サイコパスな同僚に嵌められ、入社一ヶ月で女性社員に嫌われて崖っぷちww【修羅場】

俺は大学卒業後に
商社に入社しました

自分の働く部署は
女性社員が多いんですが
実は入社一ヶ月で
トラブルに巻き込まれたんです

何が原因か判らないまま
同じ部署の女性社員に超嫌われたんです

OLからは、陰口叩かれ
上司にセクハラだと告発までされた

社内巡回書類も
俺だけ回ってこなくて無視されている

お茶も自分で入れる

社内の飲み会や催しでは
呼ばれる事はなくスルー

上司が

「あいつはどうした?」

なんて聞こうものなら

「あぁ~そう言えば
用事が出来たって言ってましたよ~」

と女性社員に言われ
欠席扱い

毎日辛かったけど
営業出ている時は気にしないでいられる

でも電話の取次表とかは一切無いし
誰が電話出たかもメモ1つすらない

ある日、どうしても
聞かなきゃいけない事が出来て
女性社員の一人、A子に聞いたら

「話し掛けないでもらえますか?」

とニッコリ顔で言われたww

「でもこれ大事な書類だから」

と返しても

「ですから!
机の上にメモつけて置いてもらえます?」

「分かりました」

その後は聞こえる様に
グジグジネチネチと嫌味と悪口オンパレード

会社は辛かったけど彼女居たから
それが救いだった

会社の近くのレストランや
コンビニで待ち合わせて帰る

訳もわからず会社で苛められてる
というか嫌われていても
彼女が居ればそれで幸せだった

つか彼女がいなかったら
俺は発狂したと思う

それで、しばらくして
どこで嗅ぎつけたか
俺が結婚するんじゃないか?
という噂が流れ、同僚の男性社員からは

「いついつ?」

とか聞かれたが
その中のB男は女子社員にも人気があり
いつも誰かしらを食事に
連れて行ったりしている
職場の人気者だった

まぁイケメンの部類で
仕事出来る奴

彼女と待ち合わせのコンビニに行くと
A子を筆頭にC子D子と
ゾロゾロと取り巻きが居て彼女を囲んでた

彼女は微妙に泣き顔で

「違います」

とか

「嘘です」

とか答えてるが他の周りの取り巻きが

「本当だよw」

とニヤニヤしながら
彼女を囲んでる

俺に気が付いた彼女は囲みから抜け出し
涙流しながら出てきたが
俺の横を素通りして走って行った

何が何だか判らずに追いかける

追いついて話を聞くと

「あいつは浮気性だからやめろ」

とか

「この間違う女が迎えに来ていた」

とか、ある事無い事吹き込んでいた

挙句の果てには

「男性社員と風俗三昧」

信用して欲しくて
必死に説明したけれど、彼女は

「時間が欲しい」

と離れていった

愕然とした

どうしていいか分からなかった

上司に相談したが

「被害妄想」

という名前まで
つけられて突っぱねられた

それもA子取り巻きにバレて
逆にセクハラしてくると告発され
訳のわからない修羅場に巻き込まれた

「もう辞める」

そう彼女に伝えた

彼女の父親が町工場を経営してる

誘われてはいたが
なかなか踏み切れずにいた

彼女は歓迎してくれた

立つ鳥跡を濁さず

判ってはいたけど
怒りがモクモクと湧いてくる

その頃になるとシカトとか
全然平気でA子からの会話も全然ない

だが、上司がいきなり

「B男を筆頭に今や
男女関係なく出来る奴は登用する
だから今回のプロジェクトを
B男に任せて人選もB男にまかす!」

と公言した

B男は出来る奴だと思っていた

私情に流されず
他の優秀な奴らを登用すると思っていた

だが、取り入ってるA子いか
数名が選ばれる

そして俺が選ばれる。

「え?俺?」

B男を呼び出し
俺が女子社員と上手くいってない事や
嫌われてる事
キモがられてる事を告げた

B男は簡単に答える

「知ってるよ」

B男は俺に全てを投げつけ
自分はA子や取り巻きとデートを繰り返し
その中の何人かは会社のトイレで食う始末

俺はもくもくと作業し
もくもくと顧客を訪問し続けた

だが、A子プラス取り巻きは全く我関せず

B男は時々

「どう?」

と聞いてくるけど
内容までは聞いてこない

その代わりに

「A子ってエロいんだぜw」

とか言う始末

プロジェクトの10段階中8段階が終わる頃
後は客先のGOサインと
社内の最終段取りをして仕上げ

B男が

「今までの資料全部見せてw
顧客名もw」

と、ヘラヘラ笑いながら言う。

流石に頭に来て

「全部報告書に書いてあるよ」

と言うと

「あぁ~そんなんいいわw
客のサインだけもらいたいしw」

全部横取りか

はい、とファイルを渡す

だが、20冊は超えるファイル数

次から次に出てくるファイルにB男は

「ちょww
無理だよ、何だよこれ」

「明日の社内の段取りお願いねwwんじゃ!」

とB男が出て行くと
A子と取り巻きもゾロゾロと出て行く

昔は気にしていたけど、
今は全く気にならない

廊下でA子が

「キモいよね~」

とか騒いでる

この時ばかりは

「死ねばいいのに」

と初めて思った

社内で上司に対する説明会では
簡単な説明は全部B男がした

「であります。今回はA子さん
C子さんD子さんに頑張ってもらって
顧客開拓が出来ました!」

「え~そんな事ないですよ
B男さんの指示が徹底してるからですよ~」

上司は当然、

「俺君は何してたの?」

となる。

そこへ馬鹿共は

「何回も起こしたんですが」

とか

「ファイルが無くて私が探しました」

とか言いまくりのチクりまくり

そうすりゃ上司は

「ちゃんとやれ!」

となる

「すいません」

と謝ろうもんなら余計馬鹿にされるが
まぁこれで最後だしな

後は結婚してこんな糞会社とも
おさらばだしさ明るく生きようっと!と思ってた

その帰り

「もう辞めます」

と言って辞表を出した

今までの事を切実に訴えたが

「バカが!人のせいにするな!」

とか

「女に負けたからって逆恨みするな!」

と逆上され
即日退職みたいになっちまった

そして1週間近く経つ頃
客先を自社に招待する前日

当然俺は会社に居ない

彼女と旅行で慰めてもらい
愛してもらい、もちろん彼女の事を愛した

立派なホテルで
シャンパン飲んでセレブ気取り

自然と涙が溢れてきた

よく考えたら、酒も飲まず彼女にも会わず
帰ったら寝て、
ロクに飯も食わずにガムシャラな毎日だった

やっぱり悔しかった

笑顔で接してくれたお客さん達

「疲れてるなぁ」

とウナギ御馳走してくれた部長

「駅まで遠いだろ?」

と社用車に乗せてくれた課長。

缶コーヒー投げて寄越して

「めげんなよ」

と励ましてくれた作業員のお兄ちゃん

「寒いですね~」

とホッカイロをくれた受付のお姉さん

違う会社でも
皆が優しく接してくれた

自分が頑張れば頑張るほど
労わってくれて、優しく話を聞いてくれた

全ての会社がそうではないにしろ
殆どの会社の役員さん、社員さんが

「よぉ!」

と言ってくれた

それがあったからこそ
下らないB男にもA子取り巻きにも
耐えられたんだと思う

窓ガラスに映る自分が痩せて
ボサボサの髪で、その後ろに彼女が
腰に手を回してバスタオルだけで立ってる

泣いている俺を見て

「うん、よしよし!頑張ったよ」

と声を掛けてくれる。

それが余計に涙を誘った。

「ほら、おいで」

促されベッドに行き
膝枕でうぐうぐ泣いた

「しょうがないかもしれない
でも貴男は一所懸命にやったんだから
明日があるんじゃない?
横取りなんて考えちゃダメ
今までやってきた事は何1つ無駄じゃないんだよ」

そう言われ
俺はこいつと結婚しようと思った

彼女を抱き締めながら
いつの間にか眠りについた

翌朝、館内の床屋へ行きバッサリカット

洋服もヨレヨレじゃない
ビシッとカジュアルな物を選んでもらい
デートに出かけようと部屋に戻る

オールサイレントモードにしていた
携帯に手を取った時、何か異変を感じた

ピカピカと光る着信履歴
着信件数は45を指していた

誰だ?とパカっと開けた

会社からだった

伝言は5件位しか入らないが
5件全て会社で埋まっていた

B男「ちょっとよ~電話くらい寄越せよ!この野郎!」

A子「何逃げてんの?はぁ?電話してねB男さんに!」

上司「ちょっと聞きたい事がある
必ず電話するように!」

まずは上司に電話した

事の経緯はこうだった

まず、お客さんがお前がいないのを聞いて

「どうした?」

となる。

「サボりまくりなので辞めさせました」

と告げる

「お前らバカか?w
あいつが居たからこの書類出来たんですけどw」

「え?それは全部B男が」

「B男?誰だよそれwあいつしかしらねーし」

「じゃA子!この書類はどうしたんだ?」

「え?私知りませ~ん」

「じゃB男!全体像説明してみて」

「え?分かりません
あいつ何やってんだよ。呼んできます」

→逃亡

「じゃ代わりに我が社の有能な女子社員を」

「え?」

A子以下逃亡

「お前の会社やる気あんの?
おちょくってんの?ねぇねぇ?」

「おぃ!誰か!あいつを呼び戻せ!」

「と言う事なんで、辞職は認めないから!
すぐ社に戻るように!」

「イヤです」

「給与の件も上に相談するので何とか」

「イヤです」

「ならどうしたら戻ってきてくれるんだ?」

「戻りません、失礼します」

次にB男

「ふざけんなよおめー!
俺の手柄潰す気か?はぁ?」

「もう辞めた身だからさぁ
B男の手柄とか意味わかんないw」

「ざけんなよ!」

「じゃ!」

「おめ!ふざけっ…」

ガチャ。

お客さんからの電話はちゃんと出た

「解雇されたんだって!マジ?」

「まぁ退職勧告みたいな
感じでほんとすいません」

「あぁ揉めたらうちの
弁護士使っていいから!」

「いえいえ、ほんと今まで
ありがとうございました」

「残念だよほんと」

「改めてご挨拶に伺います」

この後プロジェクトは頓挫

お客さんは

「どうして担当を1人にして
その1人を辞めさせたのか」

という疑問に
答えがないと怒って帰る。

社内では唯一仲の良かった
倉庫のおじちゃんに聞いた話

B男=大失敗を社内で大々的に
公表され完全に白い目で見られるも
俺のせいにして逃げようとする

さらにA子の他の取り巻きのせいに
しようと再び画策しバレる

結果、上司とともに地方支社へ左遷

その後退職

ちなみに後でわかったが
俺が入社一ヶ月目で嫌われたのも
B男のせい

こいつが俺の悪口をでっちあげ
女子に触れ回っていたらしい

でもB男が俺をそんなに
嫌っていたがわからない

つか嫌ってなかったのかもと思う

ただ単に暇つぶし感覚や
OLとコミュニケーションとるための
ネタとしてでっち上げたっぽい

軽く話すだけだと口も上手いし
自分に自信があるB男は
エリートサラリーマンに見えるが
付き合いだすと狂ったサイコパスな人間だと
垣間見える瞬間が多々あった

すべての発端はB男だった

A子=B男とのエロ話が漏れ
裏でC子、D子と取り合いをしていた事が判明

で、完全にシカト状態へ

いたたまれず一時
私物残したまま失踪した

後に会社の物品を
ヤフオクで販売疑惑が持ち上がる

利益数十万で懲戒解雇

C子、D子も同様に
B男のおもちゃにされていた為
社内では完全にキモ扱い

で、当然→退社。

その後。

そのプロジェクトは
元々生産管理や資材管理に関するものだったので
製造業にも転化出来る事が分かり

彼女の父親の会社へ行くと同時に
前のお客さんがついてくれて新たな顧客を開拓

B男から連絡があり

「雇ってくれないか?」

と来たが

「どなたでしょうか?
間違い電話は困りますよ」

と返しておいた。

また別の日には

「A子知らない?」

とか

「A子とお前出来てんだろ!」

とか何か妄想的に
怪しくなってきたので着信拒否

あれから半年

その商社の事業規模が
半分になったと聞いた

色々なところから手を引いてるらしい

潰れるのも構わないし
残ってても同じ体質なら無くてもいい

それにもう俺には関係ないのだから
路頭に迷おうが知った事じゃない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。