バスツアーで我慢出来ずにオシッコを漏らす地味な眼鏡美少女の小学生

彼女とバスツアーに行った時のロリスカトロ話です

俺らカップルが座る席の
通路を挟んだ隣の席に母娘連れが座っていました

ママさんは三十路の美人な若妻で
二人の幼い娘を連れていました

お姉ちゃんの方は小学校高学年くらいで
髪を後ろで束ねて
メガネをかけている地味な委員長タイプのJSですが
母親に似て顔立ちの整っていて
将来は間違いなく美人になるタイプ

妹は小学校3~4年生位

まだ幼女って感じで
ランドセル姿がとっても可愛いだろうなーって
タイプのロリ少女でした

順調に目的地に向かっていたのですが
途中で運転手からアナウンスがありました

この先で事故があり高速道路が
通行止めとなっていると

それで、手前のインターチェンジで
高速を降り一般道を通ること

そのため目的地への到着は
大幅に遅れる見込みであること
アナウンスがあったんです

乗客のほとんどは観光客だったので
予定の変更は残念だけど
交通事故じゃ仕方がないといった感じで
文句を言う人もいませんでした

やがて俺の彼女も疲れたのか
隣の席でいつのまにか熟睡していました

僕もうとうとし始めたころ
隣の席の母親が小声で何か
娘を注意しているような会話が耳に入ってきました

断片的に聞こえてきた話の内容が

「だからあまり水分を
とらないようにって言ったでしょ
このバスにおトイレついてないのよ」

というものでした

その様子から娘が
トイレに行きたくなって

それを母親に伝えているのだなと思いました

その時はてっきり下の子が
トイレに行きたくなったのかなと思ったのですが

母親の隣に座っている
下の子は寝ている

トイレに行きたいと言っていたのは
眼鏡美人なJSのお姉ちゃんの方!

お姉ちゃんは

「だって」

と行ったままうつむいていましたが
前かがみで膝をすり合わせていて
かなり尿意が高まっている感じ

母親は席を立つと
運転手のところに行き申し訳なさそうに
何か話をしています

きっとどこかトイレに
寄れないかという様な事を頼んでいたのでしょう

母親が席に戻るとお姉ちゃんに

「トイレに寄ってもらえるように
お願いしたからもう少しだけ
オシッコ我慢して」

と言ってました

その頃は余程オシッコを我慢してるのか
席に着いたまま両手で
股間を押さえうなづくだけ

窓から見えた看板には
道の駅○○5キロ先と書いてあり
運転士からもトイレ休憩のため
道の駅に立ち寄るというアナウンスがあったので
大丈夫だろうなと思っていました

道の駅が近づいたところで
バスのスピードが落ちました

高速道路を降ろされた車が
休憩を取るため同じ道の駅に寄ろうとして
駐車場に入るために渋滞が発生してたのです

JS少女はさっきと同じように
オシッコ我慢の姿勢をしたまま
足をもじもじさせてました

隣の席の彼女も目を覚ましその様子を見て

「ねぇ、あの子トイレに
行きたいんじゃない」

と言ってきた

俺は

「うん、そうみたいだけど
道が混んでるみたいだから」

というと彼女は心配そうに女の子を見ていた

ようやくバスも進み始め
バスは道の駅に入り停まりました

ですがその子は立ち上がろうとしません

うつむいたまま泣いているよう

少女は我慢しきれず
オシッコをお漏らしシてしまったんです!

その子の座っている席の下には
ロリ少女のオシッコの水たまりがあり

バスが止まった拍子で前の方へ流れたのか
幾筋かのおしっこの筋もできてました

隣りの席の彼女もそれに気づいたらしく

「かわいそうでしょ、見たらだめよ」

と言ってくる

お母さんは女の子に
話しかけ席を立たせました

きっと着替えさせようと思ったのでしょう

親子がバスを降りて
トイレに向かうとき濡れた下半身を
隠した母親の上着が少し捲れたときに
女の子のはいていたデニムのキュロットの
お尻がオシッコでぐっしょりと濡れていて

両足の内側にはおしっこのしずくが
ついているのが見えました

着替えを済ませた親子が戻ってくると
バスは運転を再開し大幅に
遅れながらも目的地に着きました

夜、ホテルで彼女と話をしていた時

「あの子かわいそうだったね」

という話になりました

彼女は

「もし、私があんなふうに
オシッコをおもらししちゃったらどうする?」

と聞いてきたので

「飲んであげるよ」

と真顔で言うと

「馬鹿、変態!」

って満更でもなさそうだったので
俺は彼女を風呂場に連れていき
スカートを捲りパンツを下げ

「ほら、オシッコして」

と言うと

「本当に?」

と目を潤ませながら
オシッコをしてきたんです

俺は興奮しまくりで
初めて飲尿プレイが出来ま舌!

彼女にもスカトロフェチってのは
秘密にしていたので
あのロリ少女のお陰でオシッコを飲めたので
密かにお漏らし少女に感謝しています

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。