女装散歩してたらナンパされて、ペニクリをシコシコして野外射精しちゃいました

私は女装男子でして
よく女装して外に出かけるんです

その夜、エッチな気分になり
アナニーしたいのを我慢して
ウイッグをかぶり
化粧をしてお気に入りの黒のワンピで
ネオン街を女装散歩したんです

その街はラブホテルが
たくさんある歓楽街。

車道からホテル街に
降りる狭い階段があるのですが
その階段を降りる時に
下から男性がストーカーのように
ついてくるんです

そのとき風が吹き
ふわりとワンピのスカートが舞い上がって
私の白いパンティーが
露わになってしまいました。

恥ずかしそうにしていると
その男性が

「何してるの?」

とナンパしてきたんです
少しお話をしました。

その男性はゲイではなく
ノーマルとの事だったのですが

「エロいね
シコってるところ見せてよ」

と女装男子だとバレていたんです

深夜で人通りは
とても少ない階段だったので

「はい」

と答え、スカートをまくりあげて
白のパンティーの横から
ペニクリを出し野外オナニーを
見てもらいました

「おちんちん大きいね」

「うん」

「露出が好きなの?」

「好きです」

「男が好きなの?」

「はい」

「男とHしたことある?
どんなだった?」

「気持ちよかった」

「ペニクリがHな汁で
ヌレヌレだねえ」

などと質問に答えながら
ペニクリを激しくシコシコシコシコし、
だんだんと気持ちよくなってゆきました

途中で人が通ったりして
その場を取り繕ったりして
すごく恥ずかしかったのです。

見られた興奮で
ペニクリはビンビンになり

もっと気持ちよくなりたくなり
私が持っていた太い
アナルスティックを取り出して

それを使って私の
アナルマンコを突いてもらいました

アナルスティックは
先からだんだんとコブが
太くなっていくタイプです

最後は立ちバックスタイルで

「あぁぁ!イクぅ!」

という声を抑えきれず白濁液を
私の愛液をペニクリから
タップリと出していまいました

そこでカップルが目の前から現れて

カップルはびっくししたようでしたが
私は顔を伏せ慌ててスカートを
直して通りすぎるのを待っていたら
足元にアナルスティックが

おそらくそのカップルに
私のアナルマンコをズブズブと
攻め立てていたヌレヌレの
アナルスティックを見られたで
あろうとおもったら

とっても恥ずかしい
羞恥体験でした

慌てて拾いましたが
男性は苦笑されてました

今思い出してもHな気分になれる体験で
また女装散歩したくなってきちゃいました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。