【中学時代】吹奏楽部の先輩と手を繋ぎキスした甘酸っぱい恋の思い出【青春】

俺は中学生の時
吹奏楽部に入っていました

吹奏楽部って地味な印象あると思いますが
意外にも物凄くハードで
楽器を演奏するって
かなり体力を消耗するので
運動部みたいに筋トレもしていました

それで中学二年になると
男子部員はたった4名で
女子部員は20人overになり
男子部員は肩身が狭い状況でした

そして、文化祭の
2日前だったと思う

文化祭は吹奏楽部の
晴れ舞台でもあるから
その日は一日練習かと思ってたんだが
先生の都合で午前までになった

一応

「午後に残って練習したい人は
お弁当を持ってくれば残ってもいいが
帰る時に職員室にいる事務の先生に言え」

との条件付きで

中学時代はクソがつくほど
真面目だった俺は
きちんと弁当を持ってきたんだが
みんな持ってきておらず
帰宅してしまった

俺も帰ろうかと準備していたら
同じ楽器(クラリネットだった)の女先輩も
俺と同じく弁当を持ってきていて残るらしく
その先輩からのお願いで一緒に残る事に

他の楽器の人も少しは残るだろう
と思ったが全くいなかった

音楽室で、一つ年上の
JC三年の先輩と俺だけが音楽室に残った

お弁当も少し離れて一緒に食べて
その後は少し話をしながら
楽器の準備をして、練習した

練習が終わって
事務の先生に帰ることを告げようと
職員室に行ってみると誰もいない

事務の先生を探しに
あちこち校舎を先輩と探し回った

教室棟で先生を探していると
ガラガラとガレージが閉まる音がした

教室棟が閉められて
先輩と俺が閉じ込められてしまった

大声を出そうかと思ったが
先生に怒られる気がして出せなかった

先輩「どうしよ、○○君
閉じ込められちゃったね」

一応言っておくと
先輩は可愛くないがブサイクではない

少し太っていて
のほほんとしている
見た目は文化部系のJC先輩だった

先輩「そういえば○○君
スキップ出来なかったよね。練習しよっか」

なんだってこんな時に
と思いながらも先輩なので

「ええ、あ、はい」

と返事した

文化祭で楽器を吹きながら
スキップするシーンがあるんだが
俺は全くスキップが出来ない

スキップしてみた

当然出来ない

「手を繋いで一緒にしよっか」

先輩が俺の手をほぼ強引に繋ぐ

実を言うと
先輩とは手を繋いだ事はいくらかある

スキップの練習を以前した時に
繋いだのだが
まさかこんな時に手を繋がれるとは

スキップは出来なかったが
練習の後も手を離さない先輩

俺も離す事はしなかった

練習した場所は3階だったんだが
とりあえず1階に下りて

窓を開けて脱出しようと先輩と決めて
階段を下りた

手を繋いで

階段を降りようとしたら
先輩が急に俺の手を引っ張って
俺に顔を近づけてきた

咄嗟にキスをされると考えたが
俺も顔を近づけてキスをした

キスしながら抱きついて
廊下に横になって、1分ぐらいは
先輩とキスをした

これはH出来ると確信した俺は
先輩のおっぱいを触った

少し太っている先輩の胸は
Cぐらいはあった

先輩が体操服を上半身だけ脱ぎだし
生で胸をまさぐった

先輩「次は○○君の番ね」

と言って先輩が俺のズボンと
パンツを一気に脱がしてフェラし始めた

エロい音が校舎に響いていたのを
鮮明に思い出す

その間、俺は先輩の頭を
撫でていたと思うが
そこはよく思い出せない

フェラが終わると先輩の
パンティを脱がして、股を開かせた

俺「毛ぇ、深いっちゃね、先輩」

直感的にボーボーなマン毛を
汚いと思った

少し臭いもしたので
クンニはよそうとその場で決め
とりあえずクリを探してクリを弄った

時折、先輩の喘ぎ声が出ていた

そして膣の中にも指をいれて
激しく出し入れした

「あっ・やっぁあっっ!」

先輩がビクッとなった

俺はイったんだと思い
手を止めた

「イったわけじゃないんだよ」

と後で先輩が教えてくれた。

何となく罪悪感が残り
俺と先輩は服を着始めて
その後はHな事を出来る雰囲気じゃなく
何か気まずい感じになり
無言で帰宅しました

思春期の俺は先輩のオマンコ見たり
キスしたもんだから
好きになっちゃたんだけど

相手と一つ年上で
来年には卒業して
高校生になってしまう相手だと思うと
告白も出来ず何もないまま終わってしまいました

俺の青春時代の
甘酸っぱい思い出です

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。