風俗に行ったらメイド服の姉が出てきて、驚きながらの姉フェラ【イメクラ】

コスプレとかシチュエーションSEXに
物凄く興味があり
イメクラ風俗に思い切っていってみたんです

風俗店に入ると
緊張し過ぎて
パネルを見ても頭に入ってこない

「お、おすすめで」

としか言えなくて
店員さんに

じゃあすぐ入れるおすすめの娘
お付けしますね

って言われて
待合室でまってた

呼ばれて

カーテンをシャーって開けると

メイド服着たルミちゃんっていうか
実の姉がたってた

カーテンノムコウの廊下は薄暗く
こちらが逆光なので、
ルミちゃんは気づかないで
ぼくのてを引いて
個室にご案内

ちょっと明るめの
3畳ぐらいのピンクの個室

入ってお互い明るい光の下でご対面

2秒絶句

姉の最初の一言は

「おねがいお父さんには
内緒にして」

だったw

一応家では普通の女子大生な姉

で、姉のルミちゃんは
お店の人にチェンジできるかどうか
聞いてみるって言って部屋を出てった

5分くらいまってた
姉が残念な顔して戻ってきた

ダメだって言われた

たまたまいた系
列店のマネージャーが
弟だろうが父親だろうが
ここではルミちゃんだろ

プロだろペナルティ与えるぞ
とか言われたらしい

で、最初の10分はお互い
なんでこんなところにいるのか
姉弟でしゃべってた

お互い俯きながら

でも正直
その状況に勃起してました

で、まぁ、お金も
勿体ないのでHしてくださいって

僕の方からお願いしてみました

姉は、深い溜息をついて
別にいいけどってって感じ

で、シャワー浴びにいきました

姉はドアを開けて
廊下に向かってローテンションな声で
シャワー通りまーす

僕の手を引いてシャワー室に

シャワー室は、超くそ狭くて
一人しか入れない感じ

客がすっぽんぽんで
シャワー室の外から
風俗嬢が服を着たまま
体を洗ってあげるような

そんなシステム

姉に脱ぎなさいよって言われて

客に向かってなんだ
その言い方はって心のなかで思いながら
全裸になり

勃起したチンポをみせつけた

姉は、なんで勃起してんのって
ボソっとつぶやいて

ぼくにうがい薬の
入ったコップを差し出して

ぼくの体を洗い始めた

姉に乳首を撫でられながら 
ガラガラッペ

姉は意を決して僕の
勃起チンポに泡をつけはじめた

幼稚園の頃までは
姉にお風呂入れてもらってた覚えがあり

それを思い出しながら

勃起チンポはぷるぷる揺れてました

僕も姉も無言です

キレイキレイになったら
またお部屋に戻って来ました

で、狭い部屋の
ベッドの上にぼくだけ上がって

姉は床に正座しながら

ごしゅじんさま
きょうはいっぱいごほうしさせていただきますね

って棒読みで
光のない目つきで言い放ちました

で僕の横にちょこんと座った

姉は、どうすんのよって
言って僕をにらみました

こっちがききたいよ

姉としていつもやってるようにやってよ
ぼく童貞で、こういうお店も今日初めて
勇気を出して来たんだから
どうすればいいかわからないよ

って言ったら

はいはい、わかったわかったって

姉の攻めが始まりました

キスされて
舌をべろんべろん絡まされて

なんかうっすら甘いようないい匂いがしてて
仰向けに寝かされて乳首ぺろぺろされて

脇腹とか腿の内側とか膝とかぺろぺろされて
勃起チンポを手で
こすりながらまた乳首ぺろぺろされて

キャミソールタイプのメイド服を
肩紐外してずりんとさげて
おっぱいぷるるんって出てきて

触っていいよ

って言われたので
手を伸ばして姉のおっぱいだと
意識しながらおっぱいを揉みました

ちなみに初めて女の人のおっぱいを揉みました

仰向けの状態で下から
おっぱいモミモミしながら

姉はぼくの
ぼっきチンポをモミモミ

なんかそれで興奮がmaxになって

あうう

って声が出て

どぴゅっ

って射精してしまった

姉は、

ちょ、 早すぎ

って、初めて半笑いになって
ぼくを見下しました

ごめん

ってなぜか、お客様である
ぼくが謝ってました

まだまだ時間あるのに

って言いながら姉は
勃起チンポから手を離さない

僕の精液で 
姉の手はベトベトになってました

射精が終わって先っぽから
精液がしんわりとしたたってました

でもまだ勃起したまま

姉はお構いなしに
ベトベトの手のまま
しこしこを再開してきました

ああ それ  くすぐったいですぅ 

って情けない声で腰をよじるぼく

姉はちょっと笑いながら

くすぐったい?がまんがまんw

って僕を虐めてくる

そんで、姉は
しこしこをいったん止めてくれて
僕の膝の上あたりにぺとんののしかかって
ぼくのぼっきちんぽに顔を近づけてきます

握った手をゆっくり
絞りだすように上下に動かされ

尿道口からは
残りの精液がじんわりあふれてきた

姉の吐息が
亀頭をこしょこしょしてます

で、そのまま
唇を小さく開いて
姉の唇を中に押しこむようにして
精液が付着したままの僕の勃起チンポが

姉の口内に

にゅにゅにゅって

ぼくはああぅって

また声を出しちゃいました

亀頭部分だけが
姉の口内にすっぽり収まり

姉の舌の感触が、
僕の亀頭の裏側にねっとり
あたってるのがわかりました

フェラってこんな感触なんですねって

しかも初めてのフェラが
姉フェラだとはなんという贅沢者

姉は唇をぎゅっと締め付けて

僕のカリの出っ張りの
ちょうどふもと部分をぎゅっと
くちびるで挟み付けます

で、そのまま小刻みに顔を上下

唇が僕のカリの段差を

ひっかくように

にゅりにゅり

手は、ちんぽの根本に
添える感じでしたが

亀頭部分だけ

くちゅくちゅ 

とされながら

添えた手が、またぎゅっと握られて
上下に

しゅっ、しゅっ
くちゅくちゅ

僕のちんぽが、目の前で
姉にいやらしいことされちゃってまして

興奮しながら
風俗店で姉に
近親相姦している
マニアックな行為を見つめていましたら

ちんぽ咥える姉と目が合いまして
姉はちんぽから口を一旦離して

ふふふっ、気持ちいい?w

って微笑みながら
感想を聞いてきた

うん、気持ちいいよ
さや姉ちゃんにこんなことされてるなんて
とか口走っちゃいました

このお店ではルミちゃんでも
ウチでは、さやかなんです
さや姉ちゃんって呼んでます

そしたら姉は気まずそうに

さや姉ちゃんって
呼ばないでよ恥ずかしい

って言って

またお口で
ぢゅぷぢゅぷしてくれた

白いレースのフワフワした
カチューシャをつけて
メイドみたいな格好した姉に
ちんぽを咥えられ

下にたれた推定Cカップくらいのおっぱいが
ふるふる揺れていました

5分くらい?

フェラが続きまして
本当はすぐイっちゃうところですが
手コキで発射したばかりなので
なんとか耐えました

フェラがいったん終わって姉は

うぇ あんたの精子
ちょっと飲んじゃった

とか言って自分の指で
唇をなぞっていました

フェラで射精したわけではなく
最初の手コキで出した精液が
まだ亀頭に付着してたのを

フェラの最中でつばと
一緒に飲み込んでしまったよう

で、ぼくのひざのうえにの
しかかったまま体を起こして

メイド服を全部脱ぎ去り
パンティも脱ぎ去り

姉は全裸になりました

お風呂上りに
アクシデントで見てしまった時以外
初めて姉の全裸を目の当たりに

ぼくは仰向けのまま

はぁはぁしてました

姉はローションを取り出しました

僕のちんぽと、
自分のまんこにべとーーんと塗りました

で、騎乗位素股を始めました

正直、フェラのほうが
気持ちよかった

なんか、手のひらと
まんこでぼくのちんぽを挟み

腰を前後にくいくい動かして

ローションまみれのちんぽが
くちゅくちゅされるんですが

意外に
刺激が足りない

僕は下から手を伸ばして
さや姉ちゃんのCカップのおっぱいをもみ始めました

姉は、なんとも言えない表情で
僕からは目線をそらしながら

つらそうな表情で、
素股を続けてました

腰をずっと動かして
さらに乳も揉まれるんですから
相当つかれるんでしょうね

しばらく続いてました

そしたら、無情にも

ピリリリリ

って安物の目覚まし時計の
アラーム音が小さくなりました

風俗初めての僕でもわかります

時間切れ?

姉フェラと姉素股
で完全に勃起しているですが

まだ2回めの射精に至っていないのに

そしたら姉は

も少し大丈夫だとおもう
まだイケそうにない?

って優しい表情で
上からぼくを見つめてきます

家で、ぼくがくしゃみを連発して
ううぅ~頭痛いってつぶやいた時に
ちょっと、大丈夫?薬持ってきてあげようか?

って心配してくれた

いつもの優しいさや姉ちゃんの
いつもの表情です

僕は感動して

う、うん、も少しでイケるかも

って言いましたけど

やっぱり、姉は
素股下手だと思います

気持ちいいんだけど
決定打にかけるというか

イケそうにない

なので、思い切って

ねぇ、もう一回
お口でしてくれない?

ってお願いしました

さや姉ちゃんは
しょうがないなぁって
やれやれの顔でいったん体離れて
また、さっきのフェラの体勢に

ウェットティッシュで
ローションまみれのちんぽを軽く拭くと
また、ぱくり

ペロペロチュパチュパ

とフェラチオしてくれて

そして時間切れの状態にも関わらず
2分くらい続けてくれて
とうとう射精しそうになりました

さ、さや姉ちゃん、いっちゃいそう
って僕がつぶやきました

そしたら姉は
いったん口を離して亀頭を
横からペロペロしながら

このまま口に出しちゃっていいよ

って言ってくれました

またチンコと咥えて

僕はとうとう

さや姉ちゃーん

って少し大きな声が
出てしまいまして
さや姉ちゃんのお口の中に

びゅううううっ

って、1回めよりは
量は少ないんですが
僕的にはすごく気持ちよい射精でした

さや姉ちゃんは、

んんっ

って呻きながら
最後までずっと
ちんぽを咥えたまま離しませんでした

射精が終わった感じがすると

さや姉ちゃんはぼくを見ながら
また口内で舌をれろれろ

僕の亀頭の裏側をレロレロ 
咥えたまま舐めてきました

で、ちゅぽんと離すと

そのまま体を起こして
ティッシュをしゅっ、と取って
僕の精液を吐き出してました

僕はそんな一連の動作を

はぁはぁ

と 余韻に浸りながら眺めてました

さ、急いでシャワー浴びに行こう

って、ぽわーんとしてる
僕を無理やり起こして
最初と同じ段取りて、シャワー室に

自分はバスタオルを巻きながら
シャワー室の外から僕の体を洗い

次は私が体洗うからと
僕だけ部屋に返されました

先に着替えているように指示されました

そんで、服を着終わると同時に
シャワー室から姉も
戻って来ました

姉は、最初の
メイド服にまた着替えました

すっぽんぽんの状態から
メイド服に戻る過程もガン見してましたが

見るなよって怒られました

で、時間も無いので

そのままじゃあお見送りしますね

て言われて

何も話さないままお
店の入り口に追い立てられて

そのままイメクラ風俗店を
後にしました

その日は、僕は大学が休みなので
そのままちょっと遊んでから
夜に家に帰って来ましたが

姉はその日帰って来ませんでした

次の日の朝ごはんの時には
いましたが

目があうと、お互いぱっと
顔を伏せて気まずくてしょうがなかったです

フェラチオしてくれた姉と
自宅でどんな顔をして
接すればよいかわからなくて
テンパっちゃいました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。