童貞×非処女な中学生カップルの生々しい初体験

遥か昔

俺が中学3年生の時の
ロリ恋バナです

1月の終わり

1つ下の結構可愛い後輩から
告白された

そのjc2年の後輩は
入学してから俺に一目惚れして

この2年間ずっと俺のことが
好きだったらしい

その証拠に彼女が入学して
間もない頃に

俺と同じ部活の男の後輩が

「○○先輩のこと好きな子がいる」

と言って彼女がいるところに
俺を呼んで彼女に挨拶をさせたからだ

でも俺はその当時は
別に好きな子もいたから
あまり気にしてなかった

だから告白された時は
正直驚いたし嬉しかった

あの時からずっと
一途に好きでいてくれてたってことにね

それでOKして付き合うことに

それで付き合ってて
後々分かったことなんだが

彼女が2年間俺のこと好きだったのは
事実だけど俺が他の子と
付き合ってるとかの噂

(彼女と付き合うまでは
全然付き合ってないんだが}

が何度か彼女の耳に入って
俺のこと諦めた時期があったらしい

諦めたと言っても
好きでなくなったわけではないらしいが

それで他の男と付き合ったりしてて
処女喪失してるって聞かされた

聞かされたってゆうか
自分の口からは言えなかったらしく
手紙にして渡われたんだけどね

そりゃもうショックだったよ

俺は彼女のこと処女と思ってたし
そんとき童貞だったから
初体験は童貞×処女が一番だ!

って当時の俺は何故か思っていた

後日会ったときに泣きながら

「まだ付き合っていてくれる?」

と聞かれたんだ

非処女という事実に
正直かなり悩んだ

今更ながら童貞の処女願望は恐ろしいねw

でも結局そんときは俺も
好きになってたし
付き合っていくことにした

しかしそれからも
非処女という事実が
頭から離れず

「俺はH経験してないけど
彼女はもう他の男に入れられたことがあるんだ」

とか考えては一人で欝になっていた

それからちょっと経って
俺の学年の卒業式も終わり

俺は後輩達より一足速く
春休みに入ったんだよ

卒業式が終わり、彼女から

「○日、○○君の家に
遊びに行ってもいいですか?」

でも○日ってのは平常日で
彼女の終業式もまだ先なのに
どうするの?って聞いたら

「さぼる」

だって

付き合い出してから
2ヶ月経ってたし、キタ!

と思ったね

普段は多くても3時間くらいしか
一緒に居られなかったし
お互いの家には一度も行ったことない

俺の親は共働きだから
平日は丸一日家にはいない

もうこの頃にはキスと
おっぱい触るのも
済ませてたわけだからこうなると
真っ先に想像したのは当然SEX

そしてついに○日

朝の9時頃に彼女が私服で俺の家へ来た

俺の部屋は割と小さい空間だし
物が結構あるので座るところと言ったら
ベッドか椅子しかないのね

俺はほとんど椅子の方には
座らないから彼女に俺の部屋まで
ついてきてもらっていつものように
俺がベッドに座ると彼女は椅子の方へ

ちょっとショボーン

それでいろいろと話を
していたわけだが

もうその日の俺は最初っから
Hする気マンマンだったから
話などどうでもよい!

話をして1時間程経過、

もう我慢できない!

俺は思いきって立ち上がり
彼女の方に体を向けた

彼女は少しハッとしたが
もう後戻りはできない

彼女の方へ詰め寄り、
なだれ込むように彼女の
閉じた太股に座り、ディープキス

椅子の後ろは壁だったので
彼女を壁に押し付けている感じだったかな

いつもはキスにも集中して
彼女の反応などを楽しんでいるんだが
今日ばかりはそうもいかない

キスをしている最中にも

ここからどうやって進めよう

とか考えてた。

それでとりあえずベッドの方へ
持っていこうと思いつき

「ここじゃキスしづらいから
ベッドに行こ」

恥ずかしそうに
下に目をそらしながら頷く彼女

抱き抱えたままベッドの方へ移動

そのままベッドへ倒れ込む二人

ベッドの上へ寝転がり
キスをし続ける

キスをしばらくした後
俺の手が胸に近づく

初めて触った日以外はいつも無言で
触りに行ってたんだが
なぜかその日は

「触るよ?」

と聞いてから触った

いつもと同じ

柔らかいBカップの美乳に触れたが
やはり興奮と緊張で集中はできない

しばらくして乳首を
軽くつまむと彼女が

「んっ!」

とエロい反応した瞬間

俺の中の理性の
一部が消し飛んだ気がした

そして

「なめていい?」

と聞くと

「ウン」

と一言

ハッキリ言ってこの時
俺は本能だけで行動していた

ただひたすら彼女の
発育途中の美乳を揉み

乳首をなめ

吸い

舌先でチロチロする度に
彼女が身をよじらせて反応し

「ん・・んんっ」

と感じている

ときどきエロい声が漏れ

「ハッ あっ!」

と声をあげる

その吐息と声で俺は益々興奮した

さて、ここから先は
俺にとってはまだ未体験ゾーン

そう思うと更に緊張してきて手が震えた

胸の上までめくりあげたシャツと
ブラを取り、ベッドの横に落とす

胸が完全に露わになり
ジーンズ姿一枚になった彼女

恥ずかしさを我慢しているのか
下唇を軽く噛み俺と目が合うと
横に目をそらした

尚も胸を触り続けるが考えていることはただひとつ

どうやってオマンコを触ろう

彼女が来ることは知っていて
やる気全開だったくせに

段取りを全く考えていなかった
自分に後悔した

とりあえず何も言わず彼女の
ズボンの中に手を忍ばせることにした

キスをしながら
左手で乳首を刺激し
右手は彼女の体を滑り

ゆっくりとヘソを通過し
下腹部あたりまで進軍した

その時である、彼女が小声で

「ダメ」

と言ったのだ。

俺はすごい焦ったよ

だって俺は彼女もセクースOKで
俺の家に来たと思ってたからね

どうしようかとすごい悩んだ

でもここまできてしまっては
もう俺の本能と暴走は止まれない

彼女の声とを振り切りさらに
手を奥に進めパンツの
中に手をやった

すると

生まれて初めて
女性の陰毛に触れた

想像していた程柔らかくはなく
かといって硬いわけでもない

マン毛の感触に
驚き少し我にかえった

しかし俺の手は止まらなかった

彼女はこれ以上先へは行かせまいと
俺の腕をつかむが

女の力では俺の手を止めることもできず

陰毛をも通り過ぎついに
俺はあの部分へと手をやった

これって・・濡れてるのか

俺は触れた瞬間そう思った

ジンワリとなま暖かい感触・
触ったとたんに彼女は

「ん・・」

とエロい声を漏らし抵抗をやめた

後で聞いた話だが
濡れてるのが恥ずかしくて
抵抗をしていたらしい

俺は少しの間触っていたが

直接生マンコを見たい
とゆう衝動に狩られ俺は
彼女のジーンズをおろした

はいていたのは
黒いスポーツタイプのパンツ

俺はそのパンツの上から
彼女のロリマンコをこすった

「ん!ん・・ん」

彼女の頬が赤くなり
息が乱れてきた

俺は我慢できずに
パンツも一気にずらした。

目の前に初めて生で見るまんこ

俺はそれを見ると
なぜか今までの興奮が冷め冷静になった

俺はまんこに
指をやりいじりだした

「んっん!」

しばらくいろいろなところを
いじっているとイボみたいのに指が当たった

瞬間

「あぁっ!」

彼女の声が部屋全体に響く

そう、俺はクリトリスを触った

彼女はここが一番気持ち良いんだと思い
ただひたすらクリのみを指でいじる

「ぁんっ!んっやっ!」

しばらくしていると彼女が

「んっ!○○君、お願い そこダメ」

と言われた

当時の俺はそれがなぜなのかは
分からなかったが言われたとおりにやめた

そしていよいよ膣に
指を入れようとしたとき

あの感情が俺を襲った

俺はSEX経験してないけど
彼女はもう他の男に
入れられたことがある非処女

この白い胸もクリトリスも
俺の知らない男に責められ
同じように喘いでいたんだろうな

などとイヤなことばかりが
頭の中を回る

俺はそれを振り切るかのように
彼女の膣に指を入れ昔の男のことなど
忘れさせてやろうと
激しく、激しくかき回した

「ちょ んっ!あぁぁっ」

彼女の喘ぎ声と愛液の
匂いだけが部屋中に響く

クチュグチュヌチョグチョ】

ただ膣内を責めて
責めて、彼女が喘いでいるのを
見てもなかなか不安はおさまらない

「やっ!ちょ 待っん!
どしたの!?あぁっ!!」

それでも俺はやめずにかき回していた

しかしその時である
俺はある異変に気が付いた。

彼女の膣をかき乱していた
中指の付け根周りに
なんと血がついていたんだ

俺は我が目を疑った

指を引き抜き見てみると
指のところどころについた真っ赤な血

彼女のまんこを見てみると
膣の入り口周辺に少し
乾いて黒くなった血の跡が

俺は爪を切っていたし
彼女の膣を切って傷つけたわけでもない

胸の鼓動が急激に加速した

俺はいじられすぎて
ぐったりしている彼女の横の
布団にバタッと倒れ

そっと彼女の顔の前に
血のついた指を差しだし見せ

「どうゆうこと?」

と聞いた。すると彼女が話し始めた

話は長かったのでまとめて説明すると
彼女は中学に入ってから

同じ学年の男3人と付き合ったことがあり
最後に付き合った男の家で
遊んでいるときに寝てしまい
目が覚めると服がはだけていて
その男がとなりに座っていて

「ヤッちゃった」

と言われて信じていたらしい

しかし実際はされてなかった

この血が何よりの証拠

俺は喜びで涙目になった

彼女は処女なのだ!

そこで彼女にトドメを刺された

すこし涙目で上目遣いで恥ずかしそうに

「初めては○○君がいい」

それを聞いた途端俺は涙がブワッと出た。

そして俺と彼女は
布団の中に入りキスをした

しばらくキスをしていると
俺のティンポは再び勃起してきたのだが
はっきり言って

今日はできなくてもそれでいいかな

と思ったりもしていた

しかしそのときである!

コツ!

何かが俺の勃起したティンポに当たった

なんとそれは彼女の手!

彼女が布団の中で手を
移動させていると偶然俺のティンポに
手が当たってしまったのだ

しかも俺は下はジャージだったから
勃起するとすぐ形に出ちゃうのね

俺と彼女はキスをしていたが
お互いハッ!となり口を動かすのを
やめしばらく時が止まり沈黙

するとまた

コツ

あろうことか彼女は
さっき当たったモノが本当に
俺のティンポだったのか確認するために
もう1度触ってきたのだ

彼女に勃起してるのがバレて
ヤケになり俺は彼女の手を引っ張り
ズボンの中に押し込んだ

そしてパンツの下を潜り
ティンポを触られた

そしたら彼女が

「どうすればいいの?」

って聞いてきたから

「こう 握って上下に」

と答えると
ぎこちない手つきでパンツの中から
俺の勃起したティンポを握り手コキしてくれた

お互い無言

ただ彼女の腕の動きで
ジャージがこすれる音だけが聞こえる

彼女がやりづらそうにしていたから
ズボンとパンツを下にずらし

俺はフェラの願望があったし
布団をめくると彼女にティンポを
見られると思うと興奮して、つい

「なめて」

と言ってしまった

拒否られるかなと思ったら

「ウン・・」

って答えが

心の中で大きくガッツポーズをした

彼女に手を離してもらい
布団をめくると布団の下に
隠れていたティンポが姿を現した

彼女は起きあがって数秒間ティンポを凝視

そして俺の股の間に入りティンポの
付け根を握り、小さな口で亀頭をくわえる

可愛すぎる!!

フェラ自体はテクもなく上手くなかったが

『彼女にフェラをされている』

と思うと異常に興奮して
3回程しゃぶられただけでイキそうになった

でも俺はここまでしたら
やはりえっちをしたいと思ったから
イクの我慢して起きあがり
彼女を押し倒しまんこに指を当てた

まんこはまだ濡れていた

彼女も俺と同じ気持ちなんだと
思い指をやさしく
動かしクリや膣を刺激する

「んんっん」

彼女の吐息と声をこらえる表情に
我慢できなくなり俺は

「挿れたい・・」とついに言った
彼女はしばらく沈黙し、

「・・ゴムは?」と聞いてきた。

前にも書いたが俺はやる気全開だったが
段取りなどを決めていなかったため
ゴムも用意しないでいた

俺は素直に

「持ってない」と答えると

「じゃあダメだよ」

と返ってきた。

も俺はここで引き下がらなかった

なぜなら初体験の初挿入は
人生の記念となると考えていたため
ゴムなどつけず必ずナマで
直接味わいたいとずっと思っていたからだ

俺は諦めきれず彼女に

「イクときは自分で
分かるしイキそうになったら抜くから」

と頼んだ

彼女はしばらく考え、そして

「ちょっとだけだよ」

と言ってくれた

それを言われた時、
俺の気持ちは 嬉しさよりもついに
ハメるとゆう緊張のほうが上回っていた

彼女の足を手で押し広げる
俺の目に飛び込むハッキリとしたまんこ・・

よく漫画などで童貞がハメる前に

『俺の童貞さようなら』

とかの思考があるが
緊張のあまりそんなこと思う暇もなく
俺はティンポを彼女の処女まんこに近づけ
ついに俺のティンポと彼女のまんこが触れた

腰を前に突くが入らずに上へ滑ったり
ゴチンとまんこのどこかに
当たったりしてなかなか入らない

入らずに焦り勢いよく突いたその時

ズプ!ヌルゥ!

とHな音をたてて入ったと思った瞬間

「んんっっ!!」

と大きな声を漏らす彼女。

俺が少し腰を動かすと
それに反応して彼女が悶え喘ぐ

「ん!、ぁっ、あっん!」

気持ち良い!

今までしてきたオナニーとは
比べられない感触が俺のティンポを襲った

俺は休むことなく更に腰をふった

「んっ!んぅ、ぁっんあっ!!」

彼女の喘ぐ姿が可愛くて
もたれこみキスをしながら腰をふる

「ん!んんっ!は!」

だんだんと射精感が身をつのり
そろそろ腰を動かす速度を
緩めようかと思ったとき

なんと彼女が足で俺の腰を引き寄せ
膣を、キュゥ〜ッと締めつけてきた

俺の射精感は
一気にMAXへと駆け昇り

ヤバい!

と思った俺は手で体を浮かし
ティンポを膣から引き抜こうとした時に
射精が始まった

俺は間一髪で膣内に出す前に抜くことができたまらず彼女の陰毛部分に射精した。

白く濁った大量の精液が
彼女の陰毛にからみつく

そして疲れて彼女の上で
汗いっぱいなっている俺に向かって

「頑張ってくれてたね
嬉しかった・・お疲れ様☆」

と声をかけてくれた

俺はその言葉で嬉しくなり
結局その日は彼女が帰るまで2回もHした

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。