【キメセク】オルガスター調教で失禁ガチイキする真性マゾな女友達【催淫媚薬】

一緒に酒を飲みに行こうって
約束をしていた女友達と
二人っきりで居酒屋にいったんです

それで、楽しく酒を飲んでいたんですが
女友達が席をはずした隙に

女友達のコップに
媚薬を粉末にしたものを
混入させた鬼畜な俺

女友達はトイレから戻ってきて
しばらく飲食を続けると

「なんか酔ってきちゃいましたよ」

を連発

催淫効果のある媚薬のせいか
妙にテンションアゲアゲ

呑むピッチも上がる

そこで俺は錠剤を取り出し
おもむろに飲む

「なんですか~?」

と聞いてきたので
二日酔い防止の薬だと答えた

現にソレは二日酔いを防ぐ
効果があると言われる
普通に薬局で売っている薬

「私にもくださいよ~」

というので、しぶしぶ渡す

効果はてきめんで
20分もしないうちに
Kは完全に熟睡したようだ

肩をゆすっても起きない

胸元に手を伸ばして
弄んでも起きる気配はない

テーブルで会計を済ませる

左ポケットに1万円札を突っ込み
右肩で彼女を支えて店を出る

俺が選んだ居酒屋の裏手は
すぐホテル街

そのまま入る

左ポケットに入れた万札で
支払いを済ませ
釣をポケットにねじ込む

こうすると、彼女を
揺することなく支払いができる

部屋に着き
彼女をベッドに寝かせる

とりあえず第一段階は終了

背中に手を回し
ブラのホックをはずす

途中で引っかかって
手間取らないように
両足をやや開いた状態でまっすぐ伸ばし

短めのスカートに手を入れて
慎重にパンティをおろす

足首から抜き取る

続いて薄手のサマーセーターの
上からブラだけ上にずらす

全く起きる気配はない

中指で服の上から乳首を
撫でるようにすると

服の上からも少しずつ
乳首が硬くなる感触が

両手をバンザイの形にしてから
サマーセーターをたくし上げていく

背中を少し持ち上げたとき

一瞬動くが

目を覚ますまでにはいたらず
逆にその動きを利用して
うまくたくし上げることができた

顎の辺りまで上げたところで

右腕、首の右側
サマーセーターの間のに浴衣の帯を通す

ベッドの頭側の
フレームに一度巻きつけてから

今度は左腕、首の左
サマーセーター左肩の空間に通し
帯を輪にする

これで起き上がろうとしても
完全に起き上がることはできない

サマーセーターをさらに上げ
襟ぐりの部分が口と
鼻の間に来るまでたくし上げる

すその部分を頭の上まで伸ばす

ちょうどサマーセーターが
裏返った感じになる

これで女友達は周りが見えず
腕と上体は
ほとんど動かせないことになる

ミニスカートを身につけ
サマーセーターと薄い
ブルーのブラがたくし上げられている

おっぱいはCくらいの美巨乳

北国出身女友達は
本当に色白で

アルコールのせいか
少しピンクに火照っている

見ているだけで先走り汁が
あふれだす

肌も本当にすべすべで
その感触だけで逝きそうになる

乳首はかなり小さい

乳首を強めに吸いながら
舌で転がすと
どんどん硬く立ってくるのが判る

クンニをしてやると
足をむずむずさせて
だんだんとぬるっとした感触

同時に足とオマンコが
開いてくるのがわかる

指を入れると
中はかなり狭く指に絡みつく感じがある

クリなめながら
指でゆっくりピストン運動すると

どんどん滴ってくると同時に
指への締め付けが強くなってくる

ここでローション購入

催淫媚薬からも判るように
この日は最初から狙っていた

媚薬のほかにも準備したものがあり
ソレを使用するコトにした

オルガスター!

サイズは大きくないものの
これほど効果の高い
大人の玩具を私は知らない

先ほどの攻めで受け入れ状態に
なっていると思ったが

購入したローションを
オルガに塗り、挿入していく

すっぽりと入ったところで
なんとなく寝ぼけ状態まで戻ったよう

オルガスターのスイッチOL

振動を1/4くらいまで強くしていくと
覚醒してきたようである

とはいえ、状況は
全く把握できていない

ソレはそうだ

そんな格好になっているなんて
考えないだろうし、周りは見えない

体も動かないが
自然と腰を振っているのがものすごくエッチ

まだ理性が
起きていないのかもしれない

「あっ!あんっ
え?え?どうなってるの?」

喘ぎ声を上げながらうろたえ

体を痙攣させる様子に
激しく興奮する

キメセク状態ですね

周りも見えず
私は声を出しておらず
体も離していたので状況もわからないよう

いきなり無言で
乳首を強めに吸い、舌で転がす

もうひとつの乳首は
人差し指と中指ではさみ、揉む

「きゃぁっ!あぅ」

いきなりの責めに
体をのけぞらせ、全身を激しく痙攣させる

でも、乳首は相当感じるよう

ちなみにオルガスターは
締めるほど奥に入って
いくようになっているため
手で持たなくとも外に出てこない

「嫌あぁ!駄目っ!やめてぇ」

状況がわからない不安と
オルガスター責め&キメセクの快感で
困惑しているのが手に取るようにわかる

ドS男としては
これ以上ない状況である

ここで初めて声をかける。

「かわいいね」

「あっ!**さん
どうなってるんですか?あんっ」

喘ぎながらも、丁寧な言葉遣いのK

これもたまらない

ちなみに私とKは15歳ほど離れている

私が30台中ば、彼女は20代前半

清楚なルックスと
育ちのいい言葉遣いが彼女の魅力

こんな状況にも敬語を使ってしまうのだ

「これ、取って下さい
お願いします あぁっ」

「これって何?これかなぁ」

ホックははずされているものの
胸の上においたブラを取り去る

「ソレじゃないです!
動いてるの」

「これかぁ」

といって、円を描く様に
入っていないほうの端をゆっくりと回す

「そ、それです
あぁっ!お願いします」

どうもある角度にすると
特にくるようで

そのときは体を硬直させ
声が上ずるのがわかった

「取るんじゃなくて、抜くでしょ?
抜いてくださいって言わないと」

「そんな意地悪
言わないでください
あぁっ!」

不意に感じる角度あたりに
集中的にもっていったため
激しくもだえるK

「ぬ、抜いてください」

顔を真っ赤にして小さな声で訴えるK。
これもたまらない。

「仕方ないなぁ
抜くか」

といって、少し
オルガスターを抜く

一番太いところが
入り口に来たため、少し腰を浮かすK

「あれ?抜いてほしいとかいって
腰がついてきちゃってるよ?」

手を止めていうと

「そ、そんなことないですぅ
お願いします」

さらに懇願するK

そのまま手を離すと
再びオルガスターは
吸い込まれるように沈んでいった

どうしても締め付けてしまうので
当然と言えば当然の動きである

「あぁぁっ
駄目っ!」

予想外の動きに激しい
喘ぎ声を上げる

「なんか、自分で入れてない?」

「そんなことありません
あぁ 抜いてぇ 」

息絶え絶えになってきた

「じゃぁ、抜くかね」

といって、オルガスターに
手をかけて一気に感じる
角度にもって行き
同時に振動の強度を上げた

同時に乳首を強く吸い
もう片方の胸を乳首をはさんで強めに揉む

「きゃぁ!駄目
駄目っ!あぁぁ!」

激しく体を痙攣させるK

全身から汗が一気にふきだし
全身が紅潮する

「あぁっ いやぁぁっ!
もう駄目、駄目です」

「何が駄目なの?」

「いっちゃう、いっちゃいます!
お願い、許してください!あぁぁ!」

「いいよ。いっちゃって」

「いやっ!いやっ
恥ずかしいです
許してください!あぁ」

激しく腰を振る淫靡なK

「KちゃんはホントM女だねぇ
明るいところで見ておいてあげるから
Kちゃんのかわいいところ見せてよ
腰もいっぱい動いてるね」

「と、止まんないんです
だめっ!だめっ!あぅっ」

乳首を強くつまむと同時に
我慢できなくなったのかKはガチイキした

同時に口をふさぐように
ディープキスをしてやると

条件反射か、舌を強く絡ませ
ベロチューしてくる

振動を緩めて

「いっちゃったね。かわいかったよ」

というと
Kは息を激しく乱しながら

「もう 取ってください」

と小さな声で言った

顔を隠していたサマーセーターを
上に上げると、Kの上気した顔が

コレがまたかわいい

「今度はお顔を
見ながらしようかな」

といいつつ振動を
強弱しているとまた波が来たようだ

「お、お願いっ!漏れちゃいます!」

というので、

「いいよ。見てあげる
行くときの顔も見てあげるね」

といって責め続けると、

「見ないで!見ないで!」

と絶叫して本当に
オシッコを漏らし失禁ガチイキ

匂いはなかったので
潮吹きかも知れませんが

「お願い
もう抜いてください」

と懇願するので
抜くと同時に挿入

もう抵抗する力もない

乳首を責めてやると締まる

ものすごく締まる

そのくせ中はやわらかく
包みこむような快感

クリを優しく撫でながら
ゆっくり奥までピストンすると
明らかに違った濡れ方をし
全身を震わせはじめた

「き、気持ちいいです
いってもいいですか?」

と言うので

「一緒にいくぞ」

と言ってピッチを上げた

実は結構遅漏なので
この状態なら自分が
先に行くことはまずない

「あぁっ!だめです
だめです!もういっちゃいます」

と絶叫し、激しく痙攣しガチイキする
敏感でキメセク状態のK

「ごめんなさい」

という顔がかわいくて
また責めてしまう

そのまま連続して3回ほどKはいき
私もコレまでにないほどの
快感で逝くことができた

イクと同時に
私もKも寝てしまったようだ

4時ごろKが目を
覚ました気配で私も起きる

「あぁ、起きた?」

「状況が全然わからないんですけど」

どうも記憶が整理できないらしい

ここでひとつ賭けに出た

「Kちゃん昨日は大変だったんだよ
完全に酔っ払って
帰らないとかいうからホテル入っちゃった
そしたらKちゃん酔っ払って
そこの自販機で
面白そうとか言っていきなり買っちゃって」

自販機を指差す

ひとつだけ販売済みの
ボックスがあるのだが

それは私がローションを買ったためである

しかしKは恥ずかしくて
直視できず、それに気づかない

「それで
どうしたんですか?」

「Kちゃんがかわいいから
それに便乗しちゃった
大丈夫。絶対秘密にしてあげるから」

「ありがとうございます」

背中を指先でなぞると
体を震わせる

まだ媚薬が残っていて
全身性感帯なのかもしれない

「あ、あの
どんなもの買ったんですか?私?」

エッチにもつれ込むのを
避けようとしたのか、Kが私に尋ねた

オルガスターを見せる

Kは手にとってまじまじと見ている

「これが振動するんだよ」

スイッチを入れる。

「は、恥ずかしい」

振動を強くすると顔を
真っ赤にして目をそらすマゾなK

そのままKの手をとって
乳首にオルガスターの振動部を当てる

「ちょ ちょっと あんっ!」

一瞬抵抗するK

「大丈夫だから力を抜いて」

といってもうひとつの
乳首をやさしくなめる

「で、でも」

「大丈夫。せっかくだから
欲望を開放してみようよ
恥ずかしがらずに」

明らかに困惑しているようだが
抵抗は形だけ

右手でオルガを持った
Kの手を乳首にあてたまま
口を下に持っていく

クリトリスを吸い上げながら
下ではじくようにして調教する

「あっ!やめて」

といいつつ
すでにオマンコは
ラブジュースで
激しく濡れ始めている

押さえていた右手を緩める

オルガスターを持った
Kの手は胸に固定されている

「手、緩めてるんだけど」

「そんなことないです
意地悪いわないでください」

真っ赤になって
Kが答えるが説得力はまったくない

オルガスターをKから奪う

「あっ!いやぁ!!だめぇ」

奪ったオルガを挿入する。

「変になっちゃうぅ」

Kが激しくもだえる

「四つんばいになると
もっと気持ちがいいんだよ」

と言って、Kを四つんばいにさせる

「あぅ!!あっ
おかしくなっちゃう」

やはり四つん這いのほうが
当たりがいいらしく

全身をピンクに染めて体をくねらすK

どんどん硬くなってくる
乳首をもてあそびつつ、背中をなで上げる

「気持ちいいみたいだね
Kって実はエッチだなぁ
エッチなアヘ顔を見せてよ」

「いや やめてぇ」

激しくかぶりを振りながら
Kはさらに赤面する

「じゃ、やめるか」

といって振動を止めると
Kが切なそうな顔で見る

「どうしたの?」

「意地悪」

「やめたいの?」

「わかってるでしょ
やめないで」

これまで似ないほど
真っ赤になってKがつぶやく

オルガスターを出し入れする

Kのオマンコから卑猥な音が

「そりゃそうだよな
こんなにエッチな音立ててるし」

「いじめないでください」

オルガスターの振動を再開し
仁王立ちになりKの口元に
チンコをもっていく

端正な顔、小さい口

たどたどしいしゃぶり方

すべてがたまらない

「あぁぁ」

あえぎ声を出すたびに口から
出すがそのつどしゃぶりなおしをさせる

Kがそろそろ限界に
達しそうになったので

私が仰向けで下になり
四つんばいのKの下にもぐるような姿勢にした

その姿勢でKの形のいい乳房を強めにもむ。

「あぁ もうだめ
・恥ずかしい」

ここでKの上半身を強く抱きしめてやり
ディープキスをすると同時に

コレまで使わなかった
振動最強までスライダーを動かす

実は電池をハイドロオキシライドに
変更していて
最大パワーは半端じゃないのだ

Kの絶叫を口でふさぎながら
全身の痙攣を感じる

「とってください」

と嘆願するのを無視して
そのまま上半身を抱きしめ
逃げられないように拘束する

「あぁ 壊れちゃう
だめっ!だめぇぇぇ」

すぐに2回目、3回目がきたようだ

オルガスターを抜き
そのまま後ろから挿入する

「あ、あぁ 
気持ちいいっ!」

Kが絶叫する

Kの締め付けはかなり強く
これほどの名器には出会ったことがない

寝バックの状態でついていると
激しく腰を痙攣させてKはガチイキした

そのまませい上位の形に移る

やっぱりKはかわいい

ゆっくりと深く動かしながら
クリをなでる胸に当たる乳首の感触を
感じながら舌を絡ませてキスをする

意識的にやさしく攻める

「すごく、すごく気持ちいいです
もう もうだめ」

コレまでにない
激しい反応を示してKがいき

それに興奮した私も後を追うように果てた

終わった後、髪をなでてやると
胸元にほほを寄せてきた

「**さんのエッチって
激しいけど優しいんですね
こんなの初めてです」

というK。

「じゃ、内緒でこれからも
いろいろ試してみたい?」

Kは真っ赤になりながらも頷いた

それから本当に
イロイロ試して緊縛キメセクしたりで
可愛いM女を調教しています

Kも変態肉便器としての
才能を開花させて
今ではド変態で雌豚扱いされると
喜ぶ真性マゾ女になりました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。