に…?」

俺はこの話をされた意図が本当にわからなかった。

そんな事情まで知りたくないし
そこまでの関係じゃないし

「あー…なんか愚痴りたかったというか
あと、あの彼氏。絡んでる連中とか
先輩とか怖い人ばっかでさ、
学校とかの子には言いづらくて
どこまでバレちゃうかわかんないし
だからウチとギャルBしか知らないし」

「そうですか…大変ですね
なんで別れないんですか?」

「それは…女子は色々あるわけじゃん?
まぁ、近々別れるといってたけど」

正直よく分からん。

めんどくさいならすぐわかれりゃいいのに。

そんなこんなで豚と別れ、
俺は帰宅

とりあえず面倒ごとには
捲き込まれたくないと思った

んでその日から何日か経って、またお呼ばれした。

今回はヤンキーいなくてギャル三人だった。

今回もまた○イゼだった。

普通にぐだぐだして終わり

ヤンキーいなくて楽しかった

ギャルBと少し仲良くなった

ギャルAとも少し仲良くなった

と思う

んで帰宅してから電話があった

「はい…もしもし?」。

「今大丈夫?」。

豚だった。

「大丈夫すよ。今日は楽しかったです」

「あんた本当キモいなwww」

「フヒッwで、なんすか??」

「いや、またゴチになったから、感謝の電話」

あらあらうふふ。

豚ちゃんったら意外

あんたのムッチリ感に
エロさを感じてきたよ

「いやいや。わざわざどうも。でも、なんで俺?
というか、そんなに金ないの?いや
こんな俺なのに、わざわざ誘ってくれて」

奢りだけどな。

なんとなく援交の気持ちは分かったが

豚「正直俺じゃなくてもいいんだけどねw
お金ないのは本当
でも実際なんで誘うかは…うーん…」

いきなりドモる豚

なんだ?誰か俺に気があるのか?。

調子に乗りまくり。

「教えてくださいよw」

「単純に、違う環境の男と
遊ばせたかっただけwあんたは男らしくないし
弱いから、ちょうどいいんだわwパシり的な?」

パシりか…そうかそうか。

それもまた一興。

「そうそう、電話した理由
ちゃんとあるの忘れてた」

「忘れちゃ駄目っすよw」

「実はね、ギャルAが別れない理由の話
この誘いはさ、ギャルAに男嫌いになって
ほしくないだけ」

「は?どういう…」

「これは本当に誰にも内緒。わかった?」

「はぁ」

「まぁ簡単にいうと、ギャルAは
高校デビューなんだよねwんで
高校デビューでギャルになりました、ってわけ」

「そうなんだ…よくわかんないけど」

「それで今の彼氏が初彼でさ、
初体験も今の彼氏なわけ
彼氏はチャラ男だから、もう慣れっこだけど」

「へ、へぇー」

「それで結構テクとか磨いたわけなんだよね
ギャルAは。まぁ要するに、
初彼だから別れたくない的な?」

「そ、そうかぁ」

正直反応に困った。

どの道ビッチには変わりないがな。

「だから、初っぱなでつまづいて
男嫌いになってほしくないだけなんだよ」

「そっか…でも高校にも色々いるでしょ?」

「うちらみたいなのは
君みたいなキモいタイプと絡むきっかけないし、
そうなるとチャラ男系しか男がいないんだよねw」

「そういうもんなんすかねぇ」

「相変わらずリアクションキモいw
うちら学校でもグループ固まってるし?」

と、そんな感じであとは
雑談というか軽く話して終わり。

んで、話は大分急展開

大分夜にギャルAから電話かかってきたんだが、
いつもとちょっと違う

電話越しから色んな声が
聞こえてよくわかんなかったが
豚、ギャルAの二人らしく、家に来ることに

その二人が家に来たのは、終電ギリギリだった。

豚は割と冷静だったが、ギャルAが泥酔。

というか、すごかった。

俺「どうしたの?こんな遅くに…」。

豚「ギャルAが酷い酔い方して
しかもあの糞彼氏が腹殴りやがった」

俺「は?どういうこと?」

豚「ギャルAとウチとギャルA彼氏と飲んでたんだけど
お互い結構酔っちゃってさ。それはいいんだけど、
帰るって流れになったらいきなり
彼氏がギャルAの腹を殴ってね、
ギャルAは吐いた。んで、そっから凄くて、
ウチらは黙っちゃって
ギャルAは悶絶。んで彼氏がトイレいってる間に
自転車でここまで来たわけ
ここなら場所もわかんないしね」

俺「やばっ…とりあえず、どうしよう…てか、家の人は大丈夫なの?」

豚「こんな状況で家に帰れないし!ギャルAは家の人と仲良くないし!。あたしの家も厳しいから今大変なんだよ!」

俺「ごめん…」

そいでそっからてんやわんや。

ギャルAはなんか泥酔だわ大変だわ、なんとも言えない

逆に豚は冷静だった

とりあえず水を持ってきた

豚は誰かと電話していた

俺はギャルAの看ていた

ギャルAの酔い方は酷い

凄いね、まさにファビョるというか

俺はちゃんと世話できてるのか謎だったが

豚は電話を終えたが、なにやら暗い顔だ

DQN彼氏か?と思ったが、豚のご両豚だった

豚「親からだった。今どこにいんの?帰ってきなさい。
最近酷すぎるって。着歴めっちゃあったし
ウチ帰らなきゃ。でもギャルAが
でも家に泊めるのは無理だし…」

俺「どうする…?」

豚「あんたの家に泊めてあげて、お願い」

俺「え????」

俺「いやいや、それはまずいっしょ!!
彼氏に殺されるし…仕方ないけど、
親に連絡するしか」

豚「いやいや!こんな泥酔状態で帰したら、
もっと大変だから
あんたは男にじゃないからなんもしないでしょ?
なら問題ないし!」

俺「いや、何もしないけどさぁ
マジでヤバいでしょ」

豚「頼むお願い、1日だけ!絶対言わないから!」

俺「俺はいいんだけどさぁ…わかった。頑張ってみる」

豚「ありがとっ!頼むよ!じゃね!」

豚は急いで帰っていった。

ギャルAはさっきトイレで
ゲロって今シャワーを浴びている。

本来ならなんかやりたかったが、
正直気が気でなかった。

悶々するところかもしれんが、俺はとりあえずこのシャワー中の間。

何をするか考えていた。

泥酔した人間の世話とかわからん!。

部屋を物色していたが、役立つものはなさそうだった。

とりあえず水を用意しといた。

しかし、吐いたしシャワー浴びたから、少しは冷静になっただろう。

そう思って安堵していたのが間違いだった。

シャワー浴び終わったギャルAは、鞄に入れていた制服を来ていた。

私服は汚れてるからだったみたい。

しかし、シャワー上がりのギャルAの顔は、全然違った。

思わず笑いそうになった。

その時は俺にはまだ少しは余裕があったのだ。

しかし、シャワー上がりのギャルAは酔いは冷めてなかった。

そう、彼女はアルコールを欲していた。

しかもグッドタイミング、俺の冷蔵庫には一人酒アニメ用黒霧島が!。

悟られたら負けだ、冷蔵庫を物色させまいと意気込んでいた。

ギャルA「ちょっとーお酒ないのー?」

完全に悪酔いしてやがる。

しかし焼酎は開けさせない。

俺「ないない、ないよ!それよか、寝た方がいいんじゃ…」

ギャルA「眠くないし!てか、豚は?」

俺「あー…親が切れてて豚は颯爽と帰ってったよ」

ギャルA「あそこの親うるさいからなぁー、ウチと一緒」

俺「そ、それは大変だね」

正直気が気でなかった。

シャワー上がりで制服。

顔もよく見ると凄い変わりようだったけど可愛いっちゃ可愛い。

黒髪だったらなおよし。

そんなこんなで大変なギャルの姿がハイパーエロい。

しかも家に来た時よりはわりと元気だったから、安心した。

その安心は、二つの意味で無に帰すが。

まず一つ目は、やけに息子が元気になりそうになってることだった。

いつものルーズじゃなくてミニスカから生足だぜ?。

死にそうだった。

色々とドタバタしてたので、トイレに行きたくなった。

俺はギャルAに水を渡してトイレにいった。

それが二つ目の間違いだった。

そう、トイレから帰ったとき、もう遅かったのだ。

彼女は、冷蔵庫を漁り、黒霧島を空けていたのだ。

幸い、焼酎は慣れていないのか、コップ一杯すら減ってなかったが。

とりあえず高速で焼酎を奪った。

それよか、酔いが酷くなっていた。

ギャルA「ちょっとーなんで奪うんですかぁー?」

俺「み、未◯年は飲酒は駄目だし…それに酔ってるし…」

ギャルA「酔ってないしぃー」

駄目だ…はやくなんとかしないと。

ギャルA「俺も飲もうよぉー」

俺「いや、落ち着いて下さい。ね?」

ギャルA「ここにいること彼氏に言うよ?」

えーーー。

なんやねんそれ!殴られたんじゃないのかよ…。

わけわからんぞ。

俺「そ、それは…やめてください」

ギャルA「じゃあお酒だして」

俺「はい…」

負けた。

結局、ここへきて根負けして、お互い飲むことに。

結構初めてサシで飲んだけどたのしく飲めた。

とりあえずおいしい飲み方という名目でギャルAの焼酎は割りまくった。

が、ベロベロになった。

俺「大丈夫…?」

ギャルA「…」

急に黙りこむギャルA。

俺「え?どした??え?ごめん、まずかった?」

ギャルA「…グスン」

いきなり泣き出した。

俺大慌て。

マジ女の子に泣かれるとか小◯生の頃に小錦と馬鹿にして泣かせた以来だ。

俺「どどどどうしたの???アババ」

ギャルA「彼氏と…全然ちがうがらあ~」

俺「え?な、なにが??」

ギャルA「もう、あいつ嫌なんだよぉ…怖いよ…グスグス」

ギャルA大号泣。

どうやら、ここまでのDVに耐えていたのが爆発したらしい。

大泣き。

もうどうすりゃいいのかわかんね。

そんな時だった。

あっちから、抱きついてきた。

俺は、そん時の心臓のバクバク感は忘れられない。

あの香りも、ふわっとした感じも。

俺は抱き締め返した。

めっちゃ柔かった。

胸が気持ちよかった。

でもそれ以上になんか抱き締めたくなった。

これがアルコールの力か。

そしてギャルAは、俺にキスしてきた。

俺は常に受動態だ。

まぁなにもわからんからなwww

初キス。

ぷにぷにしてた。

今度は俺からしてみた。

いや、やらなきゃいけない雰囲気だからな。

後々気付いたが、童貞ですら雰囲気を感じ取れた。

すごく、表現しずらい感覚。

胸がバクバクしたな。

そっからは、俺は、自分が童貞だということを言おうとしたか迷ったが、

ギャルA「俺は、したことある?」

俺「な…い、よ」

ギャルA「そうなんだ」

ギャルAは、俺に。

「教えてあげるから、まずブラウスを脱がせてみて」

とりあえず一個づつボタンをとってみる。

するとそこにはブラが。

ギャルA「外して」

俺はブラの外し方とかわからんかったが、ごり押しでなんとかなったw

そしてそこには桃源郷が。

普通にCカップ、デカイ。

完全に見とれてた。

ギャルA「とりあえず好きなようにやってみて。あ、乳首は噛んじゃ駄目」

初おっぱい。

すごく、柔らかい、で、なんかどんどん高まった。

ギャルAは

「くすぐったいw」

とか言いながらも、ちょっと息が荒くなってた。

そして乳首を舐めた。

下で転がすように、とか無理だから、とりあえず優しく舐めてみた。

「ん…」

とかいって、少し喘いでた。

この声に反応した俺は、この声が聞きたくなって、舐めまくった。

「舐めすぎw」

と、軽く笑われた。

「そろそろだね」

ギャルAは、スカートを自分から外した。

そこにはパンツが。

パンチラでしか見たことない、あのパンツが。

非常に、ドキドキした。

「パンツを外してみて?」

高揚感と興奮と、未知への世界の期待はすごかった。

パンツを外し終えた。

そこには、おまんこ様が。

毛は薄い方だと思う。

少し、濡れてた。

現実に見ると、結構グロいってか、なんかすげぇなって思った。

「舐めてみて?」

俺は、初めて舐めた。

匂いとか予想よりは違うが、そん時は興奮のあまり気にならなかった。

喘ぎ方が、より強まった。

濡れていくのがわかるよ。

どんどん、って程じゃないけど。

もう、息も荒くて、お互い興奮していたと思う。

「ん…待って」

「そろそろ舐めてあげるw」

どうやら俺の番のようだ。

俺はズボンをおろし、ギャルAがパンツを下ろした。

そん時はすでにギンギンだった。

「意外にデカイ!w」

褒められた。

舌先でチロッと舐められて、そのあとフェラされた。

口のなかで舌使いがすげー上手かった。

こう、なめ回すような感じ?。

本当、速攻イキそうになった。

てか、イッたw

口の中で出した。

「えっ…はやっw」

泣いた。

とりあえず早漏すぎたな。

マジで後悔。

「まだ、してないでしょ?」

賢者にはならなかった。

とりあえずおれはまたおまんこを舐めた。

手マンとかわからんから、舐めといた。

こう、中を舐めるっての?表現力なくてすまそ。

すると、ギャルAは、俺の息子を手でやんわりと、握って、手コキを始めた。

俺の息子は速攻反応した。

ゴキゲンヨウ。

「じゃあ、そろそろだね」

いざ挿入の時。

しかし、ゴムの付け方がわからない。

「付け方ぐらい知っとけしw」

ギャルAが着けてくれた。

そしていざ、挿入。

場所が違かった。

中々入らなかった。

で、なんか確認して、ギャルAにご教授を得て、入りました。

「んんんん!」

なんか、こう我慢してるけど喘いでる、みたいな感じだった。

あ、ちなみに正常位ね。

エアセクロスの腰振りを思いだしつつ、自分なりの力を発揮したつもり。

とりあえず、気持ちいいとかもあるが、必死だった。

結構前戯ん時より喘いでた。

「あんあん、あっあっ、あふぅっ」

みたいな?w

俺も本当必死だったね。

「はぁっはぁっ、うん、んんっ!」

俺は喘ぎ声に反応し、めっちゃ興奮した。

俺は無我夢中に、あっちは余裕があったのかな?。

それでも喘いでくれてた。

「んっ…ちょっと、まってね」

どうやら体位を変えるらしい。

俺が下で、ギャルAが上。

騎乗位だーー!。

騎乗位めっちゃ気持ちいいわ。

凄いマジで受動態。

あっちが動いてくれたね。

しかも腰振りながらキスした。

あ、さっき書き忘れたが、ディープもしたよ。

んで、今回もディープだった。

舌との絡みとかスゴいけど、歯茎とか舐められて興奮だった。

それと同時にめっちゃ鼻息もすごかったw

とりあえず下からも突いてみた、そしたら喘ぎかた半端ないw

「あぁん、いいよぉー」

みたいな猫なで声。

とりあえずガンガン攻めた。

童貞だからたかが知れてるがな。

それで、そろそろやばかったので、正常位に戻した。

とりあえずフィニッシュまでガンガン攻めてみたね、まぁもう限界だったわ。

俺「そろそろやばいっす…」

ギャルA「はぁっあぁん…いいよ、いつでも」

そして俺はドヤ顔でイッた。

事後も、キスしたりしてくれた。

抱きついてくれた。

そのあと、一緒に寝た。

彼氏のこととか、そういうのは触れなかった。

翌日は朝早かった。

お互い学校だったからな。

俺は午後からだから余裕があったけど。

ギャルAは早朝に豚と合流するらしく、はやく家を出た。

で、その日の昼頃豚から電話があった。

豚「昨日はどうだった?ちゃんと世話した?まさか…ヤッたとか?」

俺「ちょちょちょ、なにいいってんすかw」

豚「まぁ、ありがとうね。今日はギャルAの彼氏は学校来てないよ」

俺「よ、よかったっす…」

豚「何が?…てか、昨日で分かった。ギャルAとあいつ、別れさせるわ。女に手を出すのを実際見ると、許せない」

俺「でも、彼氏の周りやばいんじゃ…」

豚「大丈夫よ、ウチとかギャルBもいるし、一応俺もいるしね」

俺「あ、ありがとう」

豚「じゃあ、ウチらそろそろ昼飯で合流するから、また」

俺「うん、じゃあ、また!」

これが、1ヶ月ちょい前くらいの出来事。

その後はどうやら彼氏と別れたらしい。

その時またDVされそうになったけど、ギャルBの彼氏もいたらしく、大丈夫だったみたい。

ちなみにギャルBの彼氏は見たことないが相当ヤバイらしいw

豚は相変わらず豚のまま。

もっと痩せれば彼氏できんのになw

まぁ相変わらずいい奴だよ。

俺は豚やその他二人のお陰で、
見た目は少し変わりましたw

そしてギャルAは

俺と今付き合い始めました。

てか、実は昨日告白した。

んで今日の投稿前にOKされた。

んでテンション上がってここに投稿させてもらったわけです。

つまんない内容だったと思う。

でも最後まで読んでくれてありがとうww

これで終わりだけど、
落ちもなくて悪いと思うが…んじゃ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。