【高齢者フェチ】居酒屋で知り合った未亡人な60代閉経熟女のパイパンマンコ

私は中年サラリーマンで
楽しみといったら

仕事帰りに小料理屋や
小さい居酒屋で一杯ひっかける事なんです

ある日、私は駅近くの
小料理屋で一人で一杯やっていて
夕方6時位から飲んでいたので
夜9時には完全に気持ち良くなっていた

そろそろ帰ろうかと
思っていたら
赤のジャケットの高齢熟女が
入って来ました

還暦過ぎだろうが?
60代前後で営業ウーマンって感じの
インテリ高齢熟女で

何回かお店で会って
話をした事のある程度でした

が、その日に限って
私の隣に座り

「もう帰るの?もっと飲んだら」

と誘ってきました

私も高齢者フェチでしたので

「いいですよ」

と言って飲み直し

そうは言っても
このインテリ高齢おばさんは
一滴も酒を飲めないため
車を店の近くに停めて食事だけ

やがて私は完全に酔ってしまい
いつの間にか寝てしまったよう

次に目が覚めたとき

なぜか外が明るいことに
気が付いて目を開けると

全く見覚えのない家のコタツ

まわりを見て気付きました

昨夜の高齢熟女の家でした

起きて女性に謝りましたが
笑顔で

「朝食作ってるから
もう少し待ってて」

と優しく言ってくれました

よく見ると
彼女は黒い下着が透けて見える
薄いブルーのネグリジェのまま
料理をしていた

その姿に、初めて女を意識し
私の下半身は勃起してしまう

料理が出来てコタツで
一緒に朝食を食べていると

高齢熟女は、私のパンツの中に
手を入れてきて

痴女のように
勃起した私のものを
上下に動かし手コキしてきた

食事もそこそこに
彼女の近くに移動して

彼女の手が動きやすいようにすると
今度は口の中に入れて
フェラチオしてくれる

「美味しい」

と言いながら
チンコを舐めまわす淫乱高齢者

私は我慢出来なくなり
ブルーのネグリジェを脱がしました

彼女はどちらかというと
デブでしたが

60歳とは思えないほど
白くて綺麗な身体をしていて
さらに興奮しました

黒のブラジャーを外すと
ふっくらした巨乳に
乳首が完全に勃起しています

乳首を舐めると

「あっ気持ちいい」

とHな声を出していて
感度も良く、かなりの淫乱痴女なんです

私はもっと感じさせてあげようと
上半身を攻めていきました

パンティも脱がすと
オマンコはほとんどパイパン

思いのほか綺麗な花びらが見えて
私は思わずシャブリつき
クンニしました

彼女は彼女で、洪水状態の
オマンコを私の顔にこすりつけ
マンズリするようにして
悲鳴をあげて喜んでいます。

69の態勢になって
性器を舐めあいっこもしましたが

かなりのフェラテクで
我慢出来なくなり
身体をずらして生で合体しました

彼女がくねらせるように
腰を動かしてくると
それで凄く気持ち良くなり

すぐに閉経した高齢者に
膣内射精したんです

終わった後、彼女の旦那は
5年前に亡くなり未亡人な事や

子供はみんな結婚して
今の家に一人暮らしをしている事

還暦過ぎても性欲が強くて
エッチが凄く好きな事など

色々な話を聞かせてくれました

年齢は64歳とのこと

「あなたとのエッチは気持ちよかったから
これからも時々泊まりに来て」

と別れ際に彼女が
言ってくれました

お金に余裕がありそうな感じなので
これからも淫乱高齢者と
官能的な情事が続くと思います

彼女が70代の老婆になっても
この関係が続けばと願っています

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。