【ババショタ】遊園地のプールで友達のお母さんに手コキされた

俺の初めてのH体験は
小学生の時

友達と友達のお母さんと一緒に
遊園地のプールにいったんです

プールについて
脱衣所で着替え用と思ったら

おばさんは外で
着替えようと言ってきた

友達のお母さんは
着替えやすいムームーみたいなのを着ていた

ロッカーは男女別々で
100円必要なので
それを節約したかったのかな?

友だちは学校で使う
ゴムの着いたバスタオルを持ってきていたが
オレは海パンしか持って
行かなかったので
チンコ丸出しのまま着替えた

まぁ当時小学生だったから
別に恥ずかしいとも思わなかったがw

それで、泳いで返っていくと

「少し休もう」

とおばさんが飲み物と
お菓子をくれた

おばさんはオレの唇が
紫色だと言ってバスタオルで拭いてくれた

20分くらい
日なたぼっこしてから
また3時頃まで泳いだ

帰るとき、 おばさんは
ムームーなのですぐに着替えた

友だちはドライヤーを使うと言って
ロッカーの方に行ってしまった

オレが海パンを脱いで
身体を拭かずに着替えようとすると

「ちゃんと拭かなきゃダメよ」

と言って
おばさんんはバスタオルを渡してくれた

最初

「大丈夫ですよ」

と断ったが
バスタオルを両手で持って
片手で背中をもう片方で
前の方を拭かれた

横にしゃがんだおばさんを見たら
膝が開いて腿の間に黒いものが見えた

どうやらマン毛なのだ

面倒臭かったのか?

友達のお母さんはなぜかパンティを穿いておらず
ノーパンだった

俺はおばさんのマン毛を見た瞬間

ヤバいと思って目を
そらしたがチンコが立ってしまった

おばさんは

「あら!」

と言ってタオルでオレのチンコを隠して
周りをキョロキョロした

チンコを押さえられたら
よけい勃起してしまう

おばさんが確かめるように
チンコを押さえるとチンコが
ピクンピクンしてしまい

おばさんは

「こんなに冷えちゃって」

とチンコを艶めかしい手つきで
触りながら
身体中を拭きつづけた

もう身体は濡れていなかったけど
おばさんは手コキするように
俺の小さいまだチン毛も生えていない
ショタチンポをずっと触り続けてくる

それで友だちがロッカーから
帰ってくるとおばさんはハッと
俺のショタチンコから
手を離してタオルをオレに渡した

へんなところを見られた気がしたが
友だちは気付いていないよう

オレは急いでパンツと
ズボンをはいて何事もなかったように
帰途についた

あの時、もうちょっと友達が
帰ってくるのが遅かったら

友達のお母さんに
もっと気持ち良いHな事を
してもらえたかも!

って思う

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。