【射精障害】オナニーばっかりしていた童貞がソープランドに行ったが射精出来ないwww

今まで一度も女にモテた事もなく
生粋の童貞だった俺

女運がとことんなく
このままじゃ死ぬまで結婚どころか
彼女も出来なくて
SEX知らずの人生だ

と絶望しながらも
風俗は性病になったら・・

と思うと足を踏み出せない
俺にとっては禁断の領域だった

でも、ある日
俺は悟った

どうせ死んだような人生なら
性病がなんだっていうんだ!

それに風俗に行ったからといって
性病になるとは限らない

そう思い、ついに俺は
風俗デビューした

先に値段だけ書くと
総額5万ほど吹っとんだ

どうせ風俗行くなら
中途半端に抜きサービスではなく
最後まで経験してやろうと思った

というわけで、狙いはソープ

一日かけて情報を収集し
風俗街に向かった

ちなみにソープにも
タイムセールがあるらしく
午前中などは安くなる

少しでも出費は抑えたかったので
早朝から風俗街に到着

驚いたのは
朝から客引きが行われていること

店開けてるぐらいなんだから
けっこう客いるんだなーって思った

で、店を2件まで絞っており
現地に着いて決めようとしてた

その片方の姉妹店の前を通った時
声をかけられたんだが
ここで俺は思ったんだ

「この店で、狙いの店の
情報も集めておけば
移動時間短縮できていいんじゃね?」

思い返せば
これが第一の失敗だった

「すいません
ここって○○って店の姉妹店ですよね?
そっちのお店の女の子の写真も
ここで見れますか?」

客引きが

「ああ、見れるよ見れるよ
ささ、中入ってー」

店の中で見せられた写真は
この店の女性の写真だけ

とても帰れる雰囲気じゃなかったので
覚悟を決めて選ぶことに

とは言え、狙っていた店の姉妹店

出てきた写真はそれなりに
レベルが高かったように思える

さて、出発前の下調べで

「初めて風俗に行く時は
その旨を嬢に伝えろ」

という情報を得ていたんだが

ここで俺は何を焦ったか
受付の兄さんに

「すいません
童貞なんですがどの女の子がいいですか?」

と聞いてしまった

だがそこは接客のプロ、

「この人と
この人辺りは年上で
リードしてくれていいよー」

と、なんとも親切な
ご解答をいただけた

で、片方が美人系ソープ嬢で
好みだったので

そっちを選択

どきどきしながら待つことに

この時どきどきしてた理由は
大半が

クリーチャーみたいな
地雷ドブス風俗嬢が
出てきたらどうしよう

だった

時間が来てボーイに案内され
エレベーターで嬢の待つ階へあがる

ドアが開いた場所にいたのは

写真とは違うものの
それなりに美人な泡姫

ここで安堵してたら
いきなりのハグ

緊張しながら抱き返す俺
たぶんカチコチの動きで、相当きもかった

で、中に入って
今度こそ嬢に事情を話す

風俗店が初めてであること
童貞であること

どういう反応が返ってくるか
不安だったが、意外な返答が

「これだけはやりたくない
ってことはある?」

自分みたいな
客はそれなりにいるらしく

中には

「ファーストキスだけは
恋人にとっておきたい」

って客もいるらしい

実はファーストキスだけは
小2の時にクラスの男子に
奪われた苦い過去があるので
心置きなく、全部やりたい
と答えておいた

そしたらいきなりキスされた

初めての女の子のキスは

あれ、思ったより何も興奮しねぇ

唇を合わせて、
舌を入れて

確かに、やり方がよくわからない+
緊張してたってのはあるだろうけど

なんか行為の前の
作業って感じだった

キスは挨拶代わりって言ってる人の
気持ちが、ちょっと分かった

そして服を全部脱がされた
この時すでに戦闘状態

嬢も服を脱ぎ、二人でお風呂へ

全身を素手で、なでるように洗ってもらうのだが

これがかなり気持ちいい
息子に触れられた時
これだけで射精寸前

体を流し湯船に二人してつかり
歯を磨かれ
イソジンでうがいをさせられた

まあ湯船の中でも
触れ合いはあったのだが
そこは割愛

湯船から上がり、体をふき
そしてベッドへ

これから起こることへの期待で
過去最大級に勃起してたと思う

ベッドの上で
ここにきて初めてオマンコを触る

見た目は、無修正のエロ動画像で
予習してきたので驚かなかったのだが

思っていたより
膣って狭いんだなーってのが感想

感触はこれも正直
自分の口の中でも
触ってる方が気持ちいいと思う

そして、ゴムを
装備させられ、いざ挿入へ

スペック忘れてた
23歳の男
顔は普通だと思う

160cm・55kgぐらいの、ちょい太めの体系

現在は理系の大学院に通っており

家族以外の女性とは、月1回話す程度

2chでよく、オナニーばかりしてると
本番でいけなって
射精障害になると聞いていたが

笑い話やネタだと思っていた
この瞬間まで
たぶん、嬢の動きが
大人しいからいけないんだ
と思った俺は

嬢に

「自分で動いてみたい」

と言って、正常位に変更することに
正常位になって気付いたのが

腰を振るのって想像以上にしんどい
AV男優を見直した

で、そのまま時間間際まで
腰を振り続ける

最後の方では息が上がり
汗が滴り落ちていた

しかし、ここで無情のタイムアップ

最後に風呂で汗を流し
俺の初めての60分は終わりを迎えた

嬢は

「緊張してていけなかったのかなー
ごめんねー」っ

て言ってくれたが
どう考えても、こっちが悪い

金を払ったのにいけなかったことに消沈し

俺は風俗街近くの公園で
一人しょんぼりベンチに座っていた

で、ここで思ったんだ

「もしかして
嬢が下手糞だったんじゃね?」

次の瞬間、近所の自動販売機で
リアルゴールドを買い、一気飲みした

書き忘れていたが
この店は60分18000円

実はお店を2件に絞っていたんだ
片方(と、最初に行った店)は、どちらかというとお姉さま系の集う店
もう片方は、どちらかというと妹系の集う店
俺は、近所のセブンイレブンで3万おろして、その店に向かった

最初の店での失敗に意気消沈し、萎えてる息子に多少の不安要素はあったものの
まだ見ぬ可愛い子を求め、2件目に入店
俺「すいません、一番テクのある人って、どの嬢ですか?」
受付「え」
俺「射精させることに自信のある人です」
受付「えーと、わかりませんが、この嬢辺りは当店でも人気が高く・・・」
すでに童貞を捨て、ソープも経験済みの俺は無敵だった

受付にそんな質問を投げかけたものの、自宅での下調べで嬢のアタリは付けている
受付がオススメしてきた嬢が、脳内候補の嬢と同じだったため、迷わずその嬢を選択した
60分が短かった、という原因は、俺も一人反省会in公園で思い当たったので
今度は75分にすることに、お値段29000円である

もはや俺に怖いものなどない、待合室に入っても、ぴくりともしない息子だけが不安だった
受付に出されたオレンジジュースを飲み干し、いざ御対面
そこに待っていたのは・・・相変わらず、写真とは違うものの
「あれ、むしろこの嬢、写真修正しない方が可愛いんじゃね?」
ってレベルの女の子
プロフィールの19歳はさすがに嘘だと思うが、20前半と言われても信じれる容姿

そしてベッドに座ってお喋り
・・・なのだが、一件目の嬢に比べ、向こうからのアクションが凄まじく少ない
そこで俺は思い出した、「そういやこの店、初々しさ+嬢に命令できることが売りだった」と
お喋りの後のシャワーも、俺から浴びようと言ったほどだ

一件目ですっかり玄人になったつもりでいて
初風俗の鉄則、最初に素人宣言を行う、というプロセスをすっ飛ばしてしまった
しかし、いまさら宣言するのも俺のプライドが許さない
「手綺麗だねーwww」などの、咄嗟のナイストークで誤魔化しながら、シャワーを浴び終えた

で、この店でも歯を磨いてもらったのだが
ここで俺は、一つ思いついた
最近ネット上で、歯磨きされてる女の子に萌える、という性癖があるのはご存知だろうか?
これはチャンスと思い、嬢に聞いてみた
俺「あの、俺も歯磨きしていい?」
嬢「あれ、自分で再度なされるんですか?」
俺「いや、君に」
嬢「え」

ちなみに息子は、シャワーを浴びる前辺りから戦闘状態である、頼れるやつで助かった

そして俺による嬢に対する歯磨き開始
・・・うーん、いまいち萌えない
やっぱ二次元は二次元なんだなーって痛感した

そしてバスタブへ・・・
バスタブの端と端に座り、お互い無言で見詰め合う二人
見詰め合うと言っても、俺は目線を合わせれずキョロキョロしていた
言うまでもないが、決していいムードになっているのではない
俺は嬢に何を命令していいかわからなくて、
そして嬢は何も命令がないので待機しているだけである

何かしなくては・・・と思った俺は、嬢の胸に注目した
一件目の嬢はお姉さま系なのにBであるため、あまり気にしていなかったが
二件目のこの嬢は、妹系にしてD、明らかに大きいとわかる
正面から触ってみたが触り辛かったため、嬢に反対を向いてもらい
後ろから抱える形で触ることに、いわゆる手ブラである

これはけっこう気持ちよかった、というか落ち着いた
できることなら、このままアベンジャーズでも見たいところだが
75分しかないので、そんな暇は無い
次に、左手は胸に沿えたまま、右手をマ○コに持っていった
ちなみに、Dカップは意外と柔らかくなかった
二の腕ぐらいの柔らかさ、という表現は、的を得ていると思う

ここで問題が生じる、手が届かないのである
実際に人を抱えてみればわかるが
足の間に座っている人の、股間の位置というのは意外に遠い
頑張って体を曲げて触ってみたが、窮屈でよくわからなかった

バスタブからあがり、タオルを巻き、ベッドでトーク
なぜかマイケル・ジャクソンの話をしていたが
俺から命令しないと、このままエロ無しで終わってしまうのである
「マイケル知らないなら、Black or WhiteのPVでも見るといいよー」とか言ってる場合ではない

話の節目を探し、意を決して俺は言った
「ごめん、ちょっと息子をしずめてくれる?」
我ながらきもいと思う
腰のタオルを脱ぎさり、フェラタイム
そういや、一件目でも舌で舐められるのはあったけど、くわえられたのは初めてだ
フェラは意外に気持ちよかった、というより背徳感がすごかった

ちなみに先ほどの、後ろからマ○コ触ったときは、指入れようとしてた
でも実際、クリもかなり触りづらかった気がする

で、フェラされて数分が経過したのだが、気持ちよさと裏腹に
俺の中で「暇だなー」って感情が芽生え始めていた
気持ちよくても、トークもできないため暇なのである

というわけで童貞の夢を、さらにもう一個かなえることに
俺「えーと、上に乗って・・・いわゆる69の姿勢になってもらってもいい?」
二件目は全体的にはリラックスできたのだが、命令する時だけはいつもドキドキだった
ベッドの上で69の姿勢になり、目の前にマ○コが
たまに聞くような、激臭がするものでなかった

で、俺は69の姿勢というのは、こちらの好き放題に触れる姿勢だと思っていたのだが
体勢が悪いのか、腕を動かすのがかなりしんどい
ちなみに、寝転がった俺の両肩の横に嬢が膝を付くような体勢である
ただ、一件目の嬢に比べて、柔らかいなーって思った
好き放題いじり、ここはかなり堪能できたと思う
好き放題とはいえ、嬢の体には気を使う、事前学習が活きた例である

そのまま時間が経過したのだが、いかんせん、相変わらずいけない
これは、マ○コをいじることに夢中になりすぎて
自分が射精することに意識が回っていなかったせいだと思われる
ふと思い直し、いったん69を解除して、再びベッド上で見詰め合う
バスタブでも起こった構図である

ベッド上に初期オプションで備え付けてあるローターを見て
「ローターを初めて発明したやつってアホだよなーw」みたいな話でお茶を濁していたが
意を決して「そろそろ入れていい?」と言い、本日二度目の本番
今度は学習して、初めから正常位でスタートした
69の時にいじっていたせいか、一件目の嬢に比べ
柔らかくて気持ちいいな、と思った

そして必死の腰振り、なんとか自分の気持ちいい姿勢、腰の振り方、
角度、速度を模索しながらの戦いである
・・・しかしいけない、どうあがいてもフェラ以上の気持ちよさは得られず
汗が滴り落ち始めたころにギブアップ
時間も近づいてきていたため、再度嬢に69を依頼した
今思えば、フェラだけに集中するべきだったと思う

もはや書くまでもないと思うが、ここで無念のタイムアップ
おそらくソープというのは、時間が来る前に終了し
シャワーを浴び、帰り支度を整えるものだと思うのだが
この嬢は、時間が来るまでフェラしてくれた、申し訳なかった
ちなみに俺は、相変わらずマ○コをいじるのに夢中になっていた

これにて、俺の初風俗・
初ソープ童貞卒業の話は終了である
47000円使って一回もいけなかったが

それなりに楽しくはあり
勉強になった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。