【ロリスカ】ランドセルのロリ幼女が駐車場で野糞して、立派なウンコをひねり出す

素人のロリスカを
リアルに目撃したことがある

学校の帰りのランドセル背負った
JS一年生ぐらいの幼女がいた

そのロリ幼女は急ぎ足で
不自然な格好で歩いていた

たまたま俺が用事在って
其処を通っていた

JS幼女は
競歩みたいに歩いていた

俺はすぐに

「トイレだな!
オシッコを我慢しているのか?」

と直感

ばれない様に
ストーカーのように
幼女の後を付いていった

ロリ少女はせっぱ詰まっていたらしく
後ろも向かない、ひたすら歩く

やがて少女は走り出し
そして、右手を尻に持っていき
押えながら走る

オシッコじゃなくて
ウンコだ!

このロリ幼女は
ウンコを我慢しているのだ!

俺は興奮しながら追いかけると
幼女は道に面した駐車場に
駆け込んだ

俺は急いで後を付ける

偶然なのだが俺の車は
その駐車場に止めてあった

「何と言う偶然か」

俺は幼女を探すと
ランドセル幼女は奥へ
長方形になっている駐車場の
一番奥に走っていくのが見えた

俺は気づかれぬよう
車の陰になりながら近寄っていく

幼女は周りを見る余裕も無く
奥の空いている所へ行った

俺は一番幼女の近い所へ行き
車と車の間に入り下から覗く

幼女と俺は
車一台隔てているだけだ

音を立てぬよう
車の下から向こうを見る

幼女の足が見えた
足をバタバタやっていた

「アー、ウンコ、ウンコ出ちゃうよーッアーッ」

と喚く

俺はビンビンのチンコを出して
シコシコオナニーしながら
幼女が野外脱糞しているのを覗き見する

すると激しい便意が
少し遠のいたのか

急いで学校指定の青い短パンと
パンツを膝の所までズリ下げしゃがむ

丁度俺の方へ斜め右に
後ろ向きで尻を向けていた

幼女はシャガムとほぼ同時に
マンコから

プシャーッ

と放尿を始めた

すると直に可愛いロリ尻の
真ん中が盛り上がり

「メチッ」

という感じで太いウンコが

ぬるッぬるっぬるっー

と一気に出てきた

まさに見事過ぎる
幼女の野糞

それは瞬く間に
コンクリの地面に横たわっていった

ペチッ

最後の部分がコンクリの地面着いた

幼女はまだロリマンコから
残りの尿を搾り出していた

やっと放尿が終わると
ランドセルから
ポケットティッシュを取り出し拭き始めた

俺の息子はギンギン

ティッシュペーパーを
ウンコの上に全部被せると
幼女は立ち上がり

パンツと短パンを
ズリ上げるようにはいた

俺はすかさずその場から離れ
自分の車の所へ今来たかのように
装いわざと大きな音を立てて
ドアを開ける振りをした

幼女はビックリして
こちらを振り向いた

そして物凄い速さで
道の方へ走っていった

俺は姿が見えなくなったのを
確かめると脱糞現場へ走っていった

そしてティッシュペーパーを
被せてある物体を確かめると
一枚一枚紙を剥いで行き

息子はビンビンであった

最後の一枚を剥ぐと其処には
まだ湯気が立っていそうな
ホカホカの幼女ウンコ!

「凄い、何て太いんだ!
そして長いんだ!」

素人リアル幼女のロリスカトロ!

思わず俺は叫んでしまった

とても6.7歳の出す物とは思えなかっ
たからだ

まるでそれは
アオダイショウみたいにうねっていた

そう、直径4センチ以上は
あっただろうか?

長さも悠に30センチ近かった

俺は急いで車に戻り中に
あった新聞紙を持って来て
その上に形を崩さぬようにウンコを置き
丁重に包んで車に持って行った

暫く心臓の鼓動が早かった

家に帰ると新聞紙に包んだ
ウンコをコタツの上に置き下半身裸になり
少女のウンコを見つめながら
狂ったように匂い嗅ぎオナニーした

それからというもの益々
ロリ幼女のウンコに興味を持ち
変態プレイの極地の
ロリスカトロに傾倒していきました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。