女子高生をレズ調教する隣に住む変態おばさん【連続アクメ】

私は17歳の高校生です

マンションに住んでいるんですが
改修工事があり

ベランダ側の隔て板が
外されたんです

うちは共働きである日
学校から帰るといつものように家には
誰もいなくて

一人でオナニーしてました

ある時、隔て板がなくなった
ベランダから私がオナニーしているのを
誰かが覗いてるのに
気がついちゃった

隣のかっこいいお兄さんだと
勝手に勘違いして

私も段々と大胆になって
窓の鍵を開けて

全裸でオナニーをする様になりました

ソファから床へ段々と
窓の近くに近づいてた

隣のイケメンお兄さんに見られていると思うと
超興奮してしまい
オナニーしてる時間が長くなってきて

快感で
過ぎて止まらなくて

もう、エッチな事してくれるなら
誰でも良くなってきたんです

工事が終わり

覗きも終わりました

私は落胆しと
意気地なしと思いました

工事が終わってから暫くして
インターンフォンが鳴ったので
出てみたら、隣のおばさんがいた

玄関で公園北側の竹林で

私と同じぐらいの子が、
中年男に全裸で悪戯されてたとかで

公園に変質者が多いから
来おつけなさいって

知らせに来てくれたの

おばさんが帰ってから

暫くして、なんかもじもじして来て

どんなHな事されてたのか考えると

たまらなくなって
またオナニーしちゃった

どんな事されてたのか
もっと聞きたいと思い
隣のおばさんの所に行ったら

誰もいなくて、好奇心が収まらず
思わず公園へ足を運んでました

薄暗い竹林にはひと気が全くなくて
なんか変な気持ちになってきて

パンツを膝までおろして
露出狂のように
野外オナニーを始めてしまいました

オマンコが風に晒され
る感じがさらに私を刺激し

変態さんが現れるのを
期待しながら

虐められて手篭めにされて行く自分を
想像ながら野外オナニーしてました

気持ちよ過ぎて止まらなくて

イキそうになった時
木の陰に人影があるのに気がついたけど

止められず

そのままイッってしまいました

もうどうなってもよかった

隠れてる人に

「お願いします。あかねをどうにかして」

とお願いしてしまいました

すると、

「あら、いけない子ね
こんな所ではしたない
虐められたいのね
悪い子はお仕置きしないとね」

といって、隣のおばさんが現れました

私は一部始終をカメラで撮られてました

おばさんは

「あの話は嘘よ、変態って私なの
毎日、あなたの狂おしい
オナニーを見せつけられて
おかしくなっちゃった
あなたが欲しいの。ごめんね」

そうイイながら指を差し入れて来て、
それから、全裸にされて
竹林の笹の音の中で風に身体中を
舐め回されながら

身体中におばさんのキスを浴びて
レズ初体験をそこで迎えました

指で舌でイカサレ続け

永遠とも思える長い間
忘れられないアクメを何度も迎えました

だから、結婚した今もまだ
レズビアンでバイセクシャルな
おばさんに調教され続けているんです

当時は別居中で義理の息子さんも
旦那さんの所にも
引き取られて一人身でした

綺麗な方で
私に目をつけていたそうです

私は10年以上、
おばさんにレズ調教がされ続いてます

私の露出グセを知ってるのは
今もおばさんだけで

今でも竹林での全裸アクメが続いてます

おばさんは再婚する気がない様子で
私だけいればいいといいます

結婚してからはおばさんの
私への愛し方は変わってしまい

めくるめくクンニ調教から

Gスポットと
乳首責めへと変わり

クンニ中にクリを噛まれて
イキ狂うHなカラダになってます

おばさんの拳で中を隅々まで責められる快楽に
ハマってからは主人のセックスが
稚拙に思える様になりました

主人はアナルも舐めてくれませんし
クンニもわずか

レズビアンなおばさまの
愛し方には遠くおよびません

おばさまの愛部では
おかしくなりそうになるまでイケますが

主人の愛部では
まだ一度もイッた事がありません

もうすぐ、一年になるけど
単身赴任から帰ってくる前に
多分、主人とは別れると思います

あの出来事は私には
トラウマとなってます

あの時を超えるアクメを
私には与えられるのは
おばさんだけで

あの快楽は全てを
投げ捨ても守りたい

別れて全てをおばさんに委ねたい

溶ける様な愛部に
勝る愛なんて私にはなかった

声を聞くだけでカラダが
震えて溢れてしまう

肉欲に落ちた馬鹿な女だと
思われるかもしれないけど

もし、他の方が私と同じ経験をされたら
きっと同じ様になると思います

腰が抜けるような愛部に
勝る愛なんてないんです

一度あんな快感を感じたら
どんなノンケな女性だって
レズビアンの虜になってしまいます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。