マッサージのオバハーンが、極上のフェラと手コキでごっくんしてくれた

出張が多いサラリーマンの楽しみと言えば
ビジホでのひととき

俺はさっそくマッサージを頼んだ

つってもエロい性感マッサージじゃなく
普通のマッサージね

それできたのは、40歳ぐらいのぽっちゃりなオバハーン

相手は中年熟女のオバハーンだし、
最初は変なことも考えずにうつぶせでされてたんだけど
仰向けになった時、浴衣の足の部分がはだけて
ガラパンがおっぴろげ状態に

で、一様元に戻したんだけど
そこからはエロエロモードになってしまった

だんだんチンコが勃起して
浴衣越しにもわかる状態に。

「あ、もういいです」

「遠慮しないでゆっくりしてて(気づいてないようす)」

「いや、マジでもう大丈夫なんで」

って起き上がろうとしたとき、
不自然な浴衣のふくらみが出来て気づかれた。

「あれ?元気になっちゃった?」

「いや、あの、ちょっと、はい」

「 手でも良かったらどう?」

サービスで。

「マジですか?」

と同時に中年おばさんのチンコを触って手コキの
Hなサービスがスタート!

ゆっくりと撫で回し、
パンツも下ろしてきた。

俺はされるがままにチンポをさらけ出して
ノンアダルトなマッサージのおばさんに手コキされた。

そのうちおばさんがしゃぶってフェラチオしてくれた

気持ちいい、と思いながら
熟女なオバハーンのおっぱいを逆にマッサージ

「あの、本番はいいからオレもにあそこなめさせてほしいんだけど。」

「え!だめ、若い人に見られるの恥ずかしい」

「お願いします」

と下半身を半ば強引に脱がした。

おばさんのおまんこはぬれてて
ビラビラも先の方が黒かった。

ニオイをかいだら独特の臭さがム~ンとしてきて
マンコにむしゃぶりついた。

おばさんも感じながらもフェラしてくれて
とうとうイきそうになって

「もういきそう。」

「このまま出していいよ」

といわれた瞬間ドピュと口内射精

おばはーんは、ザーメンをごっくんしてくれた

正直あまり美熟女とは程遠いオバハーンだったが、
あのフェラチと手コキの生サービスは極上だった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。