不良息子にベロチューするお母さんに膣内射精【母子相姦】

母子相姦するようになったのは
高校を卒業してからなんです

僕の青春時代
家庭は滅茶苦茶でした

父が浮気が原因で
家庭内は修羅場になり

母と一緒にアパートに
引っ越す事になったんです

親父は金をくれず
母はパートで一気に貧困母子総家庭になり

僕は進学の夢を断たれて
中学時代から地元のワルと夜遊び三昧で
典型的に不良学生でした

正直、両親を怨んでいましたね。

学校や警察ともトラブル続きで
高校生の頃には、退学寸前まで行きましたが
何とか卒業だけはさせてもらった

僕は、卒業の日から
母の元に帰らず
友達の家で毎日ゴロゴロしていた

実は、友達のお母さんが
けっこうそそる美熟女なおばさんで
僕ときわどい関係になっていたのです。

ある日、僕は、友達に
タバコを買ってくるように言って
友達のお母さんと
二人っきりの時間を作った

友達のお母さんは
エロくて、目で誘って来くる

僕は、後ろに回りこんで
背中から両手で胸を包み込むようにして、
下半身を密着すると

友達のお母さんは
目をとじて、首を少しまげて、
うっとりしていいる

僕がおもむろにスカートの中へ
片手を入れようとした時

台所の窓から、
人に見られていることに気づいた

あわてて、とっさに離れましたが
僕が何をしていたのかは
しっかり見られていた

逆光線になっていて
顔ははっきりと見えませんでしたが

「こんなところで何してるの!」

と、聞きなれた声で、
それが僕の母だという事がすぐにわかった

母は、何日も帰らない僕を心配して
心当たりの友達に聞いて
必死で探し当てたと言っていた

僕は、照れ隠しもあって

「ルセェッ!クソババアッ!」

といって追い返えそうするも

玄関に回って勝手に
上がり込んできた母は
何も言わず、僕の肩に頭をつけて
声を殺して泣いてしまった

「なに泣いてんだよう」

と母の頭を引き離すと
母は顔をクシャクシャにして
鼻水までたらし号泣していた

僕も、めんどくさくなって
あっさりと、一緒に帰ることに

家に帰ってゴロッと寝そべって
ふてくされていると

「拓ちゃん 何が不満なの」

と母が言ってきた

「見てたんだろうが!」

「拓ちゃんも、もう、
そういう年頃になったのね」

「むこうから、誘ってきんだよう!」

「えっ ほんとなの!
もう、あそこへ行くのはよしなさいね。約束よ」

「んじゃあ、
どうしてくれるだよ!」

しばらく長い沈黙が続いたあと
母は何を考えたのか、
僕に唇を重ねてきました

「おっ」

と一瞬、思いましたが、
母のそれは大人のキス

「これでいい?」

母とのベロチューで
たちまち僕の股間が
ムズムズと勃起してしまいました

母は落ち着いて

「ね。二度とあそこへは行かないでね」

と言って、
僕から離れようとしました。

でも、母のベロチューと
バストの柔らかさに
僕は欲情しまくりで

怒張してしまった僕の股間は、
やり場に困っていた

僕はもう我慢ができず
母の手を引き寄せると、
畳に押し倒しました。

勿論母は、抵抗しました

僕は母を押さえつけながら、
胸をさわっていた

すると母は、

「拓ちゃん 胸だけよ」

と言って静かになりました。

僕は、呼吸をととのえながら
母のブラウスのボタンをはずし

ブラジャーを上にずらし
プルンと出た白い母の巨乳に
吸いついた

すると母は

「そんなのダメよ
そこまでは」

と言っていましたが、
逃げる素振りはみせなかった

僕は調子に乗って
乳首を舌の上で転がしたり、
甘噛みすると

「ダメ~っ
そんなことしたら イヤよ」

と言いながらも、母は逃げません

よく見ると、乳首は
はっきりと固く大きくなっている

興奮した僕は
今度は手を母の脚に伸ばし
太股をゆっくり撫でて、
母の下着に手をかけた

「ダメ脱がしたらいやよ。いや」

という母のパンティーの上から
亀裂を愛撫しました

目を閉じている母が
必死に喘ぎ声を
こらえているのが分かった

ここまで来たら、
後は一気に、と思った時でした

母が目を開き

「だめ。もうやめて」

とかなり強引に僕の手を剥がしました

僕は敢えて抵抗しませんでした

そうして、母が油断した瞬間
興奮しきっていた僕は

あっと言う間に、
そのまま両手で母の肩を掴みました

母は『ヒッ』という声を上げながら、
また、倒れ込みました

そして

「やめなさい!もう!離して」

と叫びながら、
僕の手から逃れようと暴れてくる

僕は、母を下にして組み敷き

そして暴れる母を押さえつけながら
片手でパンティーを脱がした

「もうイヤ こんなのイヤ」

と首を振りながら、
僕の興奮をそそり

かまわず、母のおまんこに
僕のペニスを姦通させ近親相姦SEXを

母は、

「あァァァァ~」

と言いながら観念したのか
静かになた

さあこれから、というときでした

僕は1回も突かないうちに、
あっという間に母に膣内射精してしまった

あまりにも、あっけない幕切れに
恥ずかしさが込み上げてくる

小さい頃から、僕は何をするでも
いつも母に褒めてもらうことが喜びでした。

僕は、母の体に挿入したまま
母の耳元で強がりを言ってやりました。

「母さん 感じてたね  
素直になれば
もっと逝かせてやるよ 母さん」

そういうと、いきなり
母が泣き出してしまいました。

声がいっそう大きくなって
母の下腹部が嗚咽とともに
ヒクックックックッと突き上げてきました

そうしたらたちまち
挿入したままのペニスが回復してきて

そして僕は母の泣き顔を見ながら
二回目のピストンをして
またすぐにフィニッシュ!

最高の母子相姦SEXでした

その日からは、僕と母は
ほとんど毎日Hするようになり

いまのところ、
僕は夜遊びしたいとは思わなくなった

母子相姦するようになり
満たされた日々を過ごし
母親にも優しく接する事が出来るようになった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。