小悪魔系美少女で、女子校生の妹に身体測定して、おっぱいを揉み揉みする兄【近親相姦】

女子校生の妹がいる

妹との仲は、まぁ普通だと思う

別段嫌い合っている訳でもないし
イチャイチャと恋人同士のような仲良し兄妹でもない

お互いの距離を保ちつつ、
近づき過ぎず離れ過ぎない

世間一般の普通の兄妹だと思っていた

しかし、その平凡な妹との関係がぶっ壊れた

あれは、俺たち兄妹が一つの扇風機を前に
グダグタしていた時の事

両親は俺達が物心付く頃から共働き

俺達の学費やら生活費を稼いでくれていた。

それで俺達は両親の脛を齧りまくっていたわけじゃ無い。

ちゃんと俺達は俺達で両親の留守の間、
家の中の事を2人で分担してこなしていた。

その日もその仕事が終り2人共出掛ける用事が無かったので
リビングのソファーでダラ~ンとしていた時だった。

俺は上半身裸になり、何をするわけでもなく
只テレビを見ていた

夏休みの昼間程つまらないテレビはない
再放送の古いアニメや既に亡くなっている俳優が
主演しているドラマや相も変わらず白々しいリアクションとコメントをする
テレビショッピングくらいしかやっておらず、
そんなテレビから流れてくる音声さえも暑苦しく思え、
テレビを消してソファーでごろ寝していた。

外は灼熱の太陽の日差しがガンガン照りつけ、
アスファルトの路面が焼きつき熱気が舞い上がり、
ほぼ無風で更に追い討ちをかけるが如く、
隣接するコンクリートの壁が反射板の様に照り返しが眩しく、
そして熱く、容赦なく俺達を攻撃してきていた

すると突然リビングのソファーで
寝転がりながら携帯を弄っていたJKの妹が

「暑いっ!」

と叫ぶや、着ていたTシャツの裾に手を掛けると
一気に脱ぎさろうとしていた。

その日の妹の服装はピンク系の柄
Tシャツに超ミニスカで、
さっきからソファーの上で体育座りしたり片足だけ
載せたりとしていたので薄いピンク色のパンツはチラ見えしていた

妹は中学に進学した頃から急激に大人っぽく
艶やかな身体つきになり、それでいて幼さも残る
顔立ちがなんとも男心をくすぐる小悪魔系美少女に発育していた

タレントで言うならば、山本 梓を少し幼くした様な感じだ。

兄の俺が言うのも変だが、はっきり言って超可愛い!

さぞ学校じゃモテているのだろうと、
ちょっと嫉妬していたのも事実

そんな妹がいきなり俺の目の前で服を脱ぎ始めたものだから、
俺は「マジっ!?おっ!オッパイ見れるぞっ!」と、
一瞬思ったが、次の瞬間、Tシャツの下から覗いた、
スポーツブラを見て、ちょっとがっかりした

「まあ、そりゃそうだよな」

と、思ったのも束の間、
今度はそのスポーツブラにも手を掛けたじゃないか!

「おいっ!マジかよっ!」

そう思いもしながら決して声には出さず、
平静を装って横目でチラチラと見ていた。

そんな俺の視線に気付いていたのか、
いなかったのか、何の躊躇いも無くブラをスパッと脱ぎ捨てた。

そして「はぁ~涼しくて気持ちイイ~♪」

とソファーに座ったまま両手を高々と上げ、
上半身を伸ばしながら言った。

更に

「そーだよね!昼間はお兄ちゃんと2人だけなんだもんね
暑いの我慢して服着て無くても良かったんだよねぇ」

と、俺を見つめながら微笑みながら言ってきた。

その事に俺は

「ま…まぁな、梓さえ良ければな」

そう言うのが精一杯だった…

無理も無い、目の前には妹ながら可愛いと思っている
小悪魔系美少女JKが
トップレスでおっぱいポロリしている

興奮しないわけが無い!

「だよねぇ~♪もっと早く気付けばよかった」

そう言うと、さっきまでとは少し違った

涼しくなった為か穏やかな表情でソファーに座り直し、
背もたれに身体を預ける様な格好で再び携帯を弄り始めた。

そんな姿を俺は横目で眺めていた。

そして、妹が巨乳である事に今更ながら気が付いたのであった。

俺は何気に「なぁ、梓」

「なに?」

携帯の画面から目を離さず返事をする妹に

「バストサイズいくつなんだ?かなりデカクないか?」

と尋ねてみた。

すると帰ってきた答えは「いくつだと思う?」だった…

俺は、まぁ素直に教えるわけ無いよな

適当に誤魔化すんだろうなとは思ってみたものの、
ちょっとマジで知りたかったから、

「え~クイズかよ~?
じゃあ、もうちょっと良く見せてよ?立ってさぁ~」

と言うと、

「いいよ~」

と言って素直にその場に立ち上がった。

そして両手を腰に当て両胸が良く見える様にしてくれた。

俺は思わず心の中で「お~!♪」と叫んでしまった。

俺はなんとしても、その巨乳に触れないかと思案し、
取り合えずバストサイズを言い当ててやろうと、
自分のウエストサイズと比べてみようと、
両手の掌を広げて腰に当てて小指同士をくっ付けて
親指と親指との隙間がどれくらいか見て見当を付けてみた。

「えっと、俺のウエストが88でこの位の隙間だから」

そう言いながら、妹の背中に回って、
今度は親指同士をくっ付けた掌を
JKの妹の胸の丁度真裏にあたる背中に当てて
小指の位置を確認

すると乳房の真横より少し付け根辺りに小指があった。

「この辺って事は、俺のウエストよりも大きいと見たから
90センチは超えてるな?」

と、ちょっと様子を伺うような問いかけをしてみた。

「ん~結構鋭いかもっ!
じゃあ大サービスね♪90いくつだっ!?」

と言ってきたので益々俺は真剣に考えて、
パッと見95位かなと思ったけど、

「超~大サービス!90前半」

の言葉に惑わされて、

「92センチか?」

と答えると

「あっ!惜しいっ!正解は93センチでした」

う~ん残念

と思っていると

「でもそのサイズは春の身体測定の時のサイズだから、
実際はもう少し大きくなってて94か95位かも?」

「マジ?最初俺は95かと思ったけど、
前半って言うから…って、95センチ!?かよっ!
何時の間にこんなに成長したんだっ?」

そう言いながら俺は後ろから両乳房を下の方から持ち上げるように
鷲掴みして、その巨乳の感触を味わった。

当然、梓は嫌がると思い、
そしたら直ぐに止めるつもりでいたが、以外にも

「いや~ん♪お兄ちゃんのエッチィ」

と、キャッ♪キャッ♪と、まんざらでもない様子

もう少し妹の巨乳おっぱいモミモミしながら、

「そうだ!今から身体測定しようぜ!
今現在のバストサイズ測ってやるよっ!」

そう言って、梓にメジャーを持ってこさせた。

メジャーを正確に乳首の上を通して、
締め過ぎないように、けど緩くてずり落ちない様に慎重に測定すると、

「え~っと、94.5センチ位だな」

と教えると

「でしょ~」

と得意げな笑みを浮かべた。

すかさず俺は

「乳首が立てば確実に95センチオーバーだな」

と言ってやった。

すると「もうっ!エッチなんだからっ!」

と、言葉は怒っているようだが、
実際はニヤニヤと嬉しそうな表情で
言っていたのを今でも良く覚えている。

それからウエストを測定し今度はヒップを測定しようと、
身に着けている超ミニスカートを脱がせ、
流石にパンツまではと思い俺はパンツの上から計ろうとしたら、

「ちょっと待ってお兄ちゃん。
どうせならちゃんと正確に知りたいからパンツも脱ぐね」

と言って何の躊躇も無く俺の目の前でスルッとパンツを脱ぎ捨てた。

そして、「ハイッ!」と言うと両手をピシャッと真っ直ぐ伸ばし、
俺の真正面で直立姿勢になった。俺の目の前には梓の大事な部分があった。

けど無かった…いや、ほぼ無かったと言った方が正しいかも

何が無いって、勿論、毛です。陰毛ですよ

それを見た俺は梓に

「なんだ!剃ってるのか?」

と聞いてみたら、「違うよ!生えてないのっ!」

と、プチギレ口調で答えた。

何と奇跡のナチュナルパイパンな妹

妹の陰毛は割れ目の上部にほんの少し
産毛の様な繊細な毛がチョビヒゲみたくあるだけだった。

俺は興奮して「マジでっ!?ちょ、ちょっと良く見せてくれよっ!」

と、ピシャッと閉じてる両足を無理やり広げて見ようとしたら、

「いーから、早くヒップのサイズ測ってよっ!」

と、股の間に捻じ込もうとしていた俺の手を払いのける様にして、怒鳴られてしまった…
やはり流石に全裸で大事な部分まで見られるのは恥ずかしいらしい…今はとにかくヒップサイズを測る事に集中した。
スリーサイズを測り終えてその結果を知ると、特にウエストが春よりも2センチ程、細くなった事を異常に喜んでいた。俺からしてみれば、たった2センチと思うのだが、妹…女の子からしてみれば、その2センチはとても大きいものらしい…
全裸で喜んでいる妹を目の前に俺はそのまま押し倒してしまいたい気持ちでいっぱいだったが、そんな事をして二度と口も聞いてくれなくなってしまったらと思うと、ここはジッと我慢し、なんとかして妹の身体をじっくりと観察してやろうと色々考えた。
取り合えず、もう少し身体測定をしてやろうと、「他に計る所は無いか?今のうちだぞ」と、もうこんな事、二度としないぞ、みたいな口調で言ってみたら、「じゃあ、太腿の一番太いところ計ってみて」と言われたので、両方の太腿を測り、「今度は脹脛ね」と言われれば、言われた所を計っていった。
それを妹はメモ帳に書き込んで、一人フムフムなるほどね…と、何やら納得したような独り言を言った後に「お兄ちゃん、ありがと♪」と笑顔で言ってきた。
それはもう、めちゃくちゃ可愛い笑顔でいってくるものだから、しかも全裸で…オレのムスコはギンギンになってたよ
そしたら急に妹が、「お兄ちゃんも何処か計ろうか?」と尋ねてきたから、これはチャンスと思い、「それじゃ、チンチョー計ってもらおうかなぁ」と言うと「身長?」と聞き返すので、「違う、違う…チン長だよチンチョウ…梓がそんな格好するから、オレのココがギンギンだから、どのくらいのサイズかなって思ってさぁ」と、ニヤニヤしながら言うと、「マジでぇ~」と、ちょっと疑うような口調だったので、「ほらぁ」と妹の片手を掴んで掌をオレの股間に押し当ててやると、「ホントだぁ!♪」と嬉しそうな顔をしてオレのムスコの形を探るかの様な手つきをするので、こりゃ満更でもないなと思い、「取り合えず長さからな」と言って、履いていた短パンとパンツを一気に脱ぎ去った。
するとギンギンにそそり立ったムスコを見た妹が「うっわっ!デカっ!マジ!デカイんですけど!♪」そう言いながら俺のモノを軽く握り長さや太さと硬さを調べるかの様な仕草をした。
それからメジャーを宛がい、「スゴーイ!こんな大きいの始めてみたぁ!♪何でお兄ちゃんのこんなに大きいの?」と聞いてきたが、自分のモノがそんなに大きいとは自覚がないので、返答に困った…「って言うか、こんな大きいの始めて見たって事は、これよりも小さいのは見た事あるって事だよな?」と逆に問い交わしたら、素直に「うん…そりゃアタシだって…」と、それ以上は言葉を濁して上手く逃げられてしまった。
「長さはどこから測ればいいの?」と聞くので、付け根…腹側の付け根から亀頭の先端までを測らせた。次に太さも測らせると、「こんな太いの入らないよ~」と苦笑交じりで言うので、「そうかぁ?」と、今まで付き合った女とは一応普通に挿入していたが、それは実は相手が我慢していたのではないかと、その時は思った。
ふと気が付くと、妹が再びオレのムスコを握り太さを再確認しているような感じだったので、「もうちょっと強く握って動かして…」と、とっさに手こきをして貰った。「いや~ん♪」なんて口にはしているが本心は嬉しそうで、進んで手を動かしている。すると先走り汁が溢れ出して来てしまった。
それを見つけた妹が「あっ!」と、一瞬驚いた様なそれでいて嬉しそうな表情で呟いた、次の瞬間、その汁をぺロッと舌先で舐め取ったではないか!
オレは一瞬背筋にゾワゾワと何かが走った感じで気持ち良さが脳天に突き刺さった。
次々と溢れ出る透明な汁を妹はペロペロと舐め取ると、「これ甘くて美味しいんだよね♪」と、俺の顔を下から見上げニッコリ微笑んだ。ヤバイっ!早くも入れたくなって来た俺はガッツくのを我慢して、もう少し妹の好きな様にやらせていたら、今度はしっかりと亀頭を咥え込み、口の中で先端を舌先でペロペロしてきた。そうかと思えば、今度は口を窄めて喉元まで咥えたかと思うと口先まで吐き出しと、ゆっくりだが確実に急所をせめるオシャブリは、オレの性欲をドンドンと沸き立たせて、下手をすればそのまま妹の口の中で果ててしまいそうな快感だった。時折聞こえるジュポジュポと言ういやらしい音に我慢をするのが困難になりかけた俺は、リビングの長ソファーの背もたれを上手い事操作して、ソファーをベッドにした。そしてそこに仰向けに寝転がるとオレは「梓も気持ち良くしてやるよ♪」そう言って、69の体勢にさせた。
さっきは大事な所を見られるのを恥ずかしがってたが、今はなんの躊躇もせず、俺の顔を跨いで堂々と股間をさらけ出してきた。
俺の目の前にはさっきちょっとだけ見た妹の綺麗な割れ目がある。まずは両手で軽く広げ観察…そして狙いを定めて舌先を軽く触らせる。女の一番敏感な箇所…クリトリスに舌先が触れると梓はビクッと一瞬身体を震わせて腰をクネクネ動かし始めた。
暫く舐め攻めると膣口から粘液が溢れ出して来た。それを俺はジュビジュビと音を立てて吸い出すように舐め、そして飲み干した。
暫く舌で攻めていたら、いよいよ我慢出来なくなった梓が「あ~ん、もう我慢できないよ~♪」と身体の向きを変えて、俺のムスコを自ら掴み挿入していった。
「あっ!おっきい~♪太~い♪壊れちゃうよ~♪」ゆっくりと腰を下ろし俺の肉棒をしっかりと咥え込んでいく…奥まで入りきったかと思うと「はぁ~ん♪」と大きく一息吐くと、そのまま俺に上半身を倒れ込んで来た。そして、「お兄ちゃんの、大きくて気持ちイイよ~♪」と耳元で囁くと、唇を重ねてきた。それに俺は応えて舌を絡ませ、これ以上に無いってくらいのキスをした。どのくらいキスをしていたのか分からないが、スッと顔が離れ梓がニッコリ微笑み、だけど照れ臭そうな表情がマジで可愛く思えた瞬間だった。その時ふと、今自分達は「生」で繋がっている事に気が付き、「なぁ梓、生で入れてるけど大丈夫か?」とストレートに聞いてみた。「うん♪今日は大丈夫な日だから♪」と妙に嬉しそうに答えた。
それに疑問を持った俺は「お前いつも生でしてるのか?」と今度はちょっと強い口調で聞いてしまった。すると「何時もじゃ無いけど…時と場合によってね…私だって妊娠はしたくないからね」と苦笑交じりに答えた。とにかく今日は大丈夫と言う妹の言葉を信じて今は生でやらせてもらう事にした。そんなやり取りの後、梓が自分から腰を動かし初めた。最初はゆっくりと抜けそうなくらいまで腰を浮かすと、再びゆっくりと腰を沈め肉棒を膣奥深くまで咥え込んで行った。梓が言うほど俺のムスコは大きいのか分からないが、梓の膣内はさほど締め付けが強いわけでもなく、だからと言って緩いわけでもない。むしろ丁度良い感じと言っていいのだろうか?生挿入にも関わらず、直ぐに射精感が込み上げるわけでもなく、かと言って気持ち良くない訳でもない。ホント絶妙な擦り具合なのだ。
それは梓も感じている様で、腰の動きが徐々に早くなり、それに合わせて俺自身も腰を動かし、快楽を共に味わった。すると何時の間にか主導権は俺にあり、腰を動かしつつ両手で巨乳を鷲掴みし、たまに乳首を刺激し、ついに梓はイッてしまい俺に倒れ込んで来た。
暫く抱き梓の呼吸の乱れが整え終わるのを待って、今度は対面座位で再び攻めて行った。一度イッた梓は敏感に反応し、直ぐに二度目もイッてしまった。今度は後ろに倒れこみ、正上位の形になったので、すかさず俺は腰を振りまくって、三度目もイカせた。
はぁはぁと荒い息で「お兄ちゃ…ん、スゴ…イ…♪何でこんなに気持ちイイのかな?こんなに大きいのじゃ痛いだけかと思ったのに…やっぱ兄妹だからなのかな?ウフ♪」と言ってきた。それに俺は「そーだな、兄妹だから相性がいいのかもな」とだけ答えた。そんな事を言うぐらい俺はまだ余裕があったから、今度はバックの体勢にして後ろから突いてやった。すると「キャッ!」と悲鳴を上げたかと思ったら「アッ!アッ!スゴッ!イッ!あたっ!るっ!奥に!当た…るよっ!気持ちイイよ~♪またイッちゃう~♪」と今まで以上に感じている様だった。そんな梓に共鳴するかのように俺もかなり気持ち良く、やはりバックはどの女にも共通して射精感が強く増す程、気持ちが良い様だ。しかも今は「生」薄っぺらいゴム一枚でも、あると無いとでは大違いに思えた。俺はこのまま中で果てたいと思ってしまった。だがやはりそれはヤバイよな…と思ってはみたものの、妹…梓さえ良ければと勝手な判断をし、げとストレートに中出ししたいなんて言ってもきっと素直にOK!してくれる筈も無いだろうから、俺は中で出しても仕方ない状態にもっていって、そこで梓が嫌がれば諦めるし、満更でもない様子だったら一か八かの勝負へ出てみようと一人結論を出し、行動に移した。
それは背面騎上位の体勢になり、梓自身に腰振りをやらせ、俺が我慢出来ないと主張しても尚、腰を振り続けたなら俺は中出ししようと決めた。
そして、背面騎上位の体勢になり、最初は俺が腰を動かし梓を気持ち良くさせていたが、暫くして動きを止めると、「あ~ん、もっと動いてぇ~♪」と懇願してきたので、「ちょっと休憩な~」と意地悪そうに言うと、「じゃあいいよ自分で動くから」と、ちょっと拗ねた様な言い方で梓自身が動き出し快楽を求め出した。その動きは段々激しくなり、マジで我慢出来なくなってきたので、「ちょっ…ちょい待ち!マジ!やばいって!出ちまうよっ!」と梓に言ったのだが、「あんっ ♪あんっ♪」と喘ぎまくって俺の声が聞こえてないのかと思ったら、「いいよ♪出しちゃっても♪」と言ってきた。そこで俺は『ヨッシャッー!』と心の中で叫んだ。そして「な、なに言ってんだよ!中で出しちまっていいのかよ?」と、確認するように、あたかも冷静さを装って梓に尋ねると「うん♪いいよ♪あんっ♪ 気持ちイイ~♪」と腰の動きを止めずに喘ぎながら答えた。
「マジでぇー!それならっ!」と、俺は梓の腰を両手で掴み梓を上下に動かし自らの腰も上下させ、射精感を高めていった。すると梓も我慢しきれずに今まで以上に喘ぎ声を上げ、快楽を喜んでいた。そして、いよいよ我慢の限界がきた俺は梓の膣奥深く目掛け一気に精液を放出した。ドクドクと聞こえてきそうなくらい溜まっていた精子を最後の一滴まで搾り出すかのように梓の膣内に出し切った。
梓も何度目かの絶頂を向かえ、グッタリと俺に寄りかかる様に仰向けに2人して性器を繋いだまま重なった。
エアコンの壊れたリビングのソファーの上で汗だくになって2人共その体勢で暫く呼吸を整えると、梓が「最高~♪マジ気持良かったよ~♪しかも中出しだし♪癖になりそう♪」と嬉しそうに言ってきた。そこで俺もよくよく考えたら中出しは初めてだった事に気が付き、「俺も最高だったよ~なんせ初中出しだったしぃ~しかも相手が実の妹ときたぜ♪」と言うと、「そっかぁ~そうだよねぇ~私も初中出し?中出され?だもんねぇ~私達って変態兄妹?」「だな!」そう言って、どちらかともなくクスクスと笑い出していた。
そして後処理をしなきゃなと思って、この体勢からどうやって処理しようか、ちょっと悩んだ…そのまま抜けば確実にソファーに俺の白濁液をぶちまける事になる…だったらそうなる前にティッシュを敷いておけばと思いティッシュの箱を探すと、とてもこの体勢のまま届く位置には無かった…
そこで俺達は思い切ってこのまま繋がったままの状態で浴室まで行くことにした。幸いにも?俺のムスコは未だギンギン状態で、しっかりと梓の膣口を塞いでいるので、せーので起き上がり、梓の腰をしっかり掴み息子が抜けないように、右、左と歩くのだが、歩く度に肉棒が梓の膣奥に刺さり「あんっ♪あんっ♪」と喘ぎ声を出してしまうのが、ウケタ♪
そして無事?浴室に辿り着き、ゆっくりとムスコを抜くとベチャっと音がした様に思えたが実際はそんなでも無かったのかと今は思うが…梓の膣内に溜まっていた俺の精液が零れ落ちた。それを見た梓が「凄い!こんなに出たの!?って言うか、まだビンビンじゃん!♪」と、ニヤニヤしながら言ってきた。取り合えずシャワーで汗と液を洗い流した。お互いの身体をボディーソープで洗い流すと、俺はもう一度したくなったので頼んでみた。
「なぁ、あず…もう一回してもいいか?」と後ろから豊満なオッパイをモミモミしながら聞くと、「嫌って言っても、するんでしょ?♪」と、痛いところをつかれてしまった…
「いいよ♪しよ!一度やったら何度やっても同じだし♪」「だな!♪」そう言って、俺達は再び交わり始めた。今度は遠慮無しに中出しするつもりで、じっくり梓の膣内を味わった。

それから毎日エアコンが直っても夏休み中、両親が留守中には家中どこでも裸でうろつきやりまった。
そして今でも梓とは関係が続いている。お互い恋人も作らず…って言うか、近親相姦の快感を味わってしまったら、それ以上の興奮を満たしてくれそうな相手が見つからないのである。これからもきっと俺達は飽きる事無く兄妹相姦を続けるだろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。