セールスレディの五十路おばさんが、電車痴漢で淫汁を垂らす

私は50歳のおばさんなんですが
電車で痴漢にあったんです

美魔女や美熟女ブームといいますが
私は美人でもないし
普通のおばさんなんです

そんな私が痴漢されるなんて
夢のような出来事でした

既に子供も自立し
今は夫と2人で暮らしなんですが

子供の世話も必要なくなり
暇になった私は
長年の専業主婦を卒業し
働きに出る事にしました

毎日家に一人でいる毎日に
嫌気がさしたんです

以前、友人から誘われていた
仕事があったので
電話を掛けてみると、即OK

セールスレディの仕事なんですが
バイト感覚でいいからと言われ
気楽に働く事にしました

電車で3駅、駅近くの会社で
社長は感じが良く、社員は皆女性

数日間は見習いと言う事で
先輩社員(30歳)と一緒に外回り

彼女は、とても親切に
教えてくれました

そして

「遠藤さん(私)、スーツだけど
もっと若々しい方がいいですよ」

と言われたんです

セールスは
見た目が大事だと

それで、先輩社員に
選んでもらう事にしました

彼女が選んだスーツは
紺色の凄く短いタイトスカートに薄手のシャツ

「こんなおばさんには若すぎない?」

「全然若く見えますよ!
遠藤さんスタイルもいいから大丈夫」

何だか騙された様な気がしましたが
折角なので買う事にしました

夫には

「その年で、ちょっと大丈夫か?」

と言われましたが
とりあえず着る事に

翌日、真新しいミニのスーツに
着替え駅に向かいました

混み合う中
いつもの車両に入るとギュギュ押されます

毎日こんな事の
繰り返しに体も慣れました

初めは、凄く
満員電車に
抵抗があったんですが

電車が走り始めて間もなく

いつもと何かが違う事に気づいたんです

初めは鞄かな?

と思ったんですが

明らかに誰かの体の一部が
お尻の辺りに当たっている感じ

その接触は
やがて動きだし明らかに
揉んできているんです

「えっ痴漢?」

そう思うと怖くなりました

満員電車なので
体を動かす事もままならない状態

手の動きは激しくなりやがて
スカートの裾の中へ入って来ました

「駄目!」

そう思っても声に出せません

彼は、私のスカートに中で
お尻から陰部へスリスリを繰り返し

やがてパンストと
パンティの中へ指を這わせました

「こんな所で、何て大胆なの?」

早く駅に付く事を祈りつつ
痴漢の手を受け入れてしまいました

片手にバック
もう片方は手すりにあるので
手を払いのける事も出来ず

ズルズルとパンストと
パンティを無理やり降ろされ

お尻が出ると同時に
痴漢の指がマンコに入れられ
恥辱していくるんです

「いや!もう許して」

そう心で叫んでいましたが
おまんこはすっかり濡れていたんです。

恥ずかしさでいっぱいでした

痴漢はそんな私を見透かしたように
指を激しく動かし
クリトリスを愛撫していくるんです

長い間、夫との性行為もご
無沙汰だった私は、
久々に女を感じたんです

駅に付くと
痴漢は指を抜きました

しかし、後ろから体を
押し付けて来るので、身動きは取れません

やがて電車は走り出すと
痴漢の指がまた侵入して愛撫してくるんです

年甲斐も無く
痴漢に感じてしまった私

遂に痴漢に胸までも揉まれ
抱かれるような格好で
片手は胸を揉み
片手は前からマンコを刺激していました

数分で、私は痴漢の手によって
絶頂してしまいました

膝がガクガクなり
力が抜けて行きます

痴漢は私が逝った事を知ると

「エッチだねおばさん」

と耳元で囁いてきて

恥ずかしくて
顔を伏せる事しか出来ませんでした

もう直ぐ
会社のある駅と言う時

痴漢は手を離しパンストと
パンティを戻してくれました

多くの人の流れに乗って
私も駅に降りましたが

私を痴漢していた人が誰なのか
顔すら確認出来ません

トイレで、
息を整え濡れたマンコを拭き、
会社へ向かったんです

もちろん誰にも言えません!

こんな五十路の中年おばさんが
痴漢に会った何て言っても
馬鹿にされるだけでしょう

電車通勤1ヵ月も過ぎた今日
何故痴漢は私を狙ったのでしょうか

やっぱり短いスカートが
誘ったんでしょうか?

数日間、私は違う車両に乗りました

でも、変な話50代になっても
男性の標的に成った事に嬉しさもありました。

そして、もう一度
試してみたかったんです

その日、私は痴漢にあった
車両に乗っていました

痴漢は私を待っていたんです

乗って間もなく後ろから
押される感覚

やがて手がお尻に触れ
オマンコの中に侵入して来たんです

期待していたと言うのが本心でしょう?

この車両に乗ると決めた瞬間から
私のマンコは疼いていたんですから

痴漢にされるがまま
私は足を開き彼の指を受け入れ

既にパンストまで濡れる位
婬汁でダラダラでした

痴漢は悦ぶ様にマンコに指を出し入れし
私の下半身を弄んだんです

数十分と言う短い時間ですが
私は痴漢に快楽を味わされ
1人の女に戻っていました

そして、相手がどんな人なのか
知りたくなったんです

恐る恐る振り向くと
20代前半でしょうか?

大学生にも見えるイケメン!

驚きました

と同時に私もまだまだ
いけるんだと嬉しくなりました

彼は、私が振り向いた事に
気づき顔を背けました

このまま、電車が止まってもいい!

こんな若い彼におばさんの私は今
逝かされようとしているんですから

恥ずかしい話ですが
私は毎日痴漢に体を許しています

そして、痴漢の為に
新しいスーツも2着買いました

もちろんミニスカートに
胸元が開いたセクシーなブラウス

何時しか、パンストも太腿から
下のタイプにし、ノーパン出勤です

駅のトイレで履いています

夫は知りません

私が痴漢に会い、
そして身体を許している
不貞妻だということを

働きに出て私は女としての
自信を取り戻したんです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。