【色恋営業】キャバ嬢がリッチでイケメンな客とアフターで手マンされた

一時期水商売を転々としていて

キャバ嬢をしていた時に
とあるお客に

「いくら払えば手マンさせてくれる?」

と言われたんです

その時は

「やだ~何言ってんの、もうw」

と流すつもりだったけど

そのお客さんは
25歳くらいで
リッチそうなイケメンだったから

内心手マンくらいで
お金もらえるなら
いつもでいいかも!って思っていましたw

それからしはらく経って
その事忘れた頃にアフターで
そのイケメンでリッチなお客さんと
カラオケ行った

最初は普通に唄ってたんだけど
段々酔ってきてベタベタ触ってきた

「も~何やってるのぉw」

と拒否りながらも
お客さんだからあんまり冷たくして
店に来なくなるのもマズいなから
強くは言えなかった

そしたらキャミまくって
ブラの中に手入れてきた

「え~ダメだよぉ」

と言ったけどその人かなり興奮して

「だって可愛いんだもん」

てキスしてくる

「お金払うから手マンさせて~
お願い」

と言われ、手マンだけだし
イケメンだからいいかなと
思いつつも

もしさせてお店の別の女の子に
話されたら困るって気持ちで

「ん~ダメだよぉ
店員さんに見られちゃうよ~」

と断わりました

「2万払うからさ。誰にも言わないし」

と財布から2万出しテーブルに置き
胸を触ってない方の手を
スカートの中に入れ太ももを触ってきた

それからまたキスをして
首筋を舐めてきました

ちょっと私も興奮して
感じてきちゃいました

彼は首筋から下に降りてきて
キャミとブラを下げて
おっぱいに吸い付きました

かなり上手くて我慢してたけど
ちょっと声が出ちゃいました

「んっダメだよぉ」

と言いながらも段々気持ちいいし
手マンだしいいかなと思ってきました

太ももの手はパンツの上から
ゆっくりとクリトリスを
触り出しました

もう自分でもわかるくらい
オマンコが超濡れて
恥ずかしかった

私が抵抗しないでいると
OKと解釈したらしく

「ほんと可愛い」

と言いながらまたキスをして
パンツの中に手を入れ手マンしてきました

自然と私も彼がやりやすいように
脚を少し開いてしまい

恥ずかしいくらい
濡れてたので彼も

「あぁすごい すごいね」

と言いながらクリトリスを
丁寧に愛撫してくる

私はすごく気持ち良くて
店で言いふらされるかもとか
もう客として引っ張れないかもとか

そんな気持ち飛んでしまい
喘ぎ声を出してしまいました

彼も段々興奮してきて

「あ~すごい濡れてる」

と言いHな音を
ぐちゃぐちゃさせながらクリを回すように触り
私も我慢できなくなって
どんどん腰が動いてしまいました

もっともっと
やってほしいと思いました

彼は私のそんな気持ちを知ってか

パンツを一気に下げ脱がし
自分の膝の上に乗せ後ろから手を回し
片手でクリをもう片手でおまんこを触りました

すごく気持ちよくて

「んっあっそこダメ」

と喘ぎ声が
出てしまいました

お尻に彼の大きくなった物を
スボン越しに感じ
ますます興奮していると耳元で

「すごいビショビショ
気持ちいい?」

と聞いてきたので

「んっ気持ちいい
もっと もっとして」

と求めてしまうと

「もう1万出すから舐めさせて」

と言ってきたんです

意外な言葉にとまどい

黙ってるとOKと解釈したのか
座ってる彼に向かい合わせになるように
椅子に膝立ちをさせ、彼が膝立ちした
私の間に入るように座る格好になりました

さすがに外を店員さんが
通るのではとちょっとドキドキしましたが
平日のせいか大丈夫そう

ミニスカの中にもぐると
クリトリスを
ペロペロ舐めだしました

「あぁダメっ気持ちいぃ」

と思わず言うと彼も興奮したのか

「あぁすごいっ
エリちゃんのおまんこ舐めてるなんて」

と言い音を立ててクリトリスを
舐めました

私は我慢できなくて

「あぁっもうイッちゃいそう」

と言うと彼は両手で私のお尻をつかみ
クリトリスを舌で
早く舐め回しペッティングしてきたんです

超気持ち良くて

「あぁ、すごい いい
あぁイキそう あっイッちゃう」

と彼の頭を
オマンコに押し付けて
絶頂してしまいました

すごく気持ち良くて
興奮してしまいました

でもお店と違う顔を見られてしまったのが
超恥ずかしかった

その後彼も勃起したままで
収まらないからと2万貰ってフェラし
結局更に3万もらい
最後までHしちゃいました

彼はHもとても上手くて
ペニスも大きかったんです

その人は大体お店に来ると
4万くらい払うから
2回飲みに行ったと思えば安かったのかも

かっこいい人だったし
エッチ上手かったから

お金貰えて私はラッキーでした

ただもうお店に来なくなるんじゃないか
他の子に言いふらすんじゃないかという
不安がありました

結局その後4回くらい飲みに来て
セフレっぽくなってから来てない

お金はくれると言ったけど
援交みたいで嫌と言ったら

バックとか洋服を
買ってくれるようになったんです

最初はそんなつもりじゃなかったのに
色恋営業になっちゃいました

そして、何度かHしたら
彼は

「彼女になって」

って告白されて

外見とエッチは良かったけど
性格が合わないからセフレにしました

半年くらいそんな関係続けた頃
彼氏が出来て、彼との関係も終わり
キャバ嬢もやめました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。