お兄ちゃんの友達とHしてたら兄にモロバレしていた中学生の妹

私がJC一年の時
お父さんは単身赴任をしていて
お母さんがお父さんのところに
泊まりで行って
家を留守にする事がありました

そんな時は、高校生の兄と
留守番するんだけど
時々兄の友達数人連れて
泊まりにきていたんです

5人くらい来て
兄の部屋で騒いでて

私はいつも関わらないように
自分の部屋にいました

でも、その日の
夜中は違いました

Kという兄の友達が
私の部屋に入ってきたんです

隣の部屋からは
騒いでる声がしてて

Kがいない事なんて
気にしてない様子

私が

「どうしたんですか?」

と言うと、Kはニヤニヤしながら

「Aちゃんは見た事ある?」

と言ってきました

最初は何の事だろう?

と思ったけど
何を指して言ってるかすぐ分かりました

Kはズボンを下げて
オチンチンを私に見せてくるんです

それから目の前で
オチンチンを扱き始めて
オナニーするところを
見てるように言われました

その日はそれで終わりでした

別の日、兄の友達のKは
また私の部屋に来ました

同じようにオナニーを
見てるように言ってきたんです

その日塾から
帰ってきたばかりだったから
私はまだ中学の制服の
ブレザーを着たままだした

Kは制服フェチのロリコンらしく

私を仰向けにすると
太ももを舐めて性的悪戯をしてくるんです

そして、パンツの上から
匂いを嗅がれました

「ここにこれ入るんだよ」

とペニスをパンツごしに
擦り付けてきて
ぐりぐりやられて
体が熱くなりました

「D(私の兄)に
バレたらマズいからなー」

と言い、私の体を起こすと
オチンチンを舐めるように言ってくる

私はなぜか逆らえなくて
言われた通り、フェラチオしてしまいました

それからもKは私の
部屋に来るようになり

私は最初は嫌だったはずなのに
実は密かにKの事が好きだったので
KのHな要求は
エスカレートしていきました

でも兄にバレる心配があるから
いつも短時間だし胸を服の上から
おっぱいを揉んだりするくらい

ブラもパンツも
脱がされた事はなかった

私はKともっと一緒にいたくて

「兄が留守の日に勉強教えてください」

と言ってKを呼びました

Kは受験生なのに
迷惑だったと思うけど
勉強教えてくれました

でもすぐに勉強する
雰囲気じゃなくなり

後ろからおっぱいを揉まれて
そのまま問題を解くように
KはHな家庭教師になったんです

ちゃんと解けたら
服の中に手を入れられて

最終的にはブラを外されて
直接揉まれてました

気持ちよくて喘ぎ声が出てしまって
Kは私を押し倒しました

「Aちゃんこれ
入れてほしいん?言ってみて」

とパンツの上から擦り付けてきました

「K君のおちんちんくださいって言って?」

ちょうど入れる部分で
擦られながら言われて
我慢出来なくなり
言われる通りに頼んでました

Kはパンツを脱がして
挿入してきました

たくさん突いてくれたと思うと
焦らされたりして

私は無意識に

「もっとして」

って何回も言ってしまいました

それから、Kが来た時は
兄たちにバレないように
気をつけながらフェラしたり
クンニしてもらったりセフレみたいな
関係になりました

実際にHまでしちゃうと
兄のバレちゃうから
いつも途中まで

我慢出来ない時は
1階のトイレでやってました

そんな関係が1年続いて
兄は大学生になり、
わたしは高校生になりました

兄は1人暮らしをしていて
仲が良かったので
泊まりに行く事になりました

Kも大学は違うけど
兄と同じ県で1人暮らししていて
私が泊まりに行った日にKを呼んでました

半年ぶりの再会

兄に関係がバレないように
3人で話してましたが
兄は寝てしまってKと2人きりに

私は嬉しくて
Kにくっつくようにして座ってました

Kは頭を撫でてくれて
それからはお互い近況報告とか
世間話していたら胸を揉んできました

お風呂入った後でノーブラだったから
乳首が服の上からでも
立ってるのが分かりました

「Aちゃん相変わらずエロいな」

乳首を摘みながら
ニヤニヤして言ってきた

「K君が触ってるからだよ
お兄ちゃん起きるからやめよう」

と言っても、Kは服の中に手を入れて
おっぱいを揉んでくる

「こうすれば大丈夫だって」

と、仰向けになった
私の下半身に布団をかけて
Kは頭を突っ込んでクンニ愛撫

喘ぎ声を出さないように
我慢するのが大変

何分間かずっとヴァギナを舐められてて
気持ちよくてぼーっとしてると
Kは大きくなったペニスを見せてきた

入れてほしくて
SEXしたくて我慢出来なくなってました

お兄ちゃんがすぐそばで寝てるのに
対面座位になって自分からKのを求めてました

私はKにしがみつくようにして
何回もHしたんです

お兄ちゃんが起きるかもしれないという
状況のせいか凄く感じてました

次の日ドキドキしたけど
バレてないみたい

でもそれは勘違いで

途中から起きてたと
言われましたw

ちょうど挿入のところから起きてて
ずっと寝たふりしとくのが
辛かったらしいですw

1年前から関係があるとは言えなくて
Kとはあの日だけHして
しまったと嘘つきました

お兄ちゃんにHしているところを見られて
死ぬほど恥ずかしかったです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。