【剃毛】幾多のチン毛を剃ってきたベテラン看護婦さんはやはり凄い

膵臓炎の精密検査をする為に
病院に入院する事になった

膵臓炎検査で
血管造影による検査で

それは股関節にある動脈に
カテーテルを入れて造影剤を入れるという
なんだか小難しい検査をする事になったのだ

検査の前日

「ばい菌予防に剃毛します」

と云われ医者に言われ

処置室に行くと看護婦さんが

「そこの寝台に仰向けになって寝て下さい」

「脚はだらりと下げて下さい」

言われる通りに措置台に
仰向けになった

だらりと下げた足下に
看護婦さんがしゃがみ込んで

「下着をずらして下さい」

パンツをずらす
妻にしか見せたことのない
チンポが看護婦さんに露出

オチンポを平常心の時に
見られるのはかなり恥ずかしい

勃起しないように
意識しないようにする

やがて柔らかい看護婦さんの指先が
チンポに触れその周りに石鹸が塗られる

意識しないようにと
思えば思うほどに意識してしまう

まだ柔らかいチンポ

それが右に左に振られ石鹸が塗られた

毛がじゃりじゃりと
チン毛を剃られはじめたが

じゃまなのだろう

看護婦さんがそれを軽く掴んだ 

無意識に反応し始める

看護婦さんの指先が触れ
それを摘んだり緩めたり

その刺激に半ば膨らんで

まずい

と思ったが
心に反してチンコを膨らんでいく

看護婦さんの手がまたしてもそれに触れ

中折れ状態にまで膨らんでしまった

剃毛に邪魔だから勃起させたのか?

いや、そうではない

剃毛に邪魔になるから
よけるようにしただけだ

挿入するほどの硬さではないが
膨らんで男の威容を示す

すると

「恥ずかしいことありませんよ
どなたもこうなりますから」

と勃起したそれを
看護婦さんはどう見たのだろう

膨らんで不思議はないと
見つめていたのだろうが

太さ、長さ 硬さといい

そして勃起チンポが奥さんに
刺さるのだと思い見つめていたことだろう

看護婦さんは起ったそれを見ながら
指先をチンポに触れ
右側の毛を剃り

やがて起ったそれを右に向けてよけ
今度は左を剃っていく

その間、それは見てくれと
云わんばかりに天を向いて立ちっぱなし

不思議なことに
恥ずかしさが次第に薄れて

もっと触って

一瞬そんな思いに駆られていたそのとき

「はい終わりました」

起ったチンコを軽く
掴みながら綺麗にしてくれた

その扱いは母親が赤ん坊の
オチンポを扱うように馴れたモノで
今まで幾多のチン毛を剃ってきたと思うと
ベテラン看護婦さんって凄いなーって思いました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。