友達のお母さんと官能小説のようなエロい一夜を過ごした

高校時代に友達に家に
泊まりに行ったら、友達のお母さんと
Hしてしまったんです

友達のお母さんは三十路後半ですが
綺麗な美熟女なおばさんでした

前に友達のお母さんの
パンチラを見てから

おばさんにエロスを感じるようになり
凄く気になってしまっていた

今日も見れるかなと
期待して友達の家に行くと
友達の親はいなかった

その日友達のお父さんは
仕事の泊まりでいなくて

お母さんは仕事で遅くなっていて
僕と友達だけ

友達は11時ぐらいに寝てしまい

僕は一人になり暇だったので
友達の親の寝室に行き
友達のお母さんのパンツを見つけて
凄く興奮していた

引き出しを開けて堪能していると
友達のお母さんが帰ってきたんです

僕はあわてて引き出しを閉めて
おばさんのパンツを
元の場所に戻していると

寝室に友達のお母さんが
入ってきた!僕はものすごく焦った

友達のお母さんに

「あんた何してんの?」

と絶体絶命のハプニング

僕は言葉がつまった

「えっと」

「正直に言いなさい」

と言われたので正直に

「おばさんのパンツを見てました
ごめんなさい」

と素直に謝った

怒られると思ったのに

「私のパンツ見て興奮する?」

と聞かれたので僕は、

「はい、凄く」

と言うと
ミスカートをちょっとあげて
僕にパンツを見せて

「どう?」

と聞かれので僕は

「めっちゃエロいです!」

と答えると友達のお母さんは
僕の股間を触ってきた

触りながら

「すごーい固くなってる」

と言われて、ズボンと
パンツをおろされて、直に触れた

「私のこと想像して
一人Hしたことある?」

と聞かれた

僕は何回も想像して
オナネタにしていたので

「何回もあります」

と答えた

すると
友達のお母さんは

「じゃあ今日、本当にやってあげる」

と僕のチンポコを
口の中に入れフェラチオしてくれるんです

僕はAVでしか見たことない
エロい光景が目の前で
行われていることにびっくりした!

凄く気持ちよかった!

友達のお母さんの口の中は
温かく唾液で僕のチンポはヌルヌル

自分でやってるときよりも固く
今まで一番固くなっていた!

「フェラ気持ちいい?」

「いっちゃいそうです」

と答えると

「まだダメ」

と言われた

僕は我慢できずに

「入れさせて下さい」

と言うとフェラをやめて

「いいよ」

と言ってくれた

初めて僕のチンポが
友達のお母さんのオマンコに
入るのが凄く興奮した

僕はベッドの上に仰向け状態になり
友達のお母さんは
僕の上に乗ってくれた

「入れるよ」

と言われ、童貞を
卒業する瞬間を見ていた

本当に僕のチンポは
友達のお母さんの中に入っていき
僕は凄く興奮した

友達のお母さんは喘ぎ声を漏らした

凄くエロい声だった!

そして僕の上で喘ぎ声を出しながら
上下に動いてグラインドしてくる

「気持ちいい?」

「気持ちいいです」

と答えると微笑んで
高速騎乗位グラインドしてくる

僕のチンポは
破裂しそうなくらいに固くなっていた

友達のお母さんは
久しぶりだったのか

凄く気持ち良さそうに
エロい喘ぎ声を漏らしていた

僕は限界に近づき、

「もうちょっとでいきそうです」

と言うと

「まだいっちゃダメ」

と言われ、少しは我慢したが
僕は我慢しきれずに

「いきます」

と言ったら僕から降りて
僕の物をフェラしてくれた

僕は友達のお母さんに
口内射精してしまいました

おばさんはザーメンを全部
ごっくんと飲み込んでくれた

「僕は凄く気持ち良かったです」

と告げると、

「私も、また今度
泊まりにきたときに」

と言ってくれた

僕はそれから友達の
家に泊まりに行くときは

友達のお母さんと
官能小説のような
Hな一夜を過ごすようになりました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。