台風の影響で遅延した満員電車で超美人な生足JKに痴漢した

台風の影響で朝の電車が
遅延していて
いつも異常に混雑していました

それで満員電車に乗り込むと
丁度通学途中の生足JKに囲まれていた俺w

超ミニスカートのギャルJKが
多くてすぐ裾に手が届いて
痴漢してしまった

ギャルで超ミニスカJKの
お尻をプニプニ触り痴漢していたら
超混みの電車が
次の駅に到着し扉が開く

と、ホームに背が高く
綺麗なJKが立っているのに
俺は気づいた

ちょうど俺の前に出来た空間に
その美人なJKが乗り込んで来た

彼女が乗客に押されて
乗り込むのに合わせ

俺は体を右後ろに
引きながら半回転し

向かい合わせの体勢から
美人JKの右後ろに密着!

柔らかく張りのある尻に
左手の甲を押し付け

軽く持ち上げる様な
感じでその重さを堪能し痴漢した

その間、彼女は無反応

そこで手の甲を返して
指先を軽く曲げた状態で
尻の頂点に軽くタッチ

円を描く様な感じで
何度か撫で痴漢しまくり

スカートが短いので
時々生足に触れるが

JKは少し後ろを気にする程度で
特に嫌がる素振りも無い

この時点で俺の理性は
完全に飛んでしまった

普段は慎重に痴漢をするのだが
今日はとことんやってみる気になった

左手を彼女のスカートの
端をそっと手繰り寄せ
裾から中へ侵入!

いきなり10代のスベスベの
太ももに触れてしまい

一瞬驚いたが
超美人JKの様子に変化は無い

よく見ると、耳が
少し赤くなっている様

生足から生パンへ触れると
スベスベのサテン地の
様なパンティの感触がした

我慢出来ずに手を
手刀の様な形にして
尻の中心へ押し付ける

と、キュウっとJKの尻が
固くなったがそのままの体勢で
しばらくいると力が抜けた

手刀から手のひらに返し指先で
パンティの際の部分に
指先を這わせていく

中心付近は柔らかく

軽く押すとプニプニで
温かい感触がした

やんわりと揉む様な感じで
しばらく痴漢を楽しんだ後

パンティの際の部分に
指先を掛けて横にずらし生マンに触れた

マンコはかなり濡れていた

結局、その美人JKが降りる駅に
着くまでずっと痴漢させてもらい

ノーハンド射精まではいかなかったが
興奮しまくりで
カウパー液で俺のチンポは
ヌルヌルになっていた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。