【おねショタ体験】小5の時、姉の友達にお風呂場で手コキしてもらった!【精通】

俺にはお姉ちゃんがいて
俺が小5の時、姉は高校一年生だった

両親は飲食店を経営していて
夕方前から店に出かけて
朝9時頃に家に帰ってくる
昼夜逆転した生活サイクルを送っていた

店に仮眠を取る程度の設備もあったので、
帰ってこない時もある

姉は家から徒歩5分の距離の
女子高に通っていて
バスケ部に入っていた

 
親がいないのと高校から近いのとで
家は姉の部活等の
友達の溜まり場なっていたんです

多い時は姉の友達が
10人くらい来てたと思う

その中でも姉の中学の時からの
バスケ部の友達のSさんと
Eさんは良く遊びに来てたし
泊まる事も多かった

家は中学ともそこそこ近かったので
SさんとEさんは中学生の時から良く来てた

この二人の姉の友達は
中学生のときから
オイラの遊び相手にもなったりして
調理実習のお菓子くれたりとかもした

 
Sさんはショートヘアで
スラッとしたスタイル体育会系の美人女子校生

Eさんはポニーテイルの
童顔系のカワイイ顔立ちの女子校生

 
当時オイラがキレイで
やさしいSさんに憧れてたのは
向こうにはバレバレだったと思う

 
Sさんに2人で遊んでもらったりしたら、
かなり顔が赤くなったりしてたと思うから

 
そんで小5の夏休みに入って少しした頃

オイラは友達と
近くの川で釣りとかをしてた

 
遅く暗くなるまで遊んでて帰る時に
飛び石状になっていた岩を飛び渡って
向こう岸から戻ろうとしたら、
足元を滑らせて川に転落

 
別に流れが速い川とかではないので
溺れるとかケガとかはなかったが

当然ずぶ濡れで家まで
チャリで走って帰る事に

 

家に帰ったら家にSさんと
Eさんが来てるのが判った

玄関に見覚えの有るスニーカーがあった

 
玄関に姉とEさんが出てきて
ずぶ濡れのオイラを見てビックリ

 

姉は事の顛末を聞いて

「なにやっとん、あんた
ドンくさいなぁ」

と呆れた感じだったが、
横からEさんが

「それより風邪引くよ。
お風呂いれたったら?」

といって来た

 
そやなという感じで姉とEさんに
連れられて脱衣場まで連れていかれた

 
この時やっとSさんが
お風呂に入っているという事に
気がついた

 
脱衣カゴにSさんのネーム付きの
ジャージが入っていて、
近くにSさんのバッグがあった

 姉が風呂の中に声を掛けた

 「S 悪いんやけど弟風呂に入れたってくれる? 
この子 川に落ちてずぶ濡れやねん」

 Sさんは中から

「いいよー (オイラのナマエ)クン 入っといで」

と軽く答えた

 

オイラはこの時は正直嬉しいというよりも
憧れの優しいお姉さんとお風呂に入るのが
恥ずかしかったんだけど

姉とEさんにあっさり脱がされて
風呂に放りこまれた

 
その後2人は夕食の用意に
キッチンに行ってしまった

 風呂に入っても最初Sさんを
恥ずかしくて見れなかった

 
身体が濡れて冷えていたのと
恥ずかしいので縮こまってた

 するとSさんは湯船から
出てきてくれてオイラに
掛け湯してくれた後

後からオイラを抱きかかえる感じで
湯船にいっしょに入ってくれた

その時のオイラの身長は145ぐらい
Sさんの身長は166ぐらい

 
後から抱きかかえてる
Sさんが耳の後ぐらいから

「どないしよったん? 
なんで川に落ちたん?」

 

とやさしく聞いて来る

俺はその時は興奮して
もう頭がグラグラ

 

なんせSさんの柔らかいおっぱいが
背中に触れていた

 
そして湯船に入って身体も
暖まってくると、
息子が当然のように膨らんできた

当時小学生のオイラは
射精はしらなかった

 
息子を触ると
気持ちいいのは判ってたけど

 

オイラは恥ずかしいので
Sさんから膨らんでいる息子を
両手で隠す様にしてました

 Sさんはそれをみて

「何をしてるの? どしたん?」

と後から手を伸ばしてきた

 

隠そうとしたけど出来る筈もなく
Sさんに触られて息子の
状態を知られてしまいました

 
Sさんは最初

「あっ」

という感じで驚いていた

 

オイラのこと子供だと思って
接していただろうしね

かなりチビだったから

 
その時オイラは真っ赤になって
恥ずかしがってたと思う

 
しばらくSさんは無言だった

 
その後Sさんはオイラの向きを
変えて向かい合わせの格好で湯船につかった

 
オイラがSさんの足の上に
乗ってる感じだったです

 
向かい合わせになって
Sさんの身体をはっきりと見ました

 
Sさんは腕とか足とかは
結構日に焼けてるんだけど、
身体は真っ白

 
その色のコントラストが
強烈で今でも目に焼き付いている

 
胸はCカップくらいの形の
美巨乳で乳首はピンク色

マン毛はちょろちょろと
生えてる程度で薄かった

 
Sさんの身体をみたオイラは
自分の息子の恥ずかしさよりも
Sさんの身体に興奮して目が離せません

 
Sさんは風呂で上気した顔を
さらに紅くしていた

 

そして私に

「(オイラの名前)クン 私のこと好き?」

と聞いてきた

 オイラは即座に

「ウン Sさん大好き」

と答えました

 するとSさんは笑顔で

「じゃ(姉の名前)に
内緒でいいことしよっか?」

と言うので、オイラは

「ウン ウン」

と頷いてました。

 

Sさんは湯船の淵に腰掛けて
壁にもたれ掛かりました

 そして

「おいで」

と手招きしてオイラをSさんの上に
座らせる様にしました

 
それから後からオイラの息子を
手で触りはじめました

オイラはまったくの無抵抗状態

 耳元でSさんが

「固いね 気持ちい?」

と聞いてきても
オイラはただ頷くだけでした

 Sさんはだんだんオイラのチンコを
優しく手コキしてくれた

 
オイラは経験のない気持ち良さに
どうしていいのか判らずに受身

 そしてそのままSさんの手で
オイラは初めて射精
精通してしまいました

 Sさんが

「出たネェ 気持ち良かった?」

と聞いてきたので、
オイラは

「良くわかんないけど気持ち良かった」

と答えたら

 
Sさんは少し上擦った感じの声で

「初めてだったんだ」

と興奮していた様で

 
その後湯船に落ちて煙のように
少し拡散し始めていたオイラの精子を
洗面器ですくって流してから、
風呂を上がりました
 

Sさんは

「さっきの事(姉の名前)には絶対秘密ね
また2人で遊ぼうね」

と脱衣場でオイラの身体を
拭きながら笑顔でいいました

 オイラはアフォの一つ覚えの様に

「ウン」

と頷きました

そして着替えているSさんを
見ているうちにまた膨らんできた息子を
隠すようにバスタオルで下半身を包んで
2階の自分の部屋に駆け上がった

 

その日 SさんとEさんは家に
泊まりに来ていた様で姉が作った夕食を
4人で食べてる時もドキドキし

Sさんをまともに
見ることが出来なかった

 

夕食後は逃げる様に
自分の部屋に篭ってしまった小5だったオイラ

そしていつのまにかSさんが
してくれたように自分で息子を擦ってました
Sさんを思い出しながら

 
そして初めてオナニーをしてイキました

 
床に飛んでザーメンの
処理が大変だったのを憶えてます

 
その後 疲れてグッスリと爆睡!

姉の友達に精通させてもらった
子供時代の最高のおねショタ体験でした

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。