小学生の息子のオチンチンを舐めてザーメンを飲みたいお母さん

きっかけは覚えてないんですが
昔から私は近親相姦に
興味があったんです

近親相姦ものの官能小説などを
愛読してオナニーしていました

そして、いつか私も子供出産したら
自分の息子と近親相姦したいと思っていたんです

そして私は結婚をし
子供を産みました

待望の男の子!

息子が物心ついた頃から
私は息子を玩具にしていました

一緒にお風呂に入っている時には
二人で湯舟に浸かりながら

私は息子の小さな
ショタオチンチンを弄っていました

息子にも私のおっぱいを
好きなだけ触らせながら
揉み方を教えます

小さな手で一所懸命に
私のおっぱいを揉む息子が
可愛くて仕方がありません

息子のオチンチンも
小さいながらもコリコリと固くなり
勃起するんです

まだ包茎の可愛いショタオチンチン

ゆっくりと指で皮を剥いてあげると
可愛らしい赤チンコが顔を出します

「揉むだけじゃなくて吸ってごらん」

息子が頷いて
胸を揉みながら私の乳首を吸いました

まだ息子が赤ちゃんの
頃を思い出します

この頃にはもう、私は夫と離婚し
息子と二人で狭いアパートで
暮らしていました

お風呂から上がると

時々、裸のまま布団の上で
じゃれあったり

疲れるとそのまま布団の中に

私が息子のオチンチンに手をやると
息子も私の胸に手を伸ばしてきます

胸には手を伸ばす息子でしたが
なかなかオマンコの方へは手を伸ばしません

どうやら私の陰毛の
感触が嫌らしいのです

翌日の入浴時

私は息子の目の前で
自分の陰毛を剃りパイパンにしました

その日から、息子も積極的に
私のツルツルになった
パイパンのオマンコを触るようになりました

息子が小学4年生の頃には
一人前に勃起して
射精までするようになっていました

私は息子のザーメンを口でうけ
お掃除フェラで
綺麗にしてあげます

舌でザーメンを掬い取り
オチンチンを口にくわえ
残りのザーメンを搾り出すように
尿道責めしてあげるんです

息子のザーメンを飲むと
私自信も凄く興奮して
毎回ザーメンを飲みたくなってしまうんです

こんな背徳的な
性生活を続けているせいか
息子は他のお子さんよりも早く
陰毛が生えてきたのです

私は、お母さんも
剃っているのだからと
小学生の息子にも
チン毛を剃るように命じました

子供に剃刀は危ないので
私が息子のチン毛を剃ってあげます

私が剃毛していると
息子のオチンチンがムクムクと
顔を持ち上げてきました

私はそのオチンチンを舌で
ペロペロと舐めてあげながら
陰毛を綺麗に剃っていきます

息子とのキスは
幼い頃からチュッチュチュッチュとしていましたが

舌を入れるようになったのは
息子の陰毛を剃毛した頃だったと思います

息子が小学6年生の頃には
発育がよかったのか

私が毎日弄ってあげてたのがよかったのか

息子のオチンチンは大人の物と
変わらないくらいに
大きなオチンチンに成長し
そろそろ本格的に
息子のオチンチンを私のオマンコに
挿れてあげようと思います

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。