スポーツジムのプールで痛気持ち良い水中アナルファックをするゲイカップル

昔は普通に女性の方が好きだったが
アナニーを覚えてから
チンポに恋をするようになり
生チンポでケツマンコを
掘ってほしくなり
女性よりも男性の方が好きな
ゲイよりのバイセクシャルになりました

そして俺は大学生になる
スポーツジムでバイトしています

180cm76キロで
ガタイはいい方です

この前、バイトの先輩と
仕事していて、夜遅くになりました

「ゆうた、今から一緒に泳ぐか?」

と先輩が誘ってきました

もう誰もいないジムのプールは
シーンとしていました

「いいっすよ!」

俺は5分くらい後に行くと
もう先輩は泳いでいた

なッなんと! 
先輩は全裸でチンポモロ出し

「裸で泳ぐと気持ちいいぞ! 
おまえも脱げよ」

先輩は笑いながら言いました

「じゃあ」

俺も競パンを脱ぐことにしました

俺が前を隠していると

「何恥かしがってんだー?」

先輩がプールサイドに
上がってきました

暗かったけどハッキリと
先輩のチンポが見えました

黒く日に焼けている体に
競パンの後がクッキリ

先輩のチンポはもう起ってるようで
上向きに反り返ってました

デカイ!

18cmくらいはあるかなぁ
ズル剥けで、太く立派なデカチン

「俺、ゆうたのことが
気になってたんだ」

先輩が抱きついてきました

既に俺のチンポもギンギン

先輩もガタイがよく、筋肉質です

俺も先輩のこと気になってたし

「いいっすよ、先輩」

俺からキスしました

先輩は濃厚なキスで返してきました

キスしながら
先輩の乳首を弄ってやりました

「先輩、感じてるでしょ?」

硬くなった乳首を
俺はしゃぶってやりました

「はっああ」

先輩はHな声を漏らし
感じている

先輩も俺の乳首を
舐めてきた

俺も

「うう」

何度か声が出てしましました

俺たちはプールに入り
お互いのチンポを扱きました

「お前のチンポもデカいなぁ!」

そう言って水中に潜り
俺のチンポをしゃぶり始めた

俺のチンポは先輩には負けます

15cmくらいっすから!

水中フェラチオは
すんげー気持ちよかった!

またプールサイドに上がり
今度は先輩のチンポをしゃぶってやった

黒い亀頭の先からは
ダラーっと我慢汁が出ていた

俺は構わず
舌を遣って亀頭を攻めた

「あぁあぁ」

先輩は何度も声を上げていました

「俺にもやらせろ」

今度は先輩に攻撃されました

俺のチンポを一気に根元まで咥え
上下に首を振りイラマチオフェラしてくる

口の中では舌が裏筋に絡ませ
グチュグチュと
エロい音を立ててしゃぶり続けました

俺はイキそうになるのを
必死で我慢した

今度は69で
お互いチンポを舐めた

先輩はいやらしい音を
グチョグチョ立ててしゃぶっていた

俺もしゃぶり続けたが、
あごが疲れる!

やっぱ先輩のチンポはデカい

俺はケツの方を攻めてやった

「うぅぅん」

先輩は俺のチンポを
咥えて唸っていた

俺は指に唾をつけ
ケツの穴に入れてみた

スッポリ入った!!

「ゆっ、ゆうた、やめてくれー」

先輩は叫んでいる

俺は止めるハズはなく
アナルを指でかき回してやった!

「あぁっっ」

苦しそうな声をあげているが、
感じているようだった

向きを変え、また抱き合った

お互いのチンポを擦りつけ
兜合わせで感じ合っていた

先輩が2本のチンポを握り
扱き始めた

「あう! 気持ちいい」

俺は思わず声を上げてしまった。

「どうだ、いいだろ?」

先輩は更に激しく扱いてきた

俺のチンポの先から
大量の我慢汁が出ている

先輩は手のひらで
俺の亀頭を攻めてきた

グチュグチュ

「見ろよ! 糸引いてるぞ」

「ううっ俺、出る」

俺はもう限界だった

「イク!」

俺のチンポから熱い精液が飛び出した

「あぁ はぁはぁ」

もうなんとも言えない快楽

先輩は俺の足を広げ
ケツの穴にチンポを押し付けてきた!

「さっきのお返しだー」

亀頭部分を上下に擦っている

俺はイッたばかりだが
まだビンビンに起っていた

「力を抜けよ」

先輩のチンポは
俺のケツマンコに入ろうとしていた

「先輩、無理っすよ」

と言った途端
ギュウッと熱いモノが穴の中に感じてきた

「先輩?」

初めての感触だった!

「入ってるぞ!」

更に先輩は押し込んできた

「痛い!」

俺は叫んだが
先輩はそのまま動かし始めた

「ゆうた」

先輩がキスをしてきた

俺は痛さに気が動転してしまったが
段々気持ちよくなって
癖になる痛気持ちよさ

「はぁ はぁ はぁ」

お互い汗まみれで抱き合った

「イッていいか?」

先輩の腰つきが速まっている

「もうダメだ
イキそう! ゆうた、いくぞー」

先輩はスポッとチンポを抜き
俺の顔に近づけた

「イッイク!」

叫んだ瞬間、ドピュ! 

と顔に精液が飛んできた

「あぁー」

先輩は気持ちよさそうに自分で扱いていた

ドクドクと
チンポの先から垂れてした

「先輩、よかったっすよ」

そう言って
俺たちは抱き合い続けた

その後、俺と先輩は
恋人同士になり
先輩に俺はケツマンコを掘られています

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。