露出狂の女子校生が、近所の男の子を捕まえ、お風呂場でおまんこを見せ合いっこ【おねショタ】

私が16歳の女子校生の時のHな体験談です

私は小学校高学年ぐらいから
露出願望があり、人におっぱいやアソコを見られていると
Hな願望がありました

それで、高校生の春休みに、
ついに実際に行動にうつしてみました

私にとってはエッチな大冒険

まずミニスカートをはいて
黒タイツでノーパンで散歩しました。

歩いていると向こうから
小学生ぐらいの男の子が歩いてきました。

私は「この男の子だったらいいな」
と想い思い切って声をかけてみました。

「ひとりでなにしてるの?」

と声をかけると

「塾の帰り」

と答えました。

そして私は

「おねえちゃんとあそぼ」

というと

「いいよ」

といいました。

そして男の子といっしょに
私の家に向かいました。

そして家に入り

「この男の子に私の体をみて露出しちゃおう」

と思いました。

そしてそのショタな男の子の前におまんこが見えるようにしゃがみ

「おねえちゃんちょと着替えるからそこにいて」

といってもっと露出してる服にきがえました。

上はノーブラにちびT下は灰色のストッキングに
シロのパンティだけで男の子の前にいきました。

そうすると男の子が私に「パンツ丸見えだよ」といいました。
私はおまんこが婬汁で濡れてきてしまいました。

私は男の子に

「おんなのこのパンツ見るの初めて?」

と聞くと

「おかあさんのは見たときあるよ」

と下を向いて答えました。

私は「もっとじっくりみていいよ」
といって近くによると
ちらちらとパンティをみています

もう私はこのショタBOYに露出して
おまんこがびしょびしょ

そして男の子の前でいろいろなポーズをしました。

ショタ少年のチンチンは
ちょっと勃起しているようでした

おもいきって男の子に「一緒にお風呂にはいろうか」と聞くと

「いいけど」

とぼそっといいました

「はずかしいの?」と聞くと
「うん」と小声でうなずきました。

「大丈夫タオルまいてはいれば」といって風呂に向かいました。

「じぁおねえちゃんが最初に服ぬぐからね」

といって男の子の前で服を脱ぎはじめました。

ちびTをぬいでおっぱいが丸見えになり
男の子を見るとちらちらこっちをみています。
私はさすがにどきどきしました。

そして男の子にお尻をつきだしてパンストとパンティを脱ぎました。

「ああ・・私のあそこ丸見えだ」と熱くなってしまいました。
そして男の子に「じぁさきにはいってるね」といって
先に風呂にはいり後から男の子がはいってきました。

そして男のこはタオルであそこを隠しています。

「おねえちゃんの体洗ってくれる?」

といって男の子の前に体をちかずけました。

男の子はちゃんと腰にタオルを
まき直して私のからだを洗い始めました。
最初は背中。そしてオッパイを洗い始めて

「手で洗って」

といいおっぱいを手で洗わせました。

もう私はだんだん気持ちよくなってきてしまい四つんばいになり

「お尻のしたの方をあらって」

というと手でさわりはじめました。

「どうおんなのこの見るのはじめて?」と聞くと

「うん」といい私は「どうよくみえる?」

と言ってあそこを広げました。

「ここがおちんちんをいれるあなだよ」

といって指を入れて教えてあげました。

「おねえちゃんにおちんちん見せて」

といってタオルをとりました。

するともうびんびんに勃起

私はがまんできず

「さっき教えた穴におちんちんいれて」

といってまた四つんばいなり男の子の
ショタなおちんちんの高さにあわせて

「いいよ」

というとおちんちんがおまんこにあたってきました。

「アーん」と声がでてしまい

「もっと上・・そこ」

すんなりおちんちんが入って生挿入

「おちんちんを動かすときもちいいんだよ」と教えると動かしはじめました。

「きもちいい?」と聞くと「きもちいい・・・」と答えました。
まもなく男の子は「うっ」と言って私の中でいってしまいました。

そして私はおちんちんをきれいになめてあげました。

そして風呂からあがり服をきて
男の子に「だれにも内緒だよ」と言うと
小声で「うん・・またあそぼ」といいました。

「うんまた気持ちいい事しようね」

といって指切りをショタ少年と女子校生の時の私はHしたんです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。