学校でフェラの抜きバイトをしているヤリマンJKは、友達の妹で複雑な気分になった

友達の妹はヤリマンで、
その妹のKちゃんは5000円のお小遣いを渡せば
エッチなプチサポしてくれるらしい。

こんな噂が学校に広まったのは、
もう高3も終りの冬だった。
 
Kちゃんは高校に入ってからバンドを始めて、
ギターしょいながら学校に登校するような、
勉強よりは遊びが好きなJK

中学時代からKちゃんの事をしっている俺としては、
とても信じられなかった。

「2年のHとSがフェラしてもらった」

とか噂はいろいろ聞いたけど、
誰も実際に確かめようとはしないまま、卒業していった。

それから1年くらいたって

いつまでたっても彼女のできない俺に、
友達が紹介してくれる形でKちゃんと再開した。

お互いにかなり驚いて

「おぉ~! 久しぶり!」なんて言い合い、
ファミレスで飯を食いながらFはどうしている、
とかいろいろ世間話を楽しんだ。

それからカラオケに行って、
3人で歌った。

楽しかったしまだ時間もかなり余ってるってのに、
友達は「じゃあ、俺はボチボチね」って出て行った。

なんだろうって思ってたら、Kちゃんは笑ってた。

俺は俺達をくっつけようと言う気配りか何かだと思ったが、
実は違ってた。

「先輩、じゃあいいですよね?」

ってKちゃんはキスをしてきた。

舌を自分からからませてくるようなエロいベロチュー

友達の妹とこんな関係ありか?と思いながらも
俺はすぐに勃起してしまった。

そのまま、Kちゃんは俺の股間を撫で

「もう固い」

ってエロボイスで囁くと、ベルトをはずし、
ズボンを下し、俺のチンポを見て

「先輩、包茎なんだ。可愛いな」

とか言って、やさしく皮をむくと、
そのまま舐めてバキュームフェラ

俺は、もう何も言えずにただ
初めて味わうフェラに悶えていた。

「でるよ!」

たまらなくなり、俺が言うとKちゃんは俺のチンコをすっぽり咥えて、
口の中へ出させてくれた。

射精が終わるまでずっと咥えてくれて、
そのままザーメンをごっくん

「はじめてだって聞いてたから、飲んじゃいました。
先輩だけ特別です」

って、言ってチンコをお掃除フェラ

もう頭の中が真っ白になるくらい気持ちよくて、
放心状態だった。

しばらくして、俺が

「なんで俺なんかとしてくれたの?」

って聞くと

「誕生日プレゼントですよ。Uさん(さっきの友達)から
サポしてやってって言われて(笑)」

って明るく答えた。

「あ、やっぱりそうなんんだ」

「ビックリしました?」

「うん。でも、気持ちよかった。ありがとう」

「そっか。気持ち良くなってもらえたなら良かった」

俺、されておいてなんだけどちょっと悲しかった。

昔から知っている友達の妹が
女子校生になり、フェラバイトするなんて

気持ちよかったけど、噂は本当だったんだと思うと、
複雑な気がした。

その日は適当に世間話をして帰った。

そして俺はKちゃんとは、メールをやりとりするようになった。

フェラしてくれたのは気持ちよかったけど、
実はちょっと複雑な気持ちだった。

先輩の事は昔から知ってたから、
その日の夜は私もちょっと複雑な気持ちだった。

何度もメールをやりとりする内に、
本音も言えるようになった。そしてフェラされてから1か月ほどして、
Kちゃんの学校が終わる時間に合わせて二人で会う事にした。

正直、この一か月メールや電話でKちゃんと接していて、
俺はKちゃんの事がたまらなく好きになっていたのだ。

学校から少し離れた所で落ち合って、
車を走らせながらいろいろ話した。

メールや電話で、俺がKちゃんの事を好きな事は伝わっている。

Kちゃんは自分の事を包み隠さず話してくれた。

セックスに興味があって、
中学の時に告白された同じ部活の男子と経験した事

親とケンカとうまくいかず、半ば自棄でサポしはじめ、
止められなくなってた事。

誰かとセックスしていると落ち着いて、安心できる事。

そもそも、セックスが好きで色々な事をされたいと妄想してしまう事

いままでに何十人かの男のをフェラしていて、
十数人とセックスしている事

友達のUともサポで関係を持っている事

洗いざらい話してくれた。

でもそれはもう分かってた事。

彼女が金でチンコを咥えて、
先輩でも友達でも簡単にさせてしまう女の子だってのは、
メールをやりとりして知っていた。

それでも、俺は彼女と付き合いたかった。

俺がそれでも一緒にいたいと伝えると、彼女は

「私、きっと浮気しちゃうよ。他の人とセックスしちゃうよ」

と言った。

とんでもないヤリマンだが
当時の俺は

「それでもいいってば」

と答えると、うなずいてくれた。

きっと彼女は浮気するし、サポも続けると思う。

それでも、付き合えてよかったと思った。

彼女をどうにかできるなんて偉そうには言えない、
ただヤリマンな後輩のJKを好きになってしまった俺が負けたんだと思う。

彼女は相変わらず好奇心旺盛だし、セックスに貪欲

でも、俺がそんな彼女に慣れてきた。
クズと言われようと、一緒にいろいろ楽しめるようになった。

正直、俺はこのヤリマンな淫乱彼女と過ごせて幸せだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。