【入院】ムッチリなおばさんナースとHする為に、チンコ勃起させる馬鹿エロ大作戦

最初、俺はなんて
ついていない男なんだと思っていました

事故って骨折して
病院に入院するハメになるなんて

とこれからの入院生活を考えると
心底ウンザリしていました

入院当初は大部屋で
当然他の患者もいる

それで俺の担当ナースさんは
四十路のバツ一熟女な看護婦さんで
シングルマザーで
大学生の娘がいるらしい

どうせなら
もっと若くて可愛いナースさんが良かったと
やっぱり俺はついていないと思っていましたが

妙にその熟女ナースさんと気が合い
すぐに仲良くなったんです

熟女ナースと仲良くなるにつれ
同室の他の患者さんとも自然と話をするようになり
仲良くなり

入院生活も案外楽しいもんだと
思うようになりました

ただ、同室の患者でイビキがひどい人がいて

俺は夜はシーンとしてないと
寝れないタチで3日ほど経ってから
個室に移してもらいました

担当ナースとは個室に移ってから
一段と仲良くなっていきました

彼女は三十路の時に離婚したらしく
シングルマザーになってからも
ずっとナースとして働いてるとか

そのナースはお世辞にも
綺麗とは言えず
スタイルもぽっちゃりオバサンって感じ

ただ俺はぽっちゃりフェチなんです

ウェストは少しくびれがある程度で
でも胸は大きめで、
何より尻が大きかった

ちなみにバックで羽目るのが
大好きな俺は尻が
大きい女性が好みなもんで

個室に移ってから3日ほどして
からだんだんモヤモヤしてきました

2年ほど彼女がいなく
風俗に行く事もなかったので

入院前はほぼ毎日オナってたのが
入院してからは一度もオナニーしていない

とモヤモヤしてたある夜

その豊満なオバサンナースの身体を
思い出すと勃起が治まらなくなり

夜中にナースをオカズに抜こうと思った時

別のナースが夜中の巡回に
来る足音がしたのでやめました

寝たふりをして薄目で見ていると
扉をそっと開け室内を見渡しそっと
扉を閉めて戻って行きました

その時にあの熟女ナースが
夜中巡回の時にわざと
勃起を見せて見ようと思いました

あの熟女ナースは何年も
エッチしてないだろうから

ひょっとしたらいい事あるかも

と訳のわからない勝手な
エロ妄想をして

ただ、その日抜かずに
我慢するのが大変だったけど

翌朝ナースが検温に来るのを
待ってたら来たナースは別人で聞くと
あのナースは今晩夜勤だからとか

って超ラッキー

この時点でタイミング的に神様は俺の味方

今晩あのムッチリ熟女ナースと
エッチな事できる

等と自分勝手な解釈
そうとう溜まってたかな…

もうそれからはずっとソワソワしてました

それまでは日中に松葉杖つきながら
院内をウロウロしてたのが勃起するもんだから、
病室から出れなくて

夕方になりあのムッチリおばさんナースが来て

「変わりないですか?」

と聞いてきたので

「変わりないよ。
今日は泊まりなん?大変やね」

となに食わぬ顔で

夜になりだんだん興奮してきて
あの熟女ナースが巡回来た時に
エッチに持って行けるように
何かいい方法ないかと考えました

で、思い付いたのが…ベッドの
照明を点けといて勃起してるのが
ちゃんと見えるようにして

チンポもわざとテントが
張るように見せようと考えました

夜中巡回はいつも2時でその頃には
ビンビンでガマン汁が
滲みまくりでした

遠くから足音が聞こえ
病室を順番に回る気配がしてきて
ドキドキビンビンで仰向けで
テント張って待ってました

ちなみに薄いスウェット生地の
Tシャツに短パンで見事な
テントが張ってました

薄目で扉の方を見てるとスッと
扉が開き熟女ナースが
顔を覗かせました

ナースは室内を見渡す事なく
モロこっちを見たまま

こっちをっていうより明らかに
勃起テントを見てました

すると熟女ナースが入って来て

「佐藤さん」

と声をかけてきました

声をかけるというより
起きてないか確認するような小声

勿論、俺は寝たふり

するとナースは指先で勃起テントの
てっぺんをそっと触ってきました

俺は溜まりに溜まってたので我慢できずに、
勃起テントを触ってるナースの手を掴み
起き上がりました

「看護師さん何も言わなくても解るよね?
俺の勃起したチンポを看護師さんが触ってるなんて
ずいぶんやってないってのもあるけど
俺がこうなったのは入院してからずっと
看護師さんとやりたいって思ってたからやぞ」

「いや…でもそんな事言われても
だって扉開けたらこんなのが目に入ってきたし
ビックリして」

「ビックリしたら触るの?
もう正直になろうよ。看護師さん何年も
エッチしてないんやろ?これ欲しいんやろ?」

と熟女ナースの手を
勃起チンポに擦りつけました

自分でも考えられないぐらい大胆になってました

「あぁ…どうしよう
でも私みたいなオバサンんに興奮するなんて」

「オバサンなんて思った事ないし
看護師さんのぽっちゃりした体は
見てるだけでぞくぞくするよ
ねぇ?Hしたくない?このチンポ欲しくない?」

「欲しい」

「じゃあ看護師さんの好きにしたらいいよ」

と言うと短パンの上から
勃起チンポをぎゅっと握って
手コキしてきました

「すごく硬い」

「俺も我慢できないからもう直接触ってよ」

と言うとナースは短パンを
ブリーフごと膝までずらして

「すごい…久し振りに硬くなったの見た」

と言うとチンポに
しゃぶり付いてディープスロートしてきました

俺のは長さは人並みと思いますが太さはそこそこあるんですが根元までしゃぶり付いてました。

俺:看護師さん…超気持ちいいよ。どう?久し振りのチンポは?

ナース:すごく硬くて美味しい。それに太さがすごくいい。

と言ってじゅるじゅるぴちゃぴちゃイヤらしい音をたてながらしゃぶってくれました。

チンポにしゃぶり付いてるナースの顔は本当にエロく我慢できなくなり

俺:看護師さん我慢できない…逝くよ。

と言うとナースのジュポジュポが早くなったのでそのままナースの頭を押さえつけて喉の一番奥で大量ザーメンを射精しました。

ナースはむせながらもザーメンは溢さずになんと全部飲んでくれました。これにはビックリでした。

俺:溜まってたし量が多かったはずなのに全部飲むなんて…看護師さんも欲求不満やったやろうけど本当は超エロかったりしてね。

ナース:久し振りだったからちゃんと味わいたかったから…

と言うと後たら垂れてきたザーメンもキレイに舐め取ってくれました。

まだやり足らない俺は

俺:まさかここまでやってこれで終わりじゃないよね?

ナース:私もしたいけど…一時間ぐらい後でまた来るから待ってて。

と病室を出て行きました。

夜中3時半過ぎにやっとナースが病室に来ました。

やりたくて仕方なかったので時間が経つのが物凄く長く感じました。

ナース:ごめんなさいね。色々とやらなきゃいけない事あって…早く来たかったんだけど…

俺:早く来たかったんや。そう言ってくれると嬉しいな。

ナース:あの後は仕事してても思い出したら…ずっと変な気分で…

俺:ひょっとして仕事中に濡れてた?

と聞くと黙ってうなづきました。

俺:看護師さん早くやろうよ。もう俺はこんなになってるよ。

と自分で短パンとブリーフをずらしてナースに見せつけました。

それを見たナースはすぐにチンポを握って

ナース:すごい…さっきよりパンパンになってる…

俺:さっきよりパンパンになってるだけじゃなくて、さっきより長持ちするからちゃんと看護師さんも楽しませてあげるよ。

ナース:どうしよう…すごくドキドキする…

と言いながらチンポにしゃぶり付いてきました。

ナース:やっぱりさっきより太くなってる。すごく硬くて美味しい。

俺:俺も看護師さんのおまんこ舐めたいな。

と言うとナースはズボンとパンティを脱いでくれました。

俺:ねぇ、パンティみせてよ。

ナース:え…恥ずかしいよ…

俺:いいから見せて。

と言うと黙って渡してくれたので見てみるとマン汁でベッタリ濡れてました。

俺:すごいじゃん。こんなグチョグチョのパンティ履いてたんや。早くおまんこ見せてよ。

と言うと仰向けの俺の顔に跨がってしゃがんでくれました。見るからに濡れてるのが解り、物凄くエロい匂いがしてきました。

俺:指で拡げて見せてよ。

ナース:恥ずかしい…

と言いながらも指で拡げて見せてくれました。拡げたおまんこはマン汁でベタベタになってました。

俺:看護師さんのおまんこ…すごく美味しそうや。舐めていい?

ナース:舐めて…舐めてほしい…あ…

俺はその言葉を聞くか聞かないかでおまんこに貪り付きました。

すごく肉厚で舌と指を入れた感じでは気持ち良さそうなおまんこでした。

ナース:ん…ぁ…あ…ん…

と声を押し殺してました。

俺:声が出そうだったら俺のチンポで口塞いだら?っていうか看護師さんもしゃぶってよ。

と69でお互いの性器を貪り合いました。

そろそろ羽目たくなったなと思ったら

ナース:お願い…もう欲しい…

俺:何が欲しいの?

ナース:おちんちん…

俺:おちんちんなんて子供の言い方じゃん。チンポって言うてよ。

ナース:チンポ…が欲しい…

俺:どこに?

ナース:………

俺ちゃんと言うてくれないんならあげないよ。

ナース:ぉまんこに欲しい…

バック好きな俺はバックでと言うと

ナース:足首に負担がかかるから…私が上になるから…

とチンポに跨がり手でチンポを握って自分からおまんこに充ててゆっくり腰を降ろしてきました。

ナースのおまんこはマン汁でグチョグチョに濡れてたのですんなり入っていきました。

ニュルっと入る瞬間は超気持ち良かったです。

ナース:あぁ…すごく硬い…太くていい…ぁ…

俺:看護師さん、おっぱい出してよ。

ナースが胸のボタンを外すと見るからに大きそうなおっぱいがブラに収まってました。

ブラを下にずらすと柔らかく大きなおっぱいが出てきました。

乳輪は少し大きめで乳首は黒ずんでおらず長めで超イヤらしかったです。

両手で鷲掴みにしながら指の間に乳首を挟むとおまんこがぎゅっと締まりました。

ナースは腰を振りながら倒れ込んで俺に抱きつきキスをしてきました。

ナースの舌は長く、その舌がニュルっと入ってきて俺の舌に絡みついてきました。

多分、このキスだけで抜けるだろうと思えるぐらいエロかったりしてね。キスでした。

キスの最中も腰を振りながら

ナース:ぁ…気持ちいい…すごくいい…おかしくなりそう…あぁ…逝きそう…逝きそぅ…う…

と体をヒクヒクさせながら逝きました。

ナース:はぁ…はぁ…すごく気持ち良かった…何年ぶり…かな…あぁ…すごい…佐藤さんのチンポいい…

と、また腰を振りはじめました。

俺はナースの尻を鷲掴みにして腰の動きに合わせて力を込めました。

ナースはそれがまた気持ち良かったらしく一所懸命に声を押し殺してました。

俺:もうヤバい…逝きそう…中に出してもいい?

ナース:今日はダメ…また飲みたいから口に出して…

俺:じゃあ、ちゃんとおねだりしてよ。

ナース:佐藤さんの飲みたいから口に出して…

俺:ちゃんとザーメンて言ってよ。

ナース:…佐藤さんのザーメン飲みたいから口に出して…

と言うと腰の動きが早くなり

俺:あぁ逝きそう…逝くよ…

ナースはおまんこからチンポを抜き、自分のマン汁で濡れ濡れになったチンポにしゃぶり付いて、頭を上下に激しく振りました。

俺:逝くよ…ザーメン全部飲んで…逝…く…

ナース:ん…んん…

ナースは最初と同様に全部飲み干してくれました。

その直後にナースがキスをしてきた時は自分のザーメンの味がするみたいで嫌でしたが超エロいキスで満足でした。

俺:看護師さん…すごく気持ち良かったよ。っていうか看護師さんエロいよね。

ナース:旦那と離婚してからずっとしてなかったし…それにエッチは好きだし…何より佐藤さんのチンポがすごく良くて…

俺:少し太いとは思うけど大して長くもないし…単に久し振りだったからじゃないの?

ナース:そうじゃなくて私と相性がいいんだと思う…カリも張ってて…この大きさと形がいいんだと思う…

俺:じゃあ、しばらくは俺とセフレになってみる?入院中は勿論やけど退院してからも看護師さんとやりたいし。

ナース:私で良ければ喜んで。

俺:っていうか俺はマジで看護師さんみたいなぽっちゃりが好きだし、それにいい感じで熟してるのがエロくて…本当に好みやから。

ナース:本当?そんな風に言われたの初めてだから嬉しいな。

俺:じゃあ次はいつにしよっか?

ナース:んー…今は何とも言えないけど、また今度ね。入院中はいつでも顔合わすんだから。

最後に2~3分エロいキスをしてからナースは出て行きました。

それからは入院中は至るところでナースとエッチな事しました。
またナースも嫌とは絶対に言わなかったので俺はそのナースでいつも欲求を発散させてました。
朝に検温に来た時はキスから始まりナースの尻や胸を撫でたり揉んだり。
その後は病室のトイレに。さすがに昼間は明るくベッドでって訳には行かなかったので。
ナースも俺にばかり時間はかけられないのでフェラだけさせたり、
便座で四つん這いにさせておまんこやアナルを舐めてあげたり。
俺が我慢できなくなって羽目ようとすると、さすがに仕事中だからとNG。
でも昼間に一度、リハビリに行くと言ってナースに支えられながら屋上に行ってやりました。
エレベーターでは1つ下の階までしか行けず最後は階段で屋上まで。
1つ下の階からは明らかに屋上に人が行き来している形跡はなく埃と虫の死骸だらけでした。

まず、階段途中の踊り場で抱き合いエロいキス。

俺:かずみ、乳首なめてよ。(書き忘れてましたがナースの名前は『かずみ』で俺は『たけし』です)

かずみ:はい

と俺のシャツを捲り上げて乳首をレロレロチュパチュパ。

俺:もっとソフトに舌先で優しく。

かずみ:はい。

この頃からかずみはMっ気があるのが解りはじめました。

ちなみに俺は乳首がすごく感じるので乳首を舐められるとすぐにビンビンに勃起します。

かずみは乳首を舐めながらすかさず短パンの中に手を入れてきて勃起チンポをしごいてくれます。

俺:かずみ…気持ちいいよ…どうや?俺のチンポは?

かずみ:たけしのチンポ…すごく硬くて熱い…先が濡れてる…あぁ…欲しい…しゃぶっていい?

俺:いいよ。

と言うとチンポの前にしゃがんで短パンとブリーフをゆっくり降ろしました。

降ろす時にチンポに引っ掛かってビーンとチンポが跳ね上がると

かずみ:あぁ…すごいビンビン…美味しそう…

と言うとしばらく口の中に唾液を溜めて手を使わずに先から一気に根元までくわえ込みました。

相変わらず気持ちいいフェラです。

俺は気持ち良くて堪らなかったので、かずみの頭を両手で掴み腰を激しく振りたまに一番奥に押し込んで頭を押さえつけたりしました。

前にも書いたように俺のチンポは長さは大した事ないのでかずみはむせる事はありませんでした。

俺:かずみ…気持ちいいよ…出すよ。

かずみ:ダメ…おまんこに欲しい…

俺:おまんこに出してもいいの?

かずみ:たけしに中出ししてほしいからピル飲んでるから…思い切りおまんこに出してほしい…屋上でしよ…

俺は短パンとブリーフを上げてかずみの尻を触りながら、かずみは俺のチンポを上から手を入れて握りながら屋上まで行きました。

念のため出入口から死角になる所まで行くとかずみを抱き寄せキスをしました。

キスをしながらかずみのズボンに手を入れ、パンティの中に手を入れておまんこをさわるとグチョグチョになってました。

指を二本入れ掻き回すと今まで院内では聞いた事ない、いつもより大きな声で喘ぎました。

俺:かずみ…エロい喘ぎ声やな。本当は大きな声で喘ぎたいんやろ?

かずみ:だって…気持ち良すぎて…本当は何も気にしないでたけしと一杯エッチしたい…

俺:じゃあ今度かずみの休みに合わせて外泊づるからラブホ行く?

かずみ:いいよ…あぁ…もうダメ…たけしのチンポほしい…おまんこに入れて…

俺:入れる前にしゃぶってよ。

と言ったものの俺も我慢できず少しだけしゃぶらせると

俺:壁に手をついてお尻付き出して

と指示しその格好になるとかずみのズボンとパンティを全部脱がせ俺も下は全部脱いで

かずみの後ろに立ちチンポを大きな尻やアナルやビラビラに擦り付け焦らしました。

かずみ:お願い…早く…チンポ入れて…

俺:ちゃんとおねだりしてよ。

かずみ:たけしのビンビンになったチンポを私のグチョグチョになったおまんこに入れてください…

ちなみにこんな言い方は教えていません。前の旦那に仕込まれたのかな…

俺:かずみ…入れるぞ…

かずみの尻を鷲掴みにして一気におまんこに入れました。

かずみ:あぁ…たけしのチンポすごい…すごくいい…あぁあぁ…もっと…もっとおまんこ突いて…

俺:かずみの体はサイコーや…かずみのおまんこサイコーや…

とガンガン突きました。

チンポを抜き差しする度にヌチャヌチャとイヤらしい音がして、その音を聞きながらかずみの大きな尻を鷲掴みにしながら、自分のチンポがかずみのおまんこに抜き差ししてるのを見てると、我慢できず絶頂が近づいてきました。

俺:かずみ…逝きそうや…

かずみ:おまんこの中に出して…おまんこにザーメンちょうだい…私も…逝きそう…あぁ…逝…く

俺:かずみ…逝くぞ…逝く…逝く…

今まで経験ないのですが、この時初めて女性と一緒に逝く事ができました。

かずみはその場にしゃがみ込みぐったりしてました。

見るとおまんこからザーメンが垂れてました。

俺:おまんこからザーメン垂れてるよ

かずみ:すごく気持ち良かった…あ…

かずみは気づいたかのようにチンポにしゃぶりつき、マン汁とザーメンでベトベトになったのをキレイにしゃぶってくれました。

俺よりかなり年上にも関わらずとても可愛く思えました。

かずみを抱き締めキスをして

俺:かずみ…可愛いよ…

かずみ:嬉しい…私はたけしの物だからたけしがやりたい事は全部してあげるからね

と二人の間で妙な愛情が生まれました。

かずみに次の休みを聞くと

かずみ:後で確認してみるね

それからなに食わぬ顔で二人で病室まで戻り、かずみは休みの確認に行きました。

しばらくしてかずみが来て、休みは5日後だと。

俺:前日の夜に外泊するから二人でラブホ行こうね。娘さんは大丈夫?

かずみ:娘は大丈夫

俺:今日から外泊まではエッチしないからね。いい?

かずみ:たけしが我慢するんなら私も我慢する。

俺:頑張って我慢して外泊時に一気に爆発させるからね。

かずみ:うん。楽しみにしてるね。

ここから地獄の4日間が始まりました。

いよいよ外泊の日がやってきました。

外泊までの間はやらないと決めてたので、かずみには仕事以外では会わないと言い、我慢してました。

その日かずみは準夜勤で俺は買い物があったので20時に待ち合わせをしました。

買い物というのは、アダルトショップでバイブとローターを買いに。

ちなみに玩具買う事はかずみには内緒にしてました。

待ち合わせ場所で合流してファミレスで食事をしてからコンビニに行きました。

何せラブホには翌日の夕方~夜ぐらいまでいるつもりだったので。

コンビニではお菓子やサンドイッチや飲み物かなり大量買い込みその後ラブホに行きました。

ちなみにかずみが運転する車で移動してました。

目指したラブホはけっこう人気のラブホで、俺は行った事はなかったのですが噂では部屋によって趣向が変わってるとか。

そのラブホはロビーのパネルで部屋を選びボタンを押しエレベーターで部屋の階まで行くシステムでした。

平日にも関わらずほとんどのパネルは使用中で電気が消えてました。やっぱり人気あるラブホなのかな。

電気が点いていたのは②室でパネルを見た感じは同じように見えたので安い方を選び二人でエレベーターに乗りました。

エレベーターに乗ると二人の気持ちは同じで、すぐに抱き合いキスをしてました。

久し振りのかずみのエロいキス。超イヤらしく超気持ち良かったです。

部屋に入ると

俺:飲み物は冷しとこうね。

と冷蔵庫に飲み物を入れてるとかずみが後ろから抱きついてきました。

かずみ:たけし…早くやろうよ…エレベーターでキスしただけなのに…もう濡れてるんだから…

俺:時間はたっぷりあるんやから、とりあえずタバコ吸わせてよ。

と缶コーヒーを出して二人で飲みました。ちなみにかずみもタバコは吸います。

ソファーに並んで座りお喋りをしながらタバコ&コーヒー…俺超我慢してましたが、わざとかずみ焦らしてやろうと思ってました。

お喋りしてるとかずみはチンポ触ってきました。

俺:何?我慢できないの?

かずみ:できない…たけしのチンポ欲しい…早くしゃぶりたいよ…

というかずみの言葉で俺は興奮してどんどん勃起してきました。

かずみ:たけしだってチンポこんななってるじゃん…たけしだって私にしゃぶってほしいんでしょ?しゃぶらせて…

俺:でも二日風呂に入ってないからきたないし匂うかもしれんからシャワー浴びてからね。

かずみ:嫌だ…我慢できない…たけしのチンポだったら汚いなんて思わないから…

と言うと俺変事を待たずに俺の短パンとブリーフを一緒に脱がせてチンポにしゃぶりついてきました。

ちなみに、この頃はかなり暑く俺はほとんどTシャツに短パンでした。

かずみは、わざとなのかピチピチのノースリーブにジーンズでした。

俺:かずみ…気持ちいいよ…やっぱりかずみのフェラはサイコーや…

と言いながらかずみのおっぱいを揉みました。

かずみはチンポをしゃぶりながら

ん…んん…ん…

と悶えてました。

俺:フェラしながら下全部脱いでよ。

と指示し脱がせ俺は自分でシャツを脱ぎ裸になりました。

俺:かずみも裸になってよ。

とかずみが上脱いでる時におまんこを触るとすでにベチョベチョ濡れてました。

俺:かずみ…すごいじゃん…何もしてないのにここまで濡れてるのは初めてじゃない?

かずみ:だって…たけしとしたかったのをずっと我慢してて…

今日やっとエッチできると思ったら仕事中もずっと濡れてたんだから…だから…もう入れて…

俺:かずみさぁ、この前俺がしたい事全部してくれるって言ったよね?

かずみ:うん。

俺:じゃあ…かずみの顔に思い切りザーメンかけたい。病院でもしたかったけど、

病院じゃかずみ顔をザーメンまみれにはできないから。

かずみ:すぐにでも入れてほしいけど…いいよ…顔に一杯かけて…

俺:じゃあしゃぶりながらイヤらしい事一杯言ってね

かずみ:んん…たけしのチンポすごく硬い…ん…美味しい…んんん…たけしのチンポ好き…

と言いながらジュポジュポイヤらしい音をたてながらしゃぶってくれました。よく見るとかずみは自分でおまんこ弄ってました。

かずみも相当溜まってるんだなと思いました。

俺:かずみ…もう逝きそうや…

かずみ:いいよ…顔に一杯かけて…私の顔をザーメンまみれにして…

俺はかずみの顔を鷲掴みにして腰を激しく振りました。

俺:かずみ…逝くよ…逝く逝く逝く…

とかずみの口からチンポを抜きかずみ顔を左手で上に向け右手でチンポをしごきました。

かずみ:あぁ…ザーメンかけて…あぁ…一杯かけて…

俺:逝く…

すごい量のザーメンがすごい勢いでドピュドピュビュッビュッとかずみの顔や口…髪の毛に飛び散りました。

射精が終わるか終わらないかのうちにチンコをかずみの口にねじ込むと、かずみはキレイにしゃぶってくれました。

以上です。読んでくれてありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。